望月あきら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
望月 あきら
本名 渋谷 正昭
生誕 (1937-04-23) 1937年4月23日(81歳)
静岡県吉原市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1957年 -
ジャンル 少年漫画少女漫画
スポーツ漫画
代表作サインはV!』(原作:神保史郎
ゆうひが丘の総理大臣
テンプレートを表示

望月 あきら(もちづき あきら、本名:渋谷 正昭、1937年4月23日[1] - )は、日本漫画家静岡県富士郡吉原町(旧:吉原市)(現・富士市)出身、神奈川県相模原市在住。漫画家の望月みさおは実兄。

経歴[編集]

中学3年生の時に父親が亡くなり、工場で働きながら漫画を描いて腕を磨く。憧れていた劇画家の佐藤まさあきに招かれ大阪へ移り、1957年に『聡明活殺剣』(日の丸文庫)で貸本漫画家デビュー[1]

日の丸文庫倒産後に一度帰郷するが、その後上京。貸本漫画を取り扱う東京漫画出版社で『花つみ日記』『母やまびこ』『姉妹すみれ』『花のかんむり』等の少女漫画を多数執筆し、少女漫画家としての地位を築いた。他には『毒牙』等の探偵漫画も発表している。

その後、「少女フレンド」、「週刊少年チャンピオン」などの少年少女向けの雑誌に進出し、『サインはV!』(原作・神保史郎、1968年連載開始)と『ゆうひが丘の総理大臣』(1977年連載開始)はテレビドラマ化され大ヒットした。

アシスタントの同時雇用人数は最大7人に達した時期もあったものの、1990年頃に最後の一人を雇用終了し、その後は望月一人だけでやりたい仕事だけを選んで描く、悠々自適の著作生活を送っている[2]

人物[編集]

  • 本名は渋谷正昭であったが、交流のあった佐藤まさあきと名前が被るためどちらかが改名しようという話になり、佐藤の姉が宗教家の幹部に相談した所、「あきら」にすると良いと勧められ、現在のペンネームに改名した。
  • 故郷の静岡県では、静岡新聞に自伝漫画『ふきだまりの詩』を連載していた。

主な作品[編集]

漫画

  • 聡明活殺剣(デビュー作品)
  • 花つみ日記
  • 母やまびこ
  • 姉妹すみれ
  • 涙の霧笛
  • 赤いスーツケース
  • 花のかんむり
  • ひまわりちゃん(小学四年生 1964年4月号-1965年3月号)
  • 毒牙
  • 幻殺人事件
  • ミスサクラ
  • すきすきビッキ先生(週刊マーガレット連載)
  • 東京っ子
  • ローティーンブルース(週刊少年チャンピオン連載)
  • ズーム・アップ(週刊少年チャンピオン連載)
  • 大が燃えた
  • コリタくん
  • ドカドカドッカン先生
  • おいら悪魔三人組
  • ジュトン(週刊少年チャンピオン連載)
  • 5時から0時まで
  • カリュウド(週刊→月刊少年チャンピオン連載、原作:日向葵)
  • サインはV!少女フレンド連載、原作:神保史郎との共著)
  • ゆうひが丘の総理大臣(週刊少年チャンピオン連載)
  • めらんこりっ喰・街道(プレイコミック連載、原作:樫村ヨウ)
  • 永遠の天台大師
  • 二十四の瞳(文芸まんがシリーズ)
  • 伊豆の踊り子(文芸まんがシリーズ)
  • 最新!まんがでわかる道交法(集英社
  • マンガでわかる危険物乙4類試験(オーム社
  • マンガでわかる二級ボイラー試験(オーム社)
  • 発明発見はじめて物語(まんが歴史たんけん てんとう虫ブックス)

挿絵・イラスト

  • 集英社児童学習事典(歴史系)

デザイン

  • ふーちゃん(前橋市のマスコットキャラクター)

アシスタント[編集]

関連書籍[編集]

  • 「劇画の星」をめざして - 誰も書かなかった「劇画内幕史」(1996年、佐藤まさあき著、文藝春秋刊。佐藤まさあきと望月あきら等漫画家達との交流が描かれている)ISBN 4163523200

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 長谷邦夫『ニッポン漫画家名鑑―漫画家500人のデータブック』データハウス、1994年、337頁
  2. ^ 宝島社『いきなり最終回』Part4でのインタビュー