朝鮮人民軍歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝鮮人民軍歌
各種表記
ハングル 조선인민군가
漢字 朝鮮人民軍歌
発音 チョソニンミングンカ
(チョソンインミングンカ)
日本語読み: ちょうせんじんみんぐんか
MR式
2000年式
Chosŏn inmin'kunka
Joseon inmin-gunga

朝鮮人民軍歌(ちょうせんじんみんぐんか、朝鮮語: 조선인민군가)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍歌朝鮮人民軍(北朝鮮軍)を代表する軍歌である[1]

来歴[編集]

1968年、リ・ボムス(리범수)が作詞し、ラ・グク(라국)が作曲した。歌詞には『抗日の伝統受け継ぎ』とあるが、これは北朝鮮軍の建軍が1948年2月8日であるが、北朝鮮はそのルーツを金日成主席満州抗日パルチザンを結成した1932年4月25日とし、この日を建軍節(軍創建記念日)としている事情を反映してのもの[1]

朝鮮戦争中までは、鄭律成ソ連ドイツ説も)の歌を編曲し作詞した「人民軍行進曲」(인민군행진곡)が北朝鮮軍の歌として大々的に歌われていた。鄭は延安1939年「八路軍行進曲」(現在の中国人民解放軍進行曲)などを作曲した朝鮮出身の抗日運動家である。日本敗戦後、北朝鮮に帰国したが、1950年中国共産党に召還され中国に帰化。そのまま同地で没した。「人民軍行進曲」は朝鮮戦争後、歌われる機会がなくなったが、これは、北朝鮮で個人独裁を進める金日成が1950年代に延安派の幹部を粛清したことに関係しているとの見方もある[1]

歌詞[編集]

抗日の光り輝く伝統を受け継ぎ、

鋼鉄と鍛えられし栄光の隊伍。

金日成元帥様の紅き戦士として、

社会主義の我が祖国、護り戦う。

進め、朝鮮人民軍、一当百の勇猛轟かせ、

帝国主義侵略者を諸共打ち倒せ。


青春も、生命も、みな捧げ、

革命に忠実たる勝利の隊伍。

偉大なる首領様が領導なさる、

党中央を命懸けで護り戦う。

進め、朝鮮人民軍、一当百の勇猛轟かせ、

帝国主義侵略者を諸共打ち倒せ。


過ぎ去りし戦いの歩みごとに、

勝利に輝く不敗の隊伍。

首領様が呼び招かれるただ一筋に、

朝鮮の革命を完遂するだろう。

進め、朝鮮人民軍、一当百の勇猛轟かせ、

帝国主義侵略者を諸共打ち倒せ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界軍歌全集 2011年(平成23年)
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 辻田真佐憲『世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』社会評論社、2011年(平成23年)。ISBN 978-4784509683。