朝日岳 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
朝日岳
朝日岳
夕日岳見晴らし台より望む
標高 598.1 m
所在地 北海道札幌市南区定山渓
位置 北緯42度58分0.2秒
東経141度9分8.8秒
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

朝日岳(あさひだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高598.1メートル[1]

定山渓温泉の西に位置し、一番早く朝日を受けるところから、明治の末ごろ御料局職員の田代兵八によって名づけられた[2]

登山道は2つ。岩戸観音堂横の階段を上った先に入り口がある岩戸公園コース[1]、豊林荘跡地近くの林道から入る旧豊林荘コース(薄別左岸コース)がある[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 梅沢 & 菅原 2015, p. 20.
  2. ^ 『札幌の山々』p.54
  3. ^ 梅沢 & 菅原 2015, p. 23.

参考文献[編集]

  • 『札幌地名考』さっぽろ文庫1
  • 『札幌の山々』さっぽろ文庫48
  • 梅沢俊、菅原靖彦 『北海道夏山ガイド』 北海道新聞社、2015年9月10日、最新第4版。ISBN 978-4-89453-795-8。