服部受弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
服部 受弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 1920年2月23日
没年月日 (1991-12-06) 1991年12月6日(71歳没)
身長
体重
170 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手投手内野手外野手
初出場 1939年
最終出場 1958年
1960年3月20日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1955 - 1956, 1958, 1977)

服部 受弘(はっとり つぐひろ、1920年1月23日 [1]- 1991年12月6日)は、愛知県出身の元プロ野球選手捕手投手内野手外野手)・コーチ監督解説者

来歴・人物[編集]

愛知県岡崎中学校(現・愛知県立岡崎高等学校)から日本大学を経て、1939年名古屋軍へ捕手として入団。1941年に8本[2]本塁打王に輝くなど強打の捕手として活躍したが、1942年から応召。兵役では桜田門から半蔵門にかけての警備を担当。戦後は一時阪急に籍を置いたが、1946年に中部日本軍へ復帰し、竹内愛一監督の勧めにより投手に転向。選手不足のため登板しない日は捕手としても出場した。手首を捻るカーブが投げられず、指先で切るカットボールを得意とし[3]、この年から5年連続10勝以上を記録。1949年は孤軍奮闘の24勝、1950年にはエース・杉下茂に次ぐ21勝の活躍を見せた。1951年には三塁手に転向し、1952年8月2日巨人戦(中日)では球団初の代打逆転満塁ホームランを別所毅彦から放つ。その後にリリーフで登板し、勝利投手になる離れ業を演じた。1953年は初めて未勝利に終わったが、1954年には6勝を挙げて球団初のリーグ制覇・日本一に貢献。1955年からはコーチを兼任し、1956年にはコーチ専任となる。1957年に現役復帰。1958年には助監督兼任となったが、チーム内の派閥抗争に嫌気がさして同年に現役を引退。

引退から2年後の1960年3月20日に引退試合が行われ、代打でライトフライに終わった。その後はフジテレビニッポン放送文化放送解説者を経て、中日の二軍監督(1977年)・スカウトを務めた。

現役時代の背番号10永久欠番で、中日で服部の他は西沢道夫だけである欠番は、両選手を辞めさせるときの「妥協点」という杉下茂の談話が中日の球団史に掲載されている[4]

1991年12月6日、心不全のため死去。71歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1939 名古屋
中部日本
中日
名古屋
中日
68 186 165 16 34 5 0 3 48 11 7 -- 1 0 20 -- 0 30 -- .206 .292 .291 .583
1940 37 89 82 5 9 0 0 0 9 4 2 -- 0 0 7 -- 0 17 -- .110 .180 .110 .290
1941 77 314 278 29 54 5 0 8 83 27 3 -- 2 -- 34 -- 0 23 -- .194 .282 .299 .581
1946 76 208 180 32 49 15 0 2 70 19 5 2 1 -- 25 -- 2 16 -- .272 .367 .389 .756
1947 48 109 105 5 18 2 0 2 26 9 5 0 2 -- 2 -- 0 10 -- .171 .187 .248 .435
1948 97 246 227 22 63 11 0 2 80 21 7 1 3 -- 14 -- 2 15 -- .278 .325 .352 .678
1949 81 167 160 21 50 7 1 6 77 25 3 1 3 -- 4 -- 0 10 -- .313 .329 .481 .811
1950 63 126 120 21 33 4 0 0 37 18 9 0 0 -- 6 -- 0 10 4 .275 .310 .308 .618
1951 89 318 287 33 78 5 0 6 101 28 10 7 4 -- 26 -- 1 23 11 .272 .334 .352 .686
1952 77 136 116 11 32 6 2 4 54 31 7 1 4 -- 15 -- 1 16 3 .276 .364 .466 .829
1953 55 61 54 4 9 0 0 0 9 4 2 0 0 -- 7 -- 0 10 1 .167 .262 .167 .429
1954 37 55 49 5 11 0 0 0 11 6 1 0 2 2 2 -- 0 7 0 .224 .255 .224 .479
1955 38 40 35 3 6 1 1 0 9 5 0 0 1 0 4 0 0 9 3 .171 .256 .257 .514
1957 10 8 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .143 .250 .143 .393
1958 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:15年 855 2065 1867 207 447 61 4 33 615 208 61 12 23 2 167 0 6 198 22 .239 .304 .329 .633
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋軍)は、1944年に産業に、1946年に中部日本に、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1946 中部日本
中日
名古屋
中日
37 14 11 0 2 14 7 -- -- .667 874 204.0 192 13 93 -- 1 76 1 0 100 85 3.75 1.40
1947 39 20 13 4 1 16 12 -- -- .571 982 247.1 185 7 69 -- 2 71 0 0 72 50 1.81 1.03
1948 44 31 23 2 3 16 19 -- -- .457 1237 302.0 279 9 76 -- 5 104 1 2 118 87 2.59 1.18
1949 44 30 24 3 8 24 10 -- -- .706 1194 290.2 289 18 61 -- 1 105 0 1 120 97 3.00 1.20
1950 41 24 17 4 4 21 7 -- -- .750 999 238.1 242 11 54 -- 1 101 3 0 90 78 2.94 1.24
1951 5 5 2 1 0 2 2 -- -- .500 156 35.2 39 1 11 -- 0 9 0 0 19 16 4.00 1.40
1952 23 22 8 1 2 13 1 -- -- .929 575 139.2 145 4 26 -- 0 37 3 1 46 40 2.57 1.22
1953 8 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 134 31.0 31 1 10 -- 1 6 0 0 19 14 4.06 1.32
1954 17 12 4 0 2 6 3 -- -- .667 346 85.2 81 4 9 -- 2 30 0 0 29 24 2.51 1.05
1955 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 10 2.0 3 0 0 0 0 1 0 0 2 1 4.50 1.50
通算:10年 259 165 102 15 22 112 65 -- -- .633 6507 1576.1 1486 68 409 0 13 540 8 4 615 492 2.81 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 中部日本は、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 10 (1939年 - 1941年、1946年 - 1958年、1977年)(永久欠番)

脚注[編集]

  1. ^ 一般社団法人日本野球機構. “服部 受弘(中日ドラゴンズ) | 個人別年度成績” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2018年8月23日閲覧。
  2. ^ 川上哲治の同年の本塁打数は4であり、戦争の影響で強く握っただけで凹んでしまうような粗悪ボールを使用していた事によるという。
  3. ^ 当時そのような呼称はなく、本人はカーブと呼んでいた。杉下茂「伝える わたしが見てきた野球80年」中日新聞社
  4. ^ 中日ドラゴンズ 『中日ドラゴンズ70年史』 中日新聞社、2006年。ISBN 4-8062-0514-1。32頁

関連項目[編集]