朝吹三吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

朝吹 三吉(あさぶき さんきち、1914年2月7日 - 2001年2月3日)は、日本のフランス文学者

生涯[編集]

実業家朝吹常吉の三男として東京府(現・東京都)に生まれる。祖父は三井系企業の重役を歴任した朝吹英二慶應義塾幼稚舎から普通部を経て慶大予科一年終了後、1933年フランスに渡る。パリ16区の名門リセ・ジャンソン・ド・サイイ、パリ大学に学び、1939年帰国。

1946年、慶應義塾大学文学部フランス文学科専任講師となり、のち法学部教授。1979年定年退職。その間、ユネスコパリ本部文化局次長を六年余り務めた。ジャン・ジュネ『泥棒日記』のほか、妹・朝吹登水子との共訳によるシモーヌ・ド・ボーヴォワールの翻訳で知られる。

親族[編集]

翻訳[編集]

  • 泥棒日記 ジャン・ジュネ 新潮社、1953、新潮文庫 改版1990 ほか様々な版で再刊
  • テーゼ アンドレ・ジッド 新潮文庫、1954
  • レ・マンダラン シモーヌ・ド・ボーヴォワール 新潮社、1966
  • 美しい映像 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 登水子との共訳 人文書院、1967
  • 女性と知的創造 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 登水子との共訳 人文書院、1967
  • 老い シモーヌ・ド・ボーヴォワール 人文書院、1972
  • 決算のとき シモーヌ・ド・ボーヴォワール 二宮フサとの共訳 紀伊国屋書店、1973-74
  • ボーヴォワール―自身を語る 登水子との共訳 人文書院、1980
  • 青春の挫折 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 登水子との共訳 人文書院、1981
  • 別れの儀式 シモーヌ・ド・ボーヴォワール 人文書院、1984
  • 女たちへの手紙 ジャン=ポール・サルトル 人文書院、1985
  • 私自身のための優しい回想 フランソワーズ・サガン 登水子との共訳 新潮社、1986、のち新潮文庫

文集[編集]

  • 文集朝吹三吉 新潮社、1994(非売品)

評伝[編集]

  • 石村博子『孤高の名家 朝吹家を生きる 仏文学者・朝吹三吉の肖像』角川書店、2013年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 【ビジネスマンがホ・オポノポノを活用する理由】 第1回:広告代理店ストーンウェル株式会社 代表取締役社長 朝吹 剛さんホ・オポノポノ公式サイト、2018/09/05
  2. ^ (社)海外広報協会日本プロファィル研究所
  3. ^ a b 池田眞理「(社)海外広報協会における日本関連情報の英語による海外提供」『情報管理』第37巻第6号、国立研究開発法人 科学技術振興機構、1994年、 479-488頁、 doi:10.1241/johokanri.37.479ISSN 0021-7298NAID 130000074798
  4. ^ Japan Information NetworkJapan Information Network
  5. ^ 映像による対外発信の現状平成18年9月4日総務省情報通信政策局