朝月希和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
あさづき きわ
朝月 希和
生年月日 1月6日
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 163cm
血液型 B型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2017年:雪組へ異動
2019年:花組へ異動
2020年:雪組へ異動
2021年:雪組トップ娘役就任
所属劇団 宝塚歌劇団
公式サイト 朝月希和 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
マスカレード・ホテル
CITY HUNTER
テンプレートを表示

朝月 希和(あさづき きわ、1月6日[1][2] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。雪組トップ娘役[3][4][5][6][7][2]

東京都世田谷区[1][7][2]昭和女子大学附属昭和高等学校出身[1][7]。身長163cm[1][2]。血液型B型[8]。愛称は「ひらめ」、「きわ」[1][7][2]

来歴[編集]

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団[9][4][5][6][2]月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[2][3]。その後、花組に配属[3][4][5][2]

歌の得意な娘役として注目を集め[6]、2013年の「愛と革命の詩」で新人公演初ヒロイン[9][3]

2015年、「新源氏物語」で2度目の新人公演ヒロイン[10]

2017年、「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、音くり寿と東上公演ダブルヒロイン[11][3][2]。同年8月28日付で雪組へと組替え[12][3][5][2]

2019年11月11日付で、2年ぶりに古巣の花組へと組替え[13][14][3][5][2]

2020年、「マスカレード・ホテル」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演単独初ヒロイン[14][4][2]。同年11月16日付で再び雪組へ組替えとなる[3][4][5][2]

2021年4月12日付で雪組トップ娘役に就任[5][3][4][6][2]。入団12年目でのトップ就任は極めて遅咲きであり、近年では元星組トップ娘役・渚あきの14年目に次ぐ記録となった[4][5][6][2]彩風咲奈の相手役として、「CITY HUNTER/Fire Fever!」でトップコンビ大劇場お披露目[15][16][17][2]

人物[編集]

宝塚初観劇は月組公演「螺旋のオルフェノバ・ボサ・ノバ[8]

学生時代はフルートに憧れ、吹奏楽部に所属していた[8]

将来の夢に迷った際に、母に連れられ宝塚を観劇[8]。自分もこの舞台で一緒に踊りたいと思い、音楽学校受験を決意した[8]

憧れの上級生は実咲凜音野々すみ花[8]

愛称の「ひらめ」は、音楽学校時代に同期から「魚顔だから」とつけられたことに由来する[18]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

雪組時代[編集]

花組時代[編集]

雪組時代[編集]

  • 2021年1 - 4月、『fff-フォルティッシッシモ-』 - エレオノーレ・フォン・ブロイニング(ロールヘン)『シルクロード〜盗賊と宝石〜』[7]

雪組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年5月、壮一帆ディナーショー『Bright-ブライト-』
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2013年6 - 7月、『宝塚巴里祭2013-La Chanson de Paris 99-』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2016年2月、第7回『マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say!Hey!Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、80頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 12年目の真夏の大冒険!宝塚雪組新トップ娘役・朝月希和「わき目も振らずに」 スポーツ報知。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宝塚歌劇雪組、次期トップコンビは彩風咲奈&朝月希和 ステージナタリー。
  4. ^ a b c d e f g h 宝塚歌劇 雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和 Sponichi Annex。
  5. ^ a b c d e f g h 宝塚雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和 スポーツ報知。
  6. ^ a b c d e 宝塚雪組 次期トップスター・彩風咲奈、トップ娘役・朝月希和の就任発表 デイリースポーツ。
  7. ^ a b c d e f <華宝塚>陽だまりのような存在に 朝月希和(雪組) 東京新聞。
  8. ^ a b c d e f 『To The Future/宝塚GRAPH 2013年10月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、101頁。
  9. ^ a b c “元阪急山沖氏長女 花組新人公演で主演”. デイリースポーツ. (2013年9月3日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/09/03/0006307061.shtml 2019年10月23日閲覧。 
  10. ^ a b “柚香光、光源氏を麗しく 宝塚花組新人公演「新源氏物語」”. 産経WEST. (2015年10月22日). https://www.sankei.com/west/news/151022/wst1510220043-n2.html 2019年10月23日閲覧。 
  11. ^ a b 橘涼香 (2017年3月19日). “宝塚歌劇が特撮ヒーローものに挑んだ芹香斗亜東京初主演作品!宝塚花組公演『MY HERO』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1878329.html 2019年10月23日閲覧。 
  12. ^ “花組2番手スター芹香斗亜が10.30付で宙組へ”. 日刊スポーツ. (2017年7月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1851619.html 2019年10月23日閲覧。 
  13. ^ “宝塚歌劇大量トレード!永久輝せあが雪組→花組 愛月ひかるは専科→星組へ”. スポーツ報知. (2019年8月2日). https://hochi.news/articles/20190802-OHT1T50137.html 2019年10月23日閲覧。 
  14. ^ a b c 宝塚版「マスカレード・ホテル」開幕 瀬戸かずや「刑事もホテルマンも…二度おいしい」 スポーツ報知。
  15. ^ a b 「CITY HUNTER」で新生雪組開幕!トップスター彩風咲奈「宝塚の男役が演じることを一番大切に」 スポーツ報知。
  16. ^ a b 宝塚雪組新トップ彩風咲奈 お披露目「シティーハンター」で“Get Wild”熱唱 デイリースポーツ。
  17. ^ 新トップ彩風咲奈が新境地「CITY HUNTER」”. 産経ニュース (2021年8月21日). 2021年8月21日閲覧。
  18. ^ 『NEW GENERATIONⅢ』 阪急コミュニケーションズ、2013年、50頁。ISBN 978-4-484-13514-4。
  19. ^ 彩風咲奈&朝月希和主演「ヴェネチアの紋章」、朝美絢主演「ほんものの魔法使」上演決定 ステージナタリー。
  20. ^ 宝塚雪組、彩風咲奈・朝月希和の「オデッセイ」&縣千主演の青春ミュージカル ステージナタリー。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。