朝やけの少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝やけの少女
チャーリー・リッチシングル
初出アルバム『Behind Closed Doors
B面 I Feel Like Goin' Home
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル カントリー
時間
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 ロリー・バーク
ビリー・シェリル
ノリス・ウィルソン
プロデュース ビリー・シェリル
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
チャーリー・リッチ シングル 年表
Behind Closed Doors
(1973年)
朝やけの少女
(1973年)
A Very Special Love Song
(1974年)
ミュージックビデオ
「The Most Beautiful Girl」 - YouTube
テンプレートを表示

朝やけの少女」(原題: The Most Beautiful Girl)は、カントリー歌手のチャーリー・リッチが1973年に発表した楽曲。

概要[編集]

本作品は、共作者のひとりビリー・シェリルが1968年に録音した「Hey Mister」を作り直したものである。ロリー・バーク、ビリー・シェリル、ノリス・ウィルソンの3人によって書かれた。

1973年9月、シングルA面曲として発表される。B面は「I Feel Like Goin' Home」。同じ頃発売されたアルバム『Behind Closed Doors』に収録されている。

同年12月15日から12月22日にかけてビルボード・Hot 100で1位を獲得[1]。また、ビルボードのカントリー・チャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートでそれぞれ1位を獲得し[2]ゴールドディスクに輝いた。

エンゲルベルト・フンパーディンク[3]、スリム・ウィットマン、ボビー・ヴィントンアイズレー・ブラザーズアンディ・ウィリアムスらがカバーを行っている。そのほか、ABBAのメンバーのアンニ=フリッド・リングスタッドスウェーデン語でカバーしたバージョンもある[4]

脚注[編集]

  1. ^ 1973 Archive | Billboard
  2. ^ Whitburn, Joel (2002). Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. p. 203. 
  3. ^ Engelbert Humperdinck - King Of Hearts (Vinyl, UK, 1973) | Discogs
  4. ^ Frida ensam

関連項目[編集]

先代:
カーペンターズ
トップ・オブ・ザ・ワールド
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1973年12月15日 - 12月22日(2週)
次代:
ジム・クロウチ
「タイム・イン・ア・ボトル」