朝登俊光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

朝登 俊光(あさのぼり としみつ、1948年6月3日- )は、北海道夕張市出身で、朝日山部屋に所属した大相撲力士。本名は霜降 利昭(しもふり としあき)。現役時代の体格は176cm、156kg。最高位は東前頭2枚目(1970年1月場所)。得意手は突き、押し。

来歴[編集]

中学3年生の時上京して、元前頭2枚目・二瀬山が率いる朝日山部屋に入門。1963年(昭和38年)7月場所で初土俵を踏んだ。

序ノ口に付いた時より「朝登」を名乗り、引退までの15年間で一度も改名する事は無かった。

以来、突き押しを武器に順調に番付を上げ、1967年(昭和42年)9月場所で十両に昇進。そして、1969年(昭和44年)3月場所で新入幕を果たした。初土俵の同期には後の横綱・三重ノ海や大関・旭國がいるが、朝登が入幕した時、彼らは新十両であった。

肩幅の広い巨体を活かしたぶちかましての押しが得意で、「ワーゲン」の異名を取り、引き落とし叩き込みなどもよく見せた。

東前頭3枚目の地位で迎えた1969年(昭和44年)7月場所では、3日目に横綱柏戸押し出しで破って生涯唯一となる金星を獲得、これを以って柏戸を引退に追い込んだ。また、この場所では、優勝した大関・清國にも勝っている。三賞受賞や三役入りは叶わなかったものの、この年は幕内上位での健闘が目立った。同年は、東京中日スポーツの年間最優秀新人に選ばれた他、日本スポーツ大賞の新人賞も獲得している。

1973年(昭和48年)以降は、出足がなくなり引き技が多くなった事もあって、十両に低迷した。幕内は13場所で終わったものの、十両は51場所も務め、この地位での優勝も4度果たしている。

西十両10枚目で2勝13敗と大敗した1978年(昭和53年)5月場所を最後に29歳で引退し、年寄東関を襲名。だが、借株であったため、断髪式(引退相撲)を終えた直後の1979年(昭和54年)6月に廃業した。

その後は政治結社「忠孝塾」の理事を務めていたが、1987年(昭和62年)に恐喝罪で逮捕された。

日本イエス教会の教祖でもあった。

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:578勝567敗2休 勝率.505
  • 幕内成績:82勝113敗 勝率.421
  • 現役在位:89場所
  • 幕内在位:13場所
  • 金星:1個(柏戸から。1969年7月場所3日目)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:4回(1969年1月場所・1972年3月場所・1973年7月場所・1974年9月場所)
    • 幕下優勝:1回(1967年7月場所)
    • 序ノ口優勝:1回(1963年9月場所)

場所別成績[編集]

朝登 俊光
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1963年
(昭和38年)
x x x (前相撲) 東 序ノ口 #14
優勝
7–0
東 序二段 #23
3–4
 
1964年
(昭和39年)
東 序二段 #40
6–1
 
西 三段目 #81
6–1
 
東 三段目 #40
5–2
 
東 三段目 #10
4–3
 
東 幕下 #93
4–3
 
西 幕下 #87
4–3
 
1965年
(昭和40年)
西 幕下 #78
4–3
 
東 幕下 #69
2–5
 
東 幕下 #86
3–4
 
西 幕下 #92
6–1
 
東 幕下 #54
3–4
 
西 幕下 #60
6–1
 
1966年
(昭和41年)
西 幕下 #36
4–3
 
西 幕下 #32
5–2
 
東 幕下 #24
3–4
 
東 幕下 #30
3–4
 
西 幕下 #33
4–3
 
東 幕下 #29
4–3
 
1967年
(昭和42年)
東 幕下 #24
5–2
 
東 幕下 #15
3–4
 
西 幕下 #27
4–3
 
東 幕下 #19
優勝
7–0
東 十両 #12
9–6
 
西 十両 #8
7–8
 
1968年
(昭和43年)
西 十両 #9
8–7
 
東 十両 #8
8–7
 
西 十両 #5
5–10
 
東 十両 #13
8–7
 
東 十両 #10
8–7
 
東 十両 #8
10–5
 
1969年
(昭和44年)
西 十両 #2
優勝
11–4
西 前頭 #10
8–7
 
東 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #3
7–8
西 前頭 #4
7–8
 
西 前頭 #4
9–6
 
1970年
(昭和45年)
東 前頭 #2
2–13
 
東 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #8
4–11
 
西 十両 #1
5–10
 
西 十両 #7
5–10
 
東 十両 #12
9–6
 
1971年
(昭和46年)
西 十両 #6
8–7
 
東 十両 #5
8–7
 
西 十両 #4
8–7
 
東 十両 #3
7–8
 
西 十両 #4
6–9
 
西 十両 #6
5–8–2
 
1972年
(昭和47年)
東 十両 #13
11–4
 
西 十両 #2
優勝
12–3
西 前頭 #9
9–6
 
東 前頭 #5
5–10
 
西 前頭 #10
6–9
 
西 前頭 #13
5–10
 
1973年
(昭和48年)
西 十両 #3
7–8
 
東 十両 #6
8–7
 
西 十両 #3
5–10
 
東 十両 #9
優勝
12–3
東 十両 #1
5–10
 
西 十両 #7
8–7
 
1974年
(昭和49年)
西 十両 #3
7–8
 
西 十両 #4
11–4
 
東 前頭 #12
4–11
 
西 十両 #7
6–9
 
西 十両 #11
優勝
11–4
東 十両 #2
5–10
 
1975年
(昭和50年)
西 十両 #8
8–7
 
東 十両 #6
8–7
 
東 十両 #4
8–7
 
西 十両 #2
6–9
 
東 十両 #7
8–7
 
東 十両 #6
7–8
 
1976年
(昭和51年)
東 十両 #8
8–7
 
東 十両 #6
7–8
 
西 十両 #7
7–8
 
西 十両 #8
8–7
 
東 十両 #8
7–8
 
西 十両 #9
6–9
 
1977年
(昭和52年)
東 十両 #13
9–6
 
西 十両 #9
8–7
 
東 十両 #7
7–8
 
東 十両 #10
8–7
 
西 十両 #7
8–7
 
東 十両 #4
5–10
 
1978年
(昭和53年)
西 十両 #10
7–8
 
東 幕下 #1
6–1
 
西 十両 #10
引退
2–13–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 朝登 利昭(あさのぼり としあき)1963年9月場所-1967年1月場所
  • 朝登 俊光(- としみつ)1967年3月場所-1978年5月場所

年寄変遷[編集]

  • 東関 俊光(あずまぜき としみつ)1978年5月-1979年6月

関連項目[編集]