朝儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

朝儀(ちょうぎ、英語: Imperial Council )とは、王朝における朝廷儀式の総称。以下では日本での朝儀について述べる。

朝儀の場と種類[編集]

朝儀とは、朝堂においておこなわれた、さまざまな公の儀式の総称[1]である。朝儀は大きく、

  1. 天皇即位儀元日朝賀任官叙位改元の宣詔、告朔などの朝拝を中心とする儀式
  2. 節会や外国使への賜饗などの饗宴を中心とする儀式

に二分される。

奈良時代において、1.は天皇大極殿に御し、大極殿門をはさんで朝廷には文武百官が列を組んで立ち並ぶ[1]かたちとなり、2.は大極殿門に天皇が出御し、朝堂が臣下のいる場所となった。平城宮におけるこの2つの形態は、平安時代大内裏にも継承され、1.は朝堂院、2.は豊楽院にて執りおこなわれることとなった。

儀式・典礼[編集]

平安時代、朝儀や祭事、四季の行事などに関する形式と作法の次第を定めたものを「儀式」といい、その典拠となる先例(故実)を「典礼」と呼んでいる。儀式・典礼は、法における礼を基本としてつくられたものが多いとされる。儀式・典礼を知ることは、貴族社会において必須のこととしてきわめて重要視された。かれらが朝儀に参加し、その作法の先例を尊重して、正しく儀式次第をおこなうことこそが、公家の体面や資格にかかわるほどであった。そのため、院政期から鎌倉時代にかけて、朝廷で有職故実の学が生まれ、儀式書も多数記されることとなるが、これは、過ぎ去ったよき時代への懐古と尊重の念を基本としていた。

朝儀の成立[編集]

朝儀の成立は、各々の儀式それぞれに個別の事情があり時期も一定しないが、唐の律令の受容と深い連関があり、大宝元年(701年)完成の大宝律令によって、はじめて国家的な儀容の基本が整備されたものと考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 黒須(1995)p.118-119

出典[編集]

  • 黒須利夫「朝政と朝儀」阿部猛・義江明子・槙道雄・相曽貴志編『日本古代史研究事典』東京堂出版、1995年5月。ISBN 4-490-10396-4

関連項目[編集]