朝倉利光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

朝倉 利光(あさくら としみつ、1934年1月20日[1] - )は、日本の工学者。元北海学園大学学長北海道大学名誉教授。専門は、応用光学、量子光工学など光学分野。工学博士東京大学、1965年)。福島県出身[1]

この他幾つもの受託研究を手がける。また、アメリカ光学会、日本光学会など多数の学会にも在籍。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1958年8月 アイテック・コーポレーション情報技術研究所研究員
  • 1961年3月 東京大学生産技術研究所助手
  • 1966年4月 北海道大学工学部助教授
  • 1971年7月 北海道大学応用電気研究所教授
  • 1980年10月 東京工業大学理工学国際交流センター教授併任
  • 1992年4月 北海道大学電子科学研究所教授
  • 1994年4月 北海道大学電子科学研究所所長
  • 1997年4月 北海道大学停年退官 名誉教授 北海学園大学工学部教授・同大学院工学研究科教授
  • 1999年4月 北海学園大学大学院工学研究科長
  • 2005年4月 北海学園大学学長 北海学園理事
  • 2011年3月 北海学園大学学長退任
  • 2011年4月 北海学園大学退職 名誉教授 北海学園大学工学部非常勤講師(-2016年3月)・同大学院工学研究科非常勤講師(-2016年3月)

学外における役職[編集]

  • 1996年-2002年 国際光学委員会会長
  • 2010年12月- NPO法人北海道ジェロントロジー推進協会理事長

主な論文[編集]

  • 『フラクタル構造の光学的性質』(学術雑誌、1993年)
  • 『光拡散現象研究の展開-単一拡散から多重拡散まで-』(学術雑誌、1994年)
  • 『光拡散に伴うスペクトル変化』(学術雑誌、1995年)
  • 『レーザー計測の基礎』(共著、学術雑誌、1999年)
  • 『光学的方法による画像・音響文化遺産探査・復元』(学術雑誌、2001年)
  • その他多数

栄誉・叙勲[編集]

主な受賞学術賞[編集]

  • 応用物理学会光学論文賞(東京大学在籍時)
  • 北海道科学技術賞
  • 島津賞
  • C.E.K.メーズ賞(国外)
  • インドネシア大学大学院功労者表彰(国外)
  • デニス.ガボール賞(国外)

など

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.390

参考文献[編集]

先代:
熊本信夫
北海学園大学学長
第8代: 2005年 ‐ 2011年
次代:
木村和範