有馬秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

有馬 秀雄(ありま ひでお、1869年5月4日(明治2年3月23日[1])- 1954年昭和29年)12月10日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員東京府南葛飾郡寺島町長

経歴[編集]

筑後国三潴郡久留米城下(現:福岡県久留米市)で、久留米藩重臣・有馬重固の長男として生まれ、同藩重臣・有馬孝三郎の養嗣子となる[3]1889年久留米尋常中学校を卒業し[3]1892年帝国大学農科大学実科を卒業[4][注 1]

その後、旧藩主・有馬伯爵家の家令となり、同家の財政の立て直しに尽力した[3]。久留米六十一銀行の頭取を務め[2]、旧久留米藩の士族授産企業・赤松社の活動にも貢献した[3]

1912年5月、第11回衆議院議員総選挙で福岡県久留米選挙区から出馬して当選[2][3]。その後、第14回第15回補欠選挙)、第16回総選挙でも当選し、衆議院議員を四期務めた[2]

その後、東京府南葛飾郡寺島町に在住[4]であったことから、東京市会議員、東京府会議員、東京都会議員、同議長、寺島町長などを務めた[2][3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』30頁では「明治25年駒場農林学校実科卒」とあるが、明治23年には帝国大学農科大学に改組されている。

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、30頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』30頁。
  3. ^ a b c d e f 『久留米人物誌』63頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、ア142頁。

参考文献[編集]

  • 篠原正一『久留米人物誌』久留米人物誌刊行委員会、1981年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。