服部宇之吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
服部宇之吉
服部宇之吉
服部宇之吉(70歳)

服部 宇之吉(はっとり うのきち、慶応3年4月30日1867年6月2日) - 昭和14年(1939年7月11日)は、日本の中国学者。近代的な中国哲学研究の開拓者の一人。東京帝国大学教授、ハーバード大学教授、東方文化学院院長などを歴任。帝国学士院会員。福島県出身。

来歴[編集]

幼時に生母が早世、戊辰戦争での父の戦死、また右眼失明など苦労を重ねた。
この頃濱尾を媒酌人に帝大教授島田重礼の三女・繁子と結婚。
  • 1891年 - 文部省より第三高等学校教員に転ず。
  • 1894年 - 三高の一時廃止により東京に引き揚げ。東京高等師範学校教授。
  • 1897年 - 文部大臣となった濱尾の推挽により文相秘書官ついで参事官兼任。
  • 1898年 - 文部大臣秘書官を辞任し再び東京高師教授。東大文科助教授兼任。
  • 1899年 - 東大助教授専任。文部省より清国ドイツへの4年間留学を命じられる。
  • 1900年 - 清国留学中に義和団事件に遭遇。狩野直喜柴五郎ら北京在留の日本人・日本軍とともに籠城し歩哨活動を経験[1]。年末にはドイツに出発。
  • 1902年 - ドイツ留学半ばで文部省の清国出張の命により帰国。東京帝大文科教授・文学博士授与。光緒新政下の北京に赴き大学堂速成師範館(大学教育学部に相当)の総教習に任じられる。
  • 1909年 - 帰国。清国より文科進士を授与。東大に復帰。支那哲学講座主任。
  • 1915年 - ハーバード大学日本講座教授として1年間儒教に関する講義を行う。
  • 1917年6月22日 - 帝国学士院会員[2]
  • 1923年 - 関東大震災により湯島聖堂焼失。服部は「聖堂復興期成会」を組織し再建に尽力(1935年落成)。
聖堂仰高門の前に立つ「湯島聖堂」という石碑は服部の揮毫によるもの。
  • 1924年 - 義和団賠償金を基金とする「東方文化事業」の中国(北京上海)での研究所設置の下調査として訪中、各地で講演を行う。また日中共同の東方文化事業総委員会の副総裁となる。
かつて義和団事件に関わったことから服部は特にこの活動に力を注いだ。

栄典[編集]

業績[編集]

哲学科出身で西洋哲学やその方法論を学び、中国哲学や西洋論理学を講じた。一方で、研究対象は『儀礼』などの礼学が中心だった[8]。また「孔子教」という言葉を用いて儒教宗教性を論じた。

上述の湯島聖堂の復興に携わるなど、斯文会の総務理事として同会を指導し、晩年には副会長となった。

歴史上、「進士」に成った唯一の日本人である。(阿倍仲麻呂が進士に成ったかどうかは不確実である。)ただし、伝統的な科挙に合格したというわけではなく、清国が外国人への功労賞として授与していたものである。

家族[編集]

妻の服部繁子は、島田重礼の三女であり、訪中時には秋瑾西太后と交流し、中国における女学校の創設に携わった[9]

主要編著書[編集]

著書
編著書その他

脚注[編集]

  1. ^ 『北京籠城日記』
  2. ^ 『官報』第1468号、大正6年6月23日。
  3. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  4. ^ 『官報』第4081号「叙任及辞令」1897年2月12日。
  5. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。
  6. ^ 『官報』第7743号「叙任及辞令」1909年4月21日。
  7. ^ 『官報』第525号「叙任及辞令」1914年5月1日。
  8. ^ 『東洋学の系譜』p.91
  9. ^ 吉川 1976.
  10. ^ 服部宇之吉『國譯漢文大成經子史部第一卷『四書・孝經』』。

関連文献[編集]

学職
先代:
上田萬年
國學院大學学長
1929年 - 1933年
次代:
市村瓚次郎