有馬道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有馬 道子(ありま みちこ、1941年(昭和16年)2月21日 - )は、日本言語学記号学者京都女子大学教授大阪府生まれ。旧姓・岡本。大阪市立大学文学部英文科卒、同大学院文学研究科修士課程修了。親和女子大学助教授、教授、光華女子大学(後の京都光華女子大学)教授、2001年京都女子大学文学部教授。英語学・言語学・記号論専攻。

著書[編集]

  • 『記号の呪縛 テクストの解釈と分裂病』勁草書房、1986
  • 『心のかたち・文化のかたち』勁草書房、1990
  • 『ことばと生命』勁草書房、1995
  • パースの思想 記号論と認知言語学』岩波書店、2001
  • 『もの忘れと記憶の記号論』岩波書店、2012
共編著
  • 『現代言語学の潮流』山梨正明共編著 勁草書房、2003

翻訳[編集]

  • 『言語・思考・実在 完訳 ベンジャミン・リー・ウォーフ論文選集』ジョン B.キャロル編 南雲堂、1978
  • ジュリア・ペン『言語の相対性について 解説付』大修館書店、1980
  • エリック・H.レネバーグ編『言語と人間科学』南雲堂、1985
  • ジョゼフ・ブレント『パースの生涯』新書館、2004
  • I.ムラデノフ『パースから読むメタファーと記憶』勁草書房、2012

参考[編集]

  • [ISBN 978-4-403-12017-6]
  • 『現代日本人名録』2002