服飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

服飾品ふくしょくひん)とは、主として人体の上に、その保護(視覚的にも物理的にも)あるいは装飾をするために発展してきたもので、衣服装飾品の総称である。

歴史[編集]

人類が自らの身体を、過度の熱、あるいは冷気などから守るために、何らかの物を装着したという歴史は古く、はっきりとしていない。 ただ、何らかの動物の毛皮を加工して、纏っていた。(マンモスなどの大型動物) 日本でも古来より麻から作られた衣服が一般的である。

素材[編集]

生地[編集]

代表的なもの[編集]

用語[編集]

関連項目[編集]