朝凪のアクアノーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝凪のアクアノーツ
aquanauts of a morning calm
対応機種 Windows2000/XP/Vista
発売元 Fizz
ジャンル アクアロマンス学園ADV
発売日 2008年4月25日
2010年9月24日(廉価版)
価格 9240円(税込)
5040円(廉価版、税込)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 6
セーブファイル数 80+クイック8
メディア DVD-ROM
画面サイズ 800×600
キャラクターボイス 主人公以外
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ 既読/全文
オートモード あり

朝凪のアクアノーツ』(あさなぎのアクアノーツ)は2008年4月25日Fizzより発売された18歳未満購入禁止のパソコン美少女ゲームソフト(アダルトゲーム)。

概要[編集]

パートナーブランドの一つであるFizzの第3作となる恋愛アドベンチャーゲームで主要なヒロインの数は4人。製作スタッフは2007年3月23日発売の第2作『ましろぼたん』とほぼ同一。第一作目の『恋もも』が、『ましろぼたん』がを舞台とした作品であったのに対し、本作はを舞台とした作品となっている[1]

前2作はどちらも主題歌ボーカルは佐倉紗織が担当していたのに対し、今作はメインヒロイン「朝凪深緒」のキャストと、主題歌ボーカルを榊原ゆいが担当している。ゲームの発売に先行して、オープニングテーマソング『Aqua Voice』とゲーム中のBGMのうち、『月明かりの浜辺』『アクアリウム』『まったり気分』の3曲が収録されたマキシシングルが2007年10月26日に発売された。エンディングテーマソングシングル『Blue eyes』と、ゲーム中のBGMを収録したサウンドトラック2008年5月30日に発売。また、登場人物の「慧本友里子」「メリエル・リビングストン」「朝凪深緒」のイラストを使用した抱き枕カバーもリリースされている。

タイトルのアクアノーツ(aquanauts)とは本来「海中基地に滞在する潜水技術者、海底調査員」の意味だが本作では「海中散歩者」という意味で用いられている。

2008年8月開催の「コミックマーケット74」では「メリーのアホの子CD」「Fizz壁紙集C74(CD-ROM)」「キーホルダー」「Tシャツ」「ペーパーバッグ」がセットになった「FizzセットC74」が販売された。

2008年10月31日にはを季節背景としたオリジナルドラマCDも発売される。

2010年3月26日には、同年3月31日をもって初回版がロットアップすることが発表された。

2010年7月9日には、同年9月24日に廉価版が発売されることが発表された。

あらすじ[編集]

人口9000人ほどの海辺の小さな町「白浜町」に暮らす少年「慧本亜樹」はある夜、海岸で美しい歌声を耳にする。声の主を辿っていくとそこにいたのは音痴であることで有名なはずのクラスメートの少女「朝凪深緒」だった。その翌日、亜樹は深緒に校舎裏へ呼び出される。すると深緒はどこからともなく金属製のハンマーを取り出し、亜樹の頭を殴りつけてきたのだった。

実は深緒の正体は海からやってきた人魚であり、亜樹に自分の正体を気付かれたと思い込んでその記憶を消去しようとしていたのである。実際には亜樹はその事実に気付いてはいなかったのだが、深緒が亜樹のことを不必要に警戒して付けまわしているうちに、亜樹は本当のことを知ってしまう。深緒は魔法のハンマーで再び亜樹の頭を殴り、記憶を消そうとするが、何故か効果が現れない。正体を隠しておけなくなった深緒は亜樹に「人魚であることを周りの人間に知られないように自分に協力しろ」と言い放ち…。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

慧本 亜樹(えもと あき)
この物語の主人公。海沿いの閑静な田舎町「白浜町」にある「白浜学園」の2年男子生徒。学園から少し離れたところにある「海神(わだつみ)神社」に双子の姉・友里子と母・向日葵の3人暮らしで、父親はいない。白浜町には祖父が他界した2年前から暮らしている。視力が低いわけではないのだが、女顔で双子である姉とよく間違えられるため、ダテ眼鏡を着用。部活にも入らず毎日をただのんびりと暮らしている。友里子に対して勉強、ゲームといった勝負事に弱く、それに関して頭が上がらない。元々は泳ぎが好きだったが、6歳の頃海で溺れたことにより水恐怖症となり、何年もの間泳ぐことが出来ない。
朝凪 深緒(あさなぎ みお) 声:榊原ゆい
1学期の初めに亜樹のクラスに入ってきた転校生。コーラス部に所属しているが、極度の音痴であり、かつて行われた学内コンサートでは強烈なハウリングを発生させ、聴衆を気絶させたことがある。そのため、以後歌の話題を彼女とすることはタブーになっている。外見は文句のつけようが無いほどの美少女なのだが、気が強く偏屈で無愛想な性格で友人は少ない。
彼女の正体は「セイレン」と呼ばれる人魚であり、海中に栄える王国「アクア・マリナ」の次期女王候補でもある。地上で行方をくらましてしまった当代の女王を探すために白浜町にやってきた。水に濡れると人魚の姿に戻ってしまう(下半身が魚になってしまう)ため、万一に備えスカートの下には何も着けておらず、また、いつも普通の靴ではなくビーチサンダルを履き、常にチョーカー型の魔法のハンマーを常備している。しかし、ドジを踏んでしょっちゅう人魚の姿に戻るため、亜樹から「よく今までばれなかったな」と呆気に取られている(実際は本人の発言に寄れば正体を目撃される度に相手をハンマーで殴って記憶を消しているため、バレてもその都度忘れさせているのが実状である)。すぐに手が出るなどやや粗暴な性格で、特に総一郎はよく文字通りの鉄拳制裁を喰らっている。正体が人魚ということもあってか魚と世間話をしていたり、刺身を食べたいと言った主人公を変態呼ばわりしたり、野蛮人扱いしたこともある。なお正体を隠すために水泳の授業は見学扱いにしてもらっており、水を掛けられるのをひどく恐れている。
小鳥遊 美幸(たかなし みゆき) 声:安玖深音
白浜学園1年の女子生徒で亜樹の後輩。人魚が教え伝えたと言われている温泉「人魚の湯」で知られる白浜町の旅館「海賓荘」の女将の娘。深緒と同じコーラス部に所属しており、その歌声は評判が良い。深緒の唯一無二の親友でもあり、学年の違いを気にせず互いに「深緒ちゃん」「美幸」と呼び合い、敬語も使っていない。亜樹に対して片思い中であり、毎日のように彼に弁当を作ってきてくれるのだが、しょっちゅう料理を炭化させるなど料理の腕前はイマイチ。家族の一部はその過程から、人魚を神のように崇めている節があり、深緒を小鳥遊家に滞在させている(深緒自身は優遇的な扱いは望んでいない模様)。つまり、深緒が人魚であることを知っている人物である。
慧本 友里子(えもと ゆりこ) 声:青山ゆかり
亜樹の双子の姉。亜樹の隣のクラスに所属。愛称はユリ。二人は異性一卵性双生児であり、互いに顔が瓜二つである。だらしなくいい加減な弟とは対照的に、成績優秀で弓道部のエースでもあり料理も得意である他、テレビゲームのテクニックも亜樹より高い。口うるさいところもあるがなんだかんだと言って亜樹のことは気に入っており、よく抱きつく。というよりブラコンの気があり、彼によってくる女子(深緒)を目の敵にしている。責任感が強く、町で開催される「白浜七夕祭り」の実行委員長を務める予定。
白玉 かなか(しらたま かなか) 声:木村あやか
亜樹が街中で偶然出会った謎の少女。真夏だというのに振袖を着て和傘を差しながら町内を徘徊している。その幻想的な様子から、最初亜樹たちから「幽霊少女」と呼ばれていた。実際に彼女のような人物が昔から出没するという都市伝説がある。極度に無表情で何を考えているのか判らず、時折相手の都合を考えない発言をする。アイスクリームが好物らしい。

サブキャラクター[編集]

メリエル・リビングストン(Meriel Livingstone) 声:金松由花
亜樹のクラスメートであるイギリス人の少女。長い本名を周囲に覚えてもらえず、1人称及び愛称がメリーとなっている。友里子と同じ弓道部に所属しているが本番に弱く、試合ではいい結果を残せていない。性格はいいが、学校の勉強は苦手で成績は最下位ランク。友里子らからも「アホの子メリー」と呼ばれている。ずっと日本で暮らしてきたため日本語しか話せない。嫌いな食べ物はグリーンピース
メインシナリオではヒロインではないが、公式サイトの人気投票ではメインヒロインたちを抜いて1位となっている。またとある選択肢ではゲームがエンディングを迎え、さらにそのクリア後のおまけとして、それ以降の彼女とのHシーンの短編が追加される。
慧本 向日葵(えもと ひまわり) 声:羽高なる
亜樹と友里子の母親で「海神神社」の神主巫女シングルマザーであり、未婚。二児の母とは思えないほどかなり若作り。神主になる以前は看護師として働いており、そのせいなのか亜樹たちに対しやや過保護で心配しすぎるところがある。料理が全くできず、いつも娘の友里子にまかせっきり。おっとりした性格だがスプラッター映画が好きという一面もある。なお、彼女の夫(つまり亜樹たちの父親)は不明であるが、友里子ルートにて意外な人物だったことが判明する。
高本 総一郎(たかもと そういちろう) 声:島田友樹
亜樹のクラスメートで男友達。通称「イチロー」。夏休みに向けて彼女を作りたいと思っている。趣味はプラモデル作り。生まれたときからずっと白浜町で暮らしている。デリカシーに欠ける一面があり、深緒の学内コンサートの惨事の後でそのことを本人に向かって話したり、生理で水泳の授業を休む理由を深緒本人に尋ねては鉄拳制裁を喰らってのびており、以後深緒を若干恐れている。
磯乃 太平(いその たいへい) 声:原田友貴
亜樹がよく訪れる甘味処(和風喫茶店)「夏椿」の店長。『サザエさん』の大黒柱と名前が良く似ているため、町内では割と有名。気さくで話しやすい性格で亜樹にとっては年の離れた兄のような存在。亜樹と会う度「誰だっけ?」ととぼける。妻は隣の市の雑誌社に勤務するキャリアウーマン。「ハチ」という名の犬を飼っている。
磯乃 珠美(いその たまみ) 声:渋谷ひめ
太平の娘。父親の名前の影響で、周囲からは「ワカメちゃん」と呼ばれているが、本人はそう呼ばれることが好きではない。亜樹や深緒たちとも仲良し。その無垢な性格ゆえ本人は気にしていないが、彼女も深緒が人魚である事を知っている、数少ない人物である。
松木(まつき) 声:櫻井ありす
コーラス部の部長である女子生徒。大雑把でいい加減な性格。顔にそばかすがある。美幸のことを「みゆきち」と呼ぶ(「みゆきちゃん」が次第に端折ったものらしい)。
竹内(たけうち) 声:逢川奈々
松木と仲が良いコーラス部の女子部員。美幸と同様世話好きな性格。眼鏡をかけている。
会沢 理(あいざわ おさむ) 声:こんつ
太平の友人である大学講師の男性。以前町で暮らしており、向日葵とは竹馬の友である。
セレナ(Serena) 声:楠鈴音
深緒が探していた現「アクア・マリナ」の女王その人。彼女と深緒との本当の関係は、やはり深緒ルートで判明する。
朝倉 美智(あさくら みち)
クラスメートの女子生徒。出席番号1番。通称「女子A」。クラスで一番の巨乳として知られる。体験版で実家は商店街で「朝倉雑貨店」なる雑貨店を営んでいることが判明する。
別府さん
通称「女子B」。主人公の独白曰わくドリルヘアーの髪型のクラスメートの女子生徒。その個性的な外見と「ですわ」口調でからクラスではかなり目立つ存在らしい。

用語[編集]

:詳細は公式サイトの特集ページ及び体験版を参照

白浜町(しらはまちょう)
メインの舞台であるとある県(主人公の独白中の「県大会」というセリフから)にある地方都市。人口約9000人程度。主要産業は漁業と温泉や白い砂浜などの観光業。特に砂浜は有名で、夏場には多くの海水浴客が訪れる。海沿いにある小さな町で、高齢化が著しい。田舎町ということもあってか高い建物は少なく、目立つのは駅と学園くらい。鉄道や駅はあるものの、ゲームセンターなどの若者の遊び場も少なく、観光ホテルのゲームコーナーが事実上のゲームセンター代わりという土地柄。また人魚に関する伝説が多く伝わっていることでも知られる。なお、和歌山県に実在する白浜町との関連は不明だが、「海沿いの高齢化が進む田舎の観光地」、「白い砂浜が有名」、「温泉地として知られる」という点は一致する。
白浜学園
主人公やヒロインたちが通う男女共学の公立校。制服はいずれも白で男子はブレザー、女子はセーラー服。校則でアクセサリーの着用が禁止されているが、深緒だけは再三の指導に従わず、教師もあきらめてしまったため、事実上黙認されている。校舎の裏手には林があり、林道を進むと海神神社の敷地内にある「秘密の海岸」に出る。主人公曰わく元々は海神神社の社有林だったらしい。
海神神社(わだつみじんじゃ)
主人公の実家。長い歴史を誇る由緒正しい神社で、町の代表的な観光地とされてはいるものの、実際は主人公曰わく「訪れる人とて少ない田舎の神社」との事。本物かどうかは不明だが、人魚のミイラが所蔵されていると言われている。
商店街
駅前にある昔ながらの商店街。こじんまりとした専門店が軒を連ねており、他に遊び場がないこともあって若者たちの溜まり場になっている。太平の店もこの中にある。
夏椿(なつつばき)
太平が営む喫茶店。外見は純和風のため、実際は甘味処に近い。田舎には珍しい今風の店で、亜樹を含めた白浜学園の生徒も多く利用している。店頭では太平の自家製アイスクリーム(クーラーボックスには「あいすくりん」と表示されているのがかなかの立ち絵で確認できる)が振る舞われている。なお料金は250円と高めで、そのことをかなかに指摘された。
秘密の海岸
海神神社の裏手にある海岸。実際の名称は不明。神社の関係者以外のほとんどの人間にはその存在を知られておらず、訪れる人もほぼいない。洞窟になっており、海上に鳥居が立っている。
セイレン(Seiren)
海中に暮らす人魚の一族。下半身が魚で頭の両側にヒレが付いている。魚と会話することもできるらしい。名前は伝説上の生物であるセイレーンに由来。半魚人とは異なる。(半魚人はセイレンにとっても架空の存在であるようだ。)
アクア・マリナ(Aqua Marina)
セイレンたちが暮らす海中王国。現在のアクア・マリナには女性のセイレンしかいない。
トリトン・ハンマー(Triton Hammer)
深緒が持つアクア・マリナの秘宝である魔法の道具。ゲートボールのクラブのような形をした金属製のハンマーで、普段は小さなチョーカー型となっており深緒の首に付けられている。これを手に取ってαλλαγη(アライ)と言いながら人の頭を殴ると、相手の記憶を消すことができ、πατημασιαη(パティマシア)と唱えると人魚から人間の姿に変身できる。現在は人の記憶を消す機能だけがなぜか使えなくなっている。「トリトン」はギリシャ神話における海の神のこと。

購入特典[編集]

スク水ディスク -School Swimsuit Disc-
予約キャンペーン特典。ゲーム中でヒロインたちが着ている水着がスクール水着に変化する修正パッチ。前作『ましろぼたん』の特典だった「ニーソディスク」と同系統のアイテム。
携帯クリーナー
予約キャンペーン特典。美幸のイラストが描かれた携帯電話クリーナー。
オリジナルミニドラマアルバム「Aquamarine」
初回版同梱特典。オープニングテーマ『Aqua Voice』、エンディングテーマ『Blue eyes』のショートバージョンの他、録り下ろしドラマ2話「パンツがない!」「メリー召しませ」を収録。
特製フルカラーブックレット
初回版同梱特典。販売促進イラストや、べっかんこう、はいおく、古野将士、真木八尋、大野哲也松竜などのイラストレーターによる応援イラストを収録。
ソフトをコンパクトに収納できるDVDケース
通信販売特典。この特典については通販業務を委託されていた株式会社ブロッコリーゲーマーズ通信販売)により、2008年5月3日に発売されるはずだったMOONSTONEの『Clear クリスタルストーリーズ 通販テレカセット』が誤って発送されるというミスが一部で生じていた。
ドラマCD「EXTRA-DRAMA pre Prologue ~小鳥遊美幸~」
ソフマップ購入特典。ゲーム開始前のエピソードを美幸の視点で描いたドラマCD。収録時間は約8分。
ドラマCD「EXTRA-DRAMA pre Prologue ~朝凪深緒~」
メッセサンオー購入特典。上記ドラマCDの深緒バージョン。ただしCD表面には「Original Drama」としか書かれていない。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

※18禁ウェブサイトからの出典を含む