有馬誉純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
有馬 誉純
Arima Shigezumi.jpg
有馬誉純像
時代 江戸時代後期
生誕 明和6年4月17日1769年5月22日
死没 天保7年10月27日1836年12月5日
改名 大之進(幼名)→誉純
戒名 無暦庵殿玄空誉純大居士
墓所 福井県坂井市丸岡町篠岡の高岳寺
東京都台東区上野の本覚院
官位 従五位下、左衛門佐
幕府 江戸幕府
越前丸岡藩
氏族 有馬氏
父母 父:有馬允純、母:美濃子(清泰院、村田氏)
養母:富子(天華院)
兄弟 誉純、政五郎
正室:喜代子(了性院、稲葉正弘の娘)
側室:村田氏、阪岡氏、糸桜氏、江間氏、
草柳氏
戸田純祐、純全、三男、四男、
国子(有馬一純正室)、娘(久貝正典正室)、
娘(小笠原長儀正室)、娘(浅野長和正室)、
娘(向井正歳室)、娘(本多副尚室)、
娘(久貝正典継室)、娘、娘、娘
養子:徳純一純
冬姫有馬徳純正室)[要出典]

有馬 誉純(ありま しげずみ)は、越前丸岡藩の第5代藩主。晴信系有馬家8代。

生涯[編集]

明和6年(1769年)4月17日、第4代藩主有馬允純の長男として生まれる。安永元年(1772年)11月22日、父の死去により家督を継いだ。天明2年7月1日、将軍徳川家治にお目見えする。天明4年(1784年)12月16日、従五位下左衛佐に叙任する。寛政3年(1791年)8月28日、奏者番に就任する。文化7年(1810年)6月28日、寺社奉行との兼任となる。文化9年4月4日、江戸城西の丸若年寄に就任する。

安永7年(1778年)、財政難打開のために年貢増徴を行ったため、一揆が起こった。このため、百姓側の要求を受け入れて年貢増徴を止めて大庄屋制度の廃止、「郷会所」設置による税制改革を行なった。また文治奨励し、文化元年(1804年)には藩校・平章館を創設し、藩士子弟の教育に努めた。また諸礼式の確立にも努め、『国乗遺聞』や『藤原有馬世譜』など藩史・地誌の編纂に力を注いでいる。

文政2年(1819年)8月6日、病気のために若年寄を辞任する。以降、帝鑑間詰めとなる。文政13年4月23日、養女で孫娘・冬姫の婿[要出典]養子の徳純に家督を譲って隠居し、天保7年(1836年)10月27日に死去した。享年68。