朝日村営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

朝日村営バス(あさひそんえいバス)は、長野県東筑摩郡朝日村が企画・運営する公共交通機関。車両、運転士はアルピコ交通株式会社の塩尻営業所から派遣している。今では村内を走る朝日村地域福祉バスの運行はなくなり、新たにデマンドタクシーくるりん号が村内、そして村外のバス停への接続ができるようになった。 村営バスの運行は以前まで運行していた大池線、山形境線、広丘線 、山塩線 、朝日線、ふるさと朝日循環周遊バス村内循環線の6路線があった。だが今では、広丘線以外の路線は廃止された。そのうえで、需要と本数、経路などを見直した上で現在の広丘駅方面に変更され、現在は全系統が広丘駅に集中する運行である。またこの記事は、2010年3月現在のものである。

概要[編集]

朝日村にはかつて松本電気鉄道株式会社が独自で運行するバスが乗り入れていた。松電バスが運行する空港・朝日線は現在終点の上今井から小野沢を経て御馬越まで、山形線が現在終点の上大池から古見、小野沢、西洗馬を経て塩尻駅、塩尻営業所まで運行していた。だが今ではいずれの2路線も廃止され空港・朝日線は上今井まで、山形線は上大池車庫前(2009年7月1日時点)までの運行となり朝日村には民間の会社が運行するバスが乗り入れなくなった。そこで村政が動き、これまで運行していた村営バスの経路、そして時刻を見直しこれまで接続ができた上今井のほかに山形線の上大池、塩尻方面に向かう塩尻市地域振興バス洗馬線の原口にもバスからバスへの接続ができるようになった。しかし今ではこの村内を走る福祉バスの運行はなくなり、新たに村営のデマンドタクシーくるりん号が村内そして村外の接続場所の、原口、上今井、上大池、そして2010年4月1日の改正から山形村福祉バスの洞入口にも接続ができるようになった。現在は村営の広丘線のみの運行となっている。

運行路線[編集]

広丘線(朝日村通学バス広丘線)

村内と広丘駅を結ぶ路線で時間ごとにルートが違う。ルートはA・B・C・Dの4ルートがある。このうちB・Cルートは朝日村から広丘駅へ向かう上り線のみ、Dルートは広丘駅から村内へ向かう下り線のみの運行である。Aルートは上下線とも運行している。またどの便もJR広丘駅での電車への接続ができ、朝夕は通学につかう高校生の利用が多い。なお本数は上り線が5本、下り線が4本の運行となっている。平日のみの運行で土休日、年末年始(12月28日~1月3日)は運休。

  • Aルート 鉢盛中学校⇔下古見⇔朝日車庫前⇔小野沢⇔土合⇔西洗馬公民館⇔原新田⇔広丘駅
  • Bルート 旭ヶ丘⇒朝日車庫⇒下古見⇒鉢盛中学校⇒今井小学校⇒下今井⇒今井公園西⇒広丘駅
  • Cルート 御馬越⇒大石原⇒北村⇒針尾⇒小野沢⇒土合⇒西洗馬公民館⇒原新田⇒広丘駅
  • Dルート 広丘駅⇒今井公園西⇒下今井⇒今井小学校⇒鉢盛中学校⇒下古見⇒朝日車庫⇒小野沢⇒土合⇒西洗馬公民館⇒藤野屋前⇒針尾⇒北村⇒大石原⇒御馬越


以前まで運行していた路線[編集]

  • 大池線

村営山塩線とほぼ同等の経路で運行されている。山塩線同様、上大池車庫前で松電バス山形線に接続できるダイヤとなっている。

御馬越~針尾~学校口~小野沢~朝日公民館~朝日車庫~上古見~芦の久保志田医院前~下古見三叉路~下古見~鉢盛中学校~上大池車庫前

  • 山形境線

御馬越から村営広丘線と同等の経路で走るが古池付近で分岐してメガマート、マックスバリュ方面へ向かう。路線自体は買い物客用のダイヤとなっている。

御馬越~針尾~学校口~小野沢~朝日公民館前~朝日車庫~上古見~芦の久保志田医院前~下古見三叉路~下古見~鉢盛中学校~古池~メガマート~マックスバリュ~山形境

  • 広丘線

村内から広丘駅へ運行されている系統である。駅でJR線と塩尻市地域振興バスに接続できるダイヤとなっている。 御馬越~針尾~学校口~小野沢~朝日公民館前~朝日車庫~上古見~芦の久保志田医院前~下古見三叉路~下古見~鉢盛中学校~今井小学校~広丘駅西口

  • 山塩線

松電バスから継承した山塩線の村内区間に沿った系統となっている。上大池車庫前で松電バス山形線と塩尻駅で塩尻市地域振興バスやJR線に接続できるダイヤとなっている。

上大池~鉢盛中学校~下古見~下古見三叉路~芦の久保志田医院前~上古見~朝日車庫~朝日公民館~小野沢~原口~支所前~桔梗ヶ原~塩尻駅西口~塩尻駅前

  • 朝日線

松電バスから継承した朝日線の村内区間に沿った系統となっている。上今井で松電バス朝日線と接続ができるダイヤとなっている。

御馬越~針尾~学校口~小野沢~下洗馬~原新田~上今井

  • ふるさと朝日循環周遊バス村内循環線

観光目的に運行されている。愛称はくるりんあさひ号。朝日公民館を中心に西回りと東回りがある。

朝日公民館~小野沢~学校口~針尾~マレットゴルフ場前~本郷口~上組~大日堂前~薬師前~原新田~松ノ木橋~鉢盛中学校~下古見~下古見三叉路~上古見~朝日車庫~朝日公民館

以前々まで運行していた路線[編集]

  • 御馬越-古見線 

運行ルート:鉢盛中学校~下古見~朝日小学校前~中央公民館~針尾~北村~御道開渡~御馬越

平日は御馬越から鉢盛中学校行きが1本、鉢盛中学校、朝日小学校、中央公民館から御馬越行きが3本あった。また土曜日は上大池-原口線の接続を踏まえて御馬越から中央公民館行きが1本、中央公民館から御馬越行きが4本あった。またこの路線は地元の鉢盛中学校、朝日小学校の生徒がスクールバスとしても兼用していた。

  • 御馬越-上今井線 

運行ルート:養護学校~上今井~原新田~西洗馬公民館~上組~土合~小野沢~針尾~北村~御道開渡~御馬越

平日のみの運行で、御馬越から上今井(養護学校)行きが1本、上今井(養護学校)、おひさま保育園前から御馬越行きが3本あった。この路線は上今井で松電バス空港・朝日線の接続からダイヤができている。また養護学校の生徒、そしておひさま保育園の園児の下校時間帯にもダイヤを合わしている。

  • 上大池-原口線 

運行ルート:上大池車庫前~鉢盛中学校~下古見~朝日小学校前~中央公民館~小野沢~土合~上組~西洗馬公民館~三ヶ組~旧原口郵便局前

平日は上大池、鉢盛中学校から三ヶ組、旧原口郵便局前行きが3本、旧原口郵便局前から鉢盛中学校行きが2本あった。また土曜日は上大池車庫前、鉢盛中学校から三ヶ組、旧原口郵便局前行きが3本、旧原口郵便局前、三ヶ組から上大池車庫前、鉢盛中学校行きのバスが3本あった。この路線は、上大池で松電バス山形線に、旧原口郵便局前で塩尻市地域振興バス洗馬線に接続ができるようにダイヤがつくられている。

  • 御馬越-原新田線 

運行ルート:御馬越~御道開渡~北村~針尾~中央公民館~小野沢~Aコープ~小野沢~針尾~熱田神社~土合~下洗馬~原新田

平日・土曜日とも同じダイヤで運行していた。御馬越から原新田行き、原新田~御馬越行きが各2本ずつあった。村内を巡回する路線で途中のAコープで古見—三ヶ組線に乗り換えができる路線だった。Aコープへ買い物に行く、お年寄りの利用が多かった。

  • 古見-三ヶ組線 

運行ルート:鉢盛中学校~下古見~朝日小学校前~中央公民館~小野沢~Aコープ~土合~上組~西洗馬公民館~三ヶ組

御馬越-原新田線同様、鉢盛中学校から三ヶ組行き、三ヶ組から鉢盛中学校行きが各2本ずつ合った。この路線も村内を巡回する路線で、Aコープで御馬越—原新田線への乗り換えができた。

  • 広丘線 

運行ルート1(村内→広丘駅行き便のみ):古見—今井経由 旭ヶ丘~下古見~鉢盛中学校~今井小学校~下今井~今井東~広丘駅

運行ルート2(村内→広丘駅行き便のみ):御馬越—西洗馬経由 御馬越~北村~針尾~小野沢~土合~西洗馬公民館~原新田東~広丘駅

運行ルート3(広丘駅→村内行き便のみ):村内経由 広丘駅→今井東→下今井→今井小学校→鉢盛中学校→下古見→藤野屋前→西洗馬公民館→土合→小野沢→針尾→北村→御馬越

朝、夕に運行しており高校生の利用が大半を占めていた。また現在とは違い平日と日曜日に運行していた。


さらに以前々まで運行していた路線[編集]

  • 御馬越→小野沢→西洗馬→上今井線

運行ルート:御馬越→御道開渡→北村→針尾→中央公民館→小野沢→局前→土合→(大日堂前)→西洗馬公民館→原新田→上今井→(養護学校)

  • 上今井→西洗馬→小野沢→御馬越線

運行ルート:御馬越→小野沢→西洗馬→上今井線の逆

  • 公民館→古見→中学校→古見→小野沢→御馬越線

運行ルート:中央公民館→局前→小野沢→中央公民館→朝日小学校→下古見→鉢盛中学校→下古見→朝日小学校→中央公民館→小野沢→局前→針尾→北村→御道開渡→御馬越

※()内は、一部の便が経由した。

運賃[編集]

1乗車100円(高校生以上)

中学生以下は無料

参考文献[編集]

  • 朝日村第5次総合計画 「心・体・地の調和」(2009年12月・朝日村)

関連項目[編集]