朝美絢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

朝美 絢(あさみ じゅん、11月6日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役スター。

神奈川県鎌倉市[1][2]清泉女学院出身[1]。身長169cm[1]。愛称は「あーさ」、「J」[1]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[2][3][4][5]。入団時の成績は24番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[1][3][4]。その後、月組に配属[2][3][4][5]

2014年、「PUCK」で新人公演初主演[6][2][3][5]

2015年、バウ・ワークショップ「A-EN ARTHUR VERSION」で、バウホール公演初主演[3][2][5]。続く「舞音」で2度めの新人公演主演[7][4][5]

2016年、龍真咲退団公演となる「NOBUNAGA」で、自身初となる女役を演じる[5][2]

2017年5月31日付で雪組へと組替え[8][2][4]

2018年、「義経妖狐夢幻桜」でバウホール公演単独初主演[2][4]

人物[編集]

小さな頃からクラシックバレエを習い、発表会が大好きだった[5]

小学生の時、テレビ番組を録画したものを祖母と母が見せてくれたのが宝塚との出会い[5]。生の舞台を初観劇したのはTAKARAZUKA1000days劇場での月組公演「螺旋のオルフェノバ・ボサ・ノバ[5]。子供ながらにスーツ姿の男役の格好良さに感動する[5]

音楽学校は2度めの受験で合格を果たした[5]

憧れの俳優・小栗旬と芸名の名付け親が同じで、名前の一部に「旬」が入るだけでなく、舞台姿の参考にもしている[6]

新人公演では計4回、珠城りょうの役を演じた[5]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2011年1月、龍真咲ディナーショー『Hot Fairy』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年7月、龍真咲ディナーショー『Goodbye Fairy』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、73頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 男役10年目 攻めの視線、攻めの姿勢/朝美絢”. 日刊スポーツ. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 山崎賢人をイメージしてツンデレ王子になる/朝美絢”. 日刊スポーツ. 2015年9月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 朝美絢、男役10年目「義経妖狐夢幻桜」に挑む”. スポーツ報知. 2018年3月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 信長を誘惑する艶っぽい場面で あやしげな魅力が弾ける”. ウィズたからづか. 2016年7月1日閲覧。
  6. ^ a b c 「PUCK」新人公演で初主演/朝美絢”. 日刊スポーツ. 2014年10月16日閲覧。
  7. ^ a b 月組新公 故夏目さん姪一際目立つ美貌”. デイリースポーツ. 2015年12月2日閲覧。
  8. ^ 宝塚歌劇団・次期花組トップ娘役に仙名彩世 異例の遅咲き実力派”. デイリースポーツ. 2016年9月30日閲覧。