朝来群山県立自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝来群山県立自然公園
朝来群山県立自然公園内 黒川自然公園センター付近
朝来群山県立自然公園の位置(兵庫県内)
朝来群山県立自然公園
分類 自然公園
所在地
兵庫県朝来市、多可郡、丹波市
座標 北緯35度14分1.7秒 東経134度52分46.4秒 / 北緯35.233806度 東経134.879556度 / 35.233806; 134.879556座標: 北緯35度14分1.7秒 東経134度52分46.4秒 / 北緯35.233806度 東経134.879556度 / 35.233806; 134.879556
面積 14,766ヘクタール
運営者 兵庫県
事務所 兵庫県 農政環境部 環境創造局自然環境課・鳥獣対策課
事務所所在地 〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10−1
テンプレートを表示

朝来群山県立自然公園(あさごぐんざんけんりつしぜんこうえん)は、兵庫県の中部にある兵庫県立の自然公園

概要[編集]

兵庫県の中部の丹波市朝来市多可郡多可町に広がる。旧播磨丹波但馬三国の国境にある三国岳、粟鹿山などの山岳高原地帯を公園域として、1958年11月21日に指定された。総面積は14,766ヘクタールで、うち特別地域が6,890ヘクタールとなっている[1][2]

地理[編集]

朝来群山県立自然公園は国道312号国道427号国道429号に囲まれた地域にあり、西に786メートルの行者岳、東に855メートルの三国岳、北に962メートルの粟鹿山、中央部に811メートルの青倉山がある山岳地帯。山間部には、黒川ダムや多々良木ダム、滝、渓谷、など自然豊かな景観を有している。園内には黒川温泉があり、また周辺には県立・私立の自然学校や自然の家施設が整備されている[2]。黒川自然公園センター付近で標高516メートル。

年表[編集]

  • 1958年11月21日 - 兵庫県立自然公園に指定される[2][3]

名所[編集]

山岳[編集]

兵庫県山岳連盟が創立50周年を記念して1998年に選定した兵庫県内のふるさと兵庫50山に選定されている。

  • 青倉山 - 標高 811メートル
  • 粟鹿山 - 標高 962メートル
  • 行者岳 - 標高 786メートル
  • 三国岳 - 標高 855メートル

渓谷・滝[編集]

[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自然公園指定状況 (PDF) [リンク切れ]
  2. ^ a b c 朝来郡山県立自然公園区域図 (PDF)”. 兵庫県. 2020年3月21日閲覧。
  3. ^ 兵庫県の自然公園”. 兵庫県. 2020年3月21日閲覧。

関連項目[編集]