有馬道純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有馬道純

有馬 道純(ありま みちずみ、天保8年9月9日1837年10月8日) - 明治36年(1903年5月24日)は、日本の華族子爵江戸時代末期の大名老中越前丸岡藩の第8代(最後)の藩主。晴信系有馬家11代。官位は従四位侍従、左兵衛佐、遠江守

生涯[編集]

播磨山崎藩本多忠鄰の三男。曽祖父の本多忠可が丸岡藩第3代藩主有馬孝純の次男だったため、第7代藩主有馬温純娘・珠姫の婿[要出典]養子となる。正室は珠姫[要出典]、継室は戸田忠温の娘。継々室も忠温の娘。子は有馬純文(長男)、有馬純祥(次男)、娘(毛利元功継室)、娘(戸沢正定正室のち久世広業継室)、硯子(相馬順胤正室)。

寺社奉行奏者番若年寄老中などを歴任し、幕閣として活躍した。1884年7月8日に子爵を叙爵した[1]

経歴[編集]

墓所は谷中霊園

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
丸岡有馬家初代
1884年 - 1903年
次代:
有馬純文