朝長孝介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝長 孝介
Kosuke Tomonaga
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-07-22) 1980年7月22日(38歳)
出身地 長崎県大村市
ラテン文字 Kosuke Tomonaga
身長 184cm
体重 83kg
血液型 O型
選手情報
愛称 コウスケ
ポジション S
指高 235cm
利き手
スパイク 321cm
ブロック 310cm
テンプレートを表示

朝長 孝介(ともなが こうすけ、1980年7月22日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。長崎県大村市出身。元バレーボール全日本選手。ポジションはセッター

2008年北京オリンピックのバレーボール競技・世界最終予選では、韓国戦で途中出場してその後正セッターにつき、全日本男子の16年ぶりのオリンピック出場の原動力となった。

オリンピック終了後、現役を引退し現在は母校の大村工業高校教員・同校男子バレー部監督[1]、全日本男子ユース代表コーチ[2]

来歴[編集]

  • 松原小学3年よりバレーボールを始める。
  • 筑波大在学中にユニバーシアードに出場。
  • 豊田合成トレフェルサに入団後、全日本入りした2005年のアジア選手権で優勝。
  • 2006年堺ブレイザーズに移籍。
  • 2008年8月、北京オリンピックに出場(予選ラウンド敗退)。
  • 2008年9月、教員採用試験を受け合格。(筑波大在学中に保健体育の教員免許を取得済)
  • 2008年10月、2008/09 Vプレミアリーグの出場を最後に現役を引退することを発表。
  • 2009年4月、長崎県立長崎北高等学校へ保健体育の教員として着任。男子バレーボール部の監督に就任。高校側と日程を調整し、プレミアリーグの決勝戦に出場(準優勝)。

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2005-2008年
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
2009年 - 2008/09 Vプレミアリーグ 敢闘賞

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vリーグ機構. “私の現在地”. 2014年9月20日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “第10回アジアユース男子選手権大会(U-18) - 全日本メンバー”. 2014年9月20日閲覧。