服部秀洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
服部 秀洋
はっとり ひでひろ
生年月日 (1958-12-01) 1958年12月1日(60歳)
出生地 岐阜県下呂市湯之島
出身校 岐阜県立益田南高等学校(現・岐阜県立益田清風高等学校
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2016年4月18日 - 現職

Emblem of Gero, Gifu.svg 下呂市議会議員
当選回数 3回
在任期間 2004年4月18日 - 2016年1月30日

下呂町議会議員
当選回数 1回
在任期間 2003年10月5日 - 2004年2月29日
テンプレートを表示

服部 秀洋(はっとり ひでひろ、1958年12月1日 - )は、日本政治家岐阜県下呂市長(1期)。

来歴[編集]

岐阜県下呂市湯之島出身。1977年(昭和52年)3月、岐阜県立益田南高等学校(現・岐阜県立益田清風高等学校)卒業。1978年(昭和53年)9月、愛知学院大学商学部経営学科を中退。同年10月、尾張屋製菓に就職。1983年(昭和58年)7月、有限会社尾張屋製菓を設立し取締役に就任[1]

2003年(平成15年)10月5日、下呂町議会議員に就任。2004年(平成16年)3月1日、下呂町萩原町金山町小坂町馬瀬村の4町1村が合併し下呂市が発足。これに伴って行われた下呂市議会議員選挙に出馬し当選。

市議3期目の2016年(平成28年)1月30日に市議を辞職[1]自由民主党岐阜県支部連合会が行った下呂市長選挙の予備選挙に応募する。予備選は3月4日に投開票が行われ、服部に対する推薦が決定した[2]。4月10日、市長選執行。初代市長で元衆議院議員山田良司を破り初当選した[3]。4月18日、市長就任。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:28,185人 最終投票率:79.74%(前回比:-4.37ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
服部秀洋57無所属12,227票55.63%(推薦)自由民主党公明党
山田良司55無所属9,753票44.37%

2016年(平成28年)6月24日、5月に公務で韓国を訪問した際に朝にビールを飲んでから視察に出かけるなどしていた問題で、市議会から「市長に猛省を求め、市政の最高責任者としての責任を問う」との内容の問責決議を可決された[4]

脚注[編集]

公職
先代:
野村誠
Emblem of Gero, Gifu.svg 下呂市長
第3代:2016 -
次代:
(現職)