朝日新人文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朝日新人文学賞(あさひしんじんぶんがくしょう)は 朝日新聞社が主催していた公募新人文学賞。年一回。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与された。また作品は、「小説トリッパー」誌上に掲載された。2008年の第19回を最後に終了。

受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

  • 第1回(1990年魚住陽子「奇術師の家」
  • 第2回(1991年) 竜口亘・鹿島春光「ぼくと相棒」
  • 第3回(1992年) 甲斐英輔「ゆれる風景」
  • 第4回(1993年) 受賞作なし
  • 第5回(1994年) 畑裕子「面・変幻」
  • 第6回(1995年中山可穂「天使の骨」
  • 第7回(1996年) 竹森千珂「金色の魚」
  • 第8回(1997年金重明「鳳積術」(「算学武芸帳」に改題)
  • 第9回(1998年乗峯栄一「天神斎一門の反撃」(「なにわ忠臣蔵伝説」に改題)
  • 第10回(1999年) 勝浦雄「ビハインド・ザ・マスク」(「サンタクロース撲滅団」に改題)

第11回から第19回[編集]

選考委員[編集]

関連項目[編集]