有馬藤太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

有馬 藤太(ありま とうた、天保8年(1837年) - 大正13年(1924年))は、幕末期の薩摩藩士。東山道総督府斥候。名は純雄。

生涯[編集]

幕末[編集]

薩摩藩砲術師範有馬藤太(同名)の長男に生まれる。小野郷右衛門に飛太刀流を学び、十九歳で師範代になるほどの腕前だった。特に抜刀術を得意としたという。伊地知正治に引き立てられた。 慶応4年(1868年)1月に戊辰戦争が勃発すると、4月に東山道総督府の斥候を命じられ、香川敬三率いる一隊に従軍して宇都宮へ向かった。 途中、流山に旧幕府軍が駐屯しているという報告を聞き、不意をついて甲陽鎮撫隊新選組)の陣屋を包囲。局長近藤勇越谷まで連行することになった。 その後、結城城奪還など北関東の鎮撫にあたる。14日、一時江戸に帰還したが、板橋に拘留されている近藤の処刑には強く反対したと伝えられる。その後、前線に復帰後し、22日に壬生城の戦闘で旧幕府軍に対して獅子奮迅の活躍をするが、数箇所に銃弾を浴びる重傷を負い、横浜の病院に送られた。退院後、自分の知らないうちに近藤勇が4月25日に斬首されたことを知って、大いにその不当を香川らになじったという。

明治維新後[編集]

弾正台司法省官吏を務めて明治政府に出仕。明治六年政変西郷隆盛が下野したときに辞職し、銀座煉瓦街で代言人の看板を立てる。ともに下野し、彦根で近代教育を志していた大東義徹私学校視察を後援するなど、県外の有志を積極的に鹿児島の人士と引き合わせた。明治10年(1877年)の西南戦争に際し、直前まで桐野利秋に私学校沸騰の統制を求めた。大阪で有志を募り、挙兵して、その功で西郷軍に加わろうとしたが、警察に仲間が摘発されて失敗し、有馬も1年ほど拘束された。 その後、民間企業に就職し、ついには満州に渡り、虎公園の管理人等をしていたという。 晩年、東京へ戻り、世田谷にて他界。享年88。『維新史の片鱗』という著書を遺している。

演じた俳優[編集]

  • 有馬純雄『維新史の片鱗』日本警察新聞社、1921年 - 国立国会図書館デジタルコレクション