服部之総

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
服部 之総
(はっとり しそう)
服部 之総
服部 之総
人物情報
生誕 (1901-09-24) 1901年9月24日
死没 (1956-03-04) 1956年3月4日(54歳没)
学問
時代 明治時代 - 昭和時代
活動地域 島根県那賀郡旭村(現・浜田市
学派 講座派
研究分野 日本近代史マルクス主義歴史学歴史哲学・現代史)
研究機関 東洋大学中央労働学園大学法政大学
特筆すべき概念 幕末=厳マニュ説
主要な作品日本資本主義発達史講座』(1933年)
『黒船前後』(1933年)
『維新史の方法論』(1934年)
『親鸞ノート』(1948年)
テンプレートを表示

服部 之総(はっとり しそう、1901年(明治34年)9月24日 - 1956年(昭和31年)3月4日)は、日本歴史学者マルクス主義歴史学歴史哲学・現代史)。島根県那賀郡旭村(現・浜田市)出身。本名は服部之総(-これふさ)[1]

略歴[編集]

浄土宗正蓮寺に生れる。旧制浜田中学第三高等学校卒業[2]

1925年、東京帝国大学文学部社会学科卒業[3]。大学在学中に志賀義雄大宅壮一らと東大新人会で活躍。文学部社会学科時代の恩師は戸田貞三[4]1925年4月から1926年3月まで、東京大学社会学講座の副手を務めたが、戸田とそりがあわず社会学教室を離れる[4]。(のち、1950年に戸田の編集により刊行された『社会学研究の栞』に他の戸田の教え子とともに執筆している[4]。)

1927年、野坂参三の産業労働調査所所員、1928年労農党書記局長、1930年中央公論社初代出版部長を経て、1931年プロレタリア科学研究所所員となる[1]

1928年、三・一五事件の共産党弾圧の際、検挙されるが釈放され、唯物史観の立場で維新を論じた「明治維新史」を刊行[1]。7年刊行開始の「日本資本主義発達史講座」において講座派の代表的論客となる[1]。『日本資本主義発達史講座』では、明治維新研究について論文を寄せ、また日本資本主義論争においては土屋喬雄と論争を繰り広げた。服部は、「維新史方法上の諸問題」(『歴史科学』1933年4-7月号)において、明治維新時の経済は、『資本論』によるところの「厳密なる意味におけるマニュファクチュア時代」(本来的マニュファクチュア時代)であるとした(「幕末=厳マニュ説」)。これは、マニュファクチュアが経済のすべてではなく、大部分を占めていることを意味し、日本における産業革命の要求の論拠となった、とする。土屋はこれを実証性が欠けるとして批判し、「問屋制家内工業段階説」を唱えた。この論争は、戦後の大塚史学の影響を受けた研究者が服部説を批判的に継承することで一応の幕引きを見た。

1936年(昭和11年)に花王石鹸の委嘱を受け、社史を編纂。1938年唯物論研究会事件で検挙され戦時下での執筆を断念[1]。釈放後、同1938年花王石鹸に入社して上海に渡る[1]。宣伝部長を経て、17年取締役[1]

戦後、1946年、三枝博音らと鎌倉大学校(のち鎌倉アカデミアと改称)を創立、教授となると同時に学界に復帰[1]。1949年日本共産党に入党、1950年離党[1]。1951年日本近代史研究会を設立[1]

東洋大学講師、中央労働学園大学教授。(中央労働学園大学と法政大学との合併により)1952年[1]法政大学教授に就任。法政大学社会学部では「社会学理論」担当。

1955年、毎日出版文化賞を授賞(「明治の政治家たち」)[1]

晩年は神経衰弱だったという。

彼の著作は『服部之総著作集』(理論社、全7巻、1955年)、『服部之総全集』(福村出版、全24巻、1973-1976年)にまとめられている。

著書[編集]

  • 婚姻及家族の原史について クノウ(訳)弘文堂書房 1927
  • 社會階級論 1928
  • 明治維新史 附絶對主義論 上野書店 1929 のち青木文庫
  • 條約改正及び外交史 岩波書店 1932 (日本資本主義發達史講座)
  • 幕末に於ける世界情勢及び外交事情 岩波書店 1932 (日本資本主義發達史講座)
  • 近代日本外交史 白揚社 1933
  • 明治維新の革命及び反革命 岩波書店 1933 (日本資本主義發達史講座)
  • 黒船前後 大畑書店 1933 のち角川文庫、岩波文庫
  • 明治維新史研究 白揚社 1933
  • 維新史の方法論 白揚社 1934
  • 歴史論 三笠書房 1935 (唯物論全書)
  • 明治染織經濟史 織物業における産業革命 信夫清三郎共著 白揚社 1937
  • 日本マニュファクチュア史論 秋田木綿と久留米絣の生産形態 信夫清三郎共著 育生社 1937
  • 初代長瀬富郎伝 花王石鹸五十年史編纂委員会 1940
  • 佐々田懋翁傳 龜堂會傳記刊行會 1942
  • 随筆集 moods cashey 眞善美社 1947
  • ドイツ・小ブルジョア・イデオロギー 白日書院 1947
  • 天皇制絶對主義の確立 中央公論社 1948
  • 親鸞ノート 國土社 1948
  • 蓮如 第1部 新地書房 1948
  • 西陣機業における原生的産業革命の展開 高桐書院 1948
  • 絶対主義論 日曜書房 1948
  • 帝國主義日本政治史 護憲運動からファシズムへ 白日書院 1949
  • 近代日本のなりたち 日本評論社 1949 のち青木文庫
  • 明治維新における指導と同盟 日本評論社 1949
  • 東條政権の歴史的後景 白揚社 1949
  • 明治維新の話 ナウカ社 1949 のち青木文庫
  • 明治の政治家たち 原敬につらなる人々 岩波新書 1950-54
  • 明治の革命 日本評論社 1950
  • 明治維新 福村書店 1951 (中学生歴史文庫)
  • 微視の史学 服部之総随筆集 理論社 1953
  • 服部之総著作集 全7巻 理論社 1955
  • 原敬百歳 朝日新聞社 1955 (朝日文化手帖) のち中公文庫
  • 鎌倉山夜話 俳句日記 河出書房 1956

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 第三高等学校一覧 大正11年4月起大正12年3月止』 第三高等学校、1922年、316頁。 
  3. ^ 東京帝国大学要覧 従大正14年至大正15年』 東京帝国大学、1926年、(111)頁。 
  4. ^ a b c 竹内 2012, p. 191.

参考文献[編集]

関連項目[編集]