朝鮮労働党中央委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

座標: 北緯39度0分57秒 東経125度44分26秒 / 北緯39.01583度 東経125.74056度 / 39.01583; 125.74056

朝鮮労働党中央委員会
各種表記
ハングル 조선로동당 중앙위원회(중앙위)
漢字 朝鮮勞動黨中央委員會
発音 チョソルロドンダンチュンアンウィウォヌェ
日本語読み: ちょうせんろうどうとうちゅうおういいんかい
英語表記: Central Committee of the Workers' Party of Korea
テンプレートを表示

朝鮮労働党中央委員会(ちょうせんろうどうとうちゅうおういいんかい、朝鮮語:조선로동당 중앙위원회)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政党・朝鮮労働党最高機関である。

現在の第8期中央委員会2021年に実施された党大会で選出された。

概要[編集]

朝鮮労働党中央委員会は朝鮮労働党の最高機関である。

2017年10月7日に第7期党中央委員会第2回総会が開催され、政治局員などを一部補選した[1]

歴代最高指導者[編集]

指導者 就任日 退任日
中央委員会委員長(1946–1966)
1 金枓奉
(1886–1957?)
Kim dubong 1919.PNG 1946年8月28日 1949年6月30日
2 金日成
(1912–1994)
Kim Il Sung Portrait-2.jpg 1949年6月30日 1966年10月11日
中央委員会総書記(1966–2011)
1 金日成
(1912–1994)
Kim Il Sung Portrait-2.jpg 1966年10月11日 1994年7月8日
- 空席 1994年7月8日 1997年10月8日
2 金正日
(1941–2011)
Kim Jong il Portrait-2.jpg 1997年10月8日 2011年12月17日
- 空席 2011年12月17日 2012年4月11日
第一書記(2012–2016)
1 金正恩
(1984–)
Kim Jong-un at the Workers' Party of Korea main building.png 2012年4月11日 2016年5月9日
委員長(2016–2021)
1 金正恩
(1984–)
Kim Jong-un at the Workers' Party of Korea main building.png 2016年5月9日 2021年1月10日
中央委員会総書記(2021–)
3 金正恩
(1984–)
Kim Jong-un at the Workers' Party of Korea main building.png 2021年1月10日

第7期党中央委員会委員構成[編集]

※2016年5月9日(朝鮮労働党第7次大会終了)時点[2]

最高指導者[編集]

政治局[編集]

中央政務局[編集]

中央軍事委員会[編集]

中央委員会部長[編集]

金己男李洙墉金平海呉秀容金英哲李万建李日煥安正秀李哲万崔相建李永来金正任金仲協金万成金勇帥

労働新聞[編集]

中央検閲委員会[編集]

中央検査委員会[編集]

中央委員[編集]

第7次党大会において以下の129人が中央委員会委員に選出された[3]

金正恩金永南黄炳瑞崔竜海朴奉珠金己男崔泰福李勇武呉克烈李明秀姜錫柱[4]郭範基呉秀容金英哲楊亨燮金元弘金平海朴永植盧斗哲崔富日趙延俊金勇進任哲雄金徳勲李武栄李哲万李日煥李万建安正秀崔相建李永来金正任金仲協金万成洪仁範金慶玉李在一崔輝李炳鉄金勇帥趙永元李英植金与正洪承武朴道春金永春玄哲海李永吉徐洪燦金正覚努光鉄金正官尹東弦金炯龍趙南進廉哲成趙慶哲朴正天尹英植金洛兼李勇柱崔永鎬魏成日方斗燮李成国楊東勲李泰燮朴寿日金相竜金今哲金英福金明男金松哲李昌漢韓昌淳尹正麟金城徳李勇煥盧慶駿崔永林洪仙玉金永浩趙春竜金鉄万李洙墉金萬寿張赫董正浩李竜男金勝斗張基浩張徹金貞淑金桂冠金東日張昌河李弘燮李容浩朱英植全勇男張炳奎張正男姜弼勲金秀吉朴泰成姜陽貌金能五朴英浩朴泰徳金才龍朴正南全承勲金成日李相元林景万太鐘守、李光哲、全景善、呉文賢、朴重根、崔英徳、李忠植、高炳賢、李鳳徳、鄭仁国、崔明哲、太炯哲洪舒憲全日浩

中央委員候補[編集]

第7次党大会において以下の106人が中央委員会委員候補に選出された[3]

全日春金成男鄭明鶴金熙澤姜冠日、金勝淵、金炳浩、金正植、尹東哲、董永日、韓光相崔斗勇、李鳳春、宋錫元、姜淳南、宋英健、高明洙、金光秀、許成日、李英哲、李徹、金光赫、許永春、孫哲柱、張東雲、車慶日、呉琴鉄金明植康基燮李国俊、宋駿渉、文明学金勇光姜宗官李学哲李春三高吉善韓竜国李鍾国金在成金光哲権成浩崔日龍趙英哲姜英哲奇光浩金京準姜英秀文応兆姜河国朴春南李宗茂李忠吉金千均王昌玉、柳哲宇、白峰善、朴元学、李慧正安東春、李川花、黄順姫朱奎昌、金斗日、姜鳳勲、李承浩、朱永吉李明吉金正順姜允石、申運学、金亨俊、池在竜、車熙林姜炯奉金栄哲、金東日、尹在学、朴昌範、咸世鎮、呉春英、車鎮順、崔鳳浩、鄭夢弼、李昌吉、張敬哲、李成権、楊勝虎、宋広哲、趙賢文、金忠傑、韓成南、宋基哲、崔燦乾、金光南、明松哲、林春成、李亨根、張明学、金勝日、鄭日万、金明植、金哲洙、明善英、許光日、李民哲

第7期党中央委員会委員の変動[編集]

第7期党中央委員会第2回総会補選委員[編集]

第7期党中央委員会第2回総会(2017年10月7日開催)で補選されたメンバーは以下の通り[1]

第7期党中央委員会第3回総会補選委員[編集]

第7期党中央委員会第3回総会(2018年4月20日開催)で補選されたメンバーは以下の通り[5]

  • 政治局員金正覚
  • 中央委員(中央委員候補からの昇格):申英哲孫哲珠張吉成金成男
  • 中央委員(補選):キム・ジュンソン、金昌善鄭英国、リ・ドゥソン
  • 中央委員候補李善権、ホン・ジョンドゥク、ソク・サンウォン、張吉龍朴勲、コ・ギチョル、アン・ミョンゴン、コ・ミョンチョル、キム・ソンウク、ホン・マンホ、キム・チョルハ、キム・ヨング、キム・チョルリョン、金日国
  • 党中央検査委員会委員:コ・チョルマン、チェ・ソングン

第7期党中央委員会第4回総会補選委員[編集]

第7期党中央委員会第4回総会(2019年4月10日開催)で補選されたメンバーは以下の通り[6]

第7期党中央委員会第5回総会補選委員[編集]

第7期党中央委員会第5回総会(2019年12月28日から12月31日まで開催)で補選されたメンバーは以下の通り[8]

第8期党中央委員会委員構成[編集]

※2021年1月11日時点[10]

最高指導者[編集]

政治局[編集]

書記局(秘書局)[編集]

中央軍事委員会[編集]

中央委員会部長[編集]

担当部局は以下の通り[13][注釈 1]

部局 部長 就任 退任
宣伝扇動部英語版 朴泰成 2021年1月10日 現職
勤労団体部 李日煥 2021年1月10日 現職
組織指導部 金才龍 2021年1月10日 現職
軍政指導部 呉日晶 2021年1月10日 現職
規律調査部 朴太徳 2021年1月10日 現職
国際部 金成男 2021年1月10日 現職
幹部部 許哲万 2021年1月10日 現職
法務部 金享植 2021年1月10日 現職
軽工業部 朴明順 2021年1月10日 現職
農業部 李哲万 2021年1月10日 現職
軍需工業部 強純男 2021年1月10日 現職
統一戦線部 金英哲 2021年1月10日 現職
財政経理部 金勇帥 2021年1月10日 現職
経済部 金頭日 2021年1月10日 2021年2月11日
呉秀容 2021年2月11日 現職
担当部局不明 崔輝 2021年1月10日 現職
李斗星 2021年1月10日 現職
金世福 2021年1月10日 現職
朴正男 2021年1月10日 現職
李頭城[14] 2021年4月11日 現職

労働新聞[編集]

  • 責任主筆:朴英敏

中央検査委員会[編集]

  • 委員長鄭尚学
  • 副委員長朴太徳李煕用
  • 委員:李京哲、朴光植、朴光雄、全太宗、鄭仁哲、金成哲、張企虎、姜潤石、禹尚哲、張光峰、金光哲、呉東日

中央委員[編集]

第8次党大会において以下の138人が中央委員会委員に選出された[10][15]

金正恩崔龍海李炳哲金徳訓金才龍李日煥崔輝朴太徳金英哲許哲万、金亨植、朴明順崔相建呉日晶金勇帥申龍萬、全賢哲、趙甬元李煕用朴泰成金与正李英植金成男洪承武、張光明、崔東明鄭尚学、朴成哲、李京哲、安金哲、玄松月金炳鎬、張龍植、金兆国、朴光植、金成基、朴光雄、金正植趙永哲、金世福、朴正男、金成哲、鄭仁哲、全太秀、朴英敏、馬宗善、太亨徹高吉先、呉東日、楊勝虎呉秀容金栄歓金頭日、李在南、文景徳李哲萬、朴昌浩、姜峯訓金賛三、李正南、李太日、申永鉄、張英鹿、林景萬李善権全学哲金忠傑姜宗官、金正南、朴勲李成鶴宋春燮李忠吉金承進金京準金承斗、張企虎、朴正根、張春城、金成龍、金有日、李永吉鄭京擇張正男金光哲、張光峰、姜潤石、禹尚哲、張昌河李弘燮、姜京浩、林英鉄、沈紅賓、金金哲、朱哲奎、尹材革、朴文好、金順哲、劉進、姜学鉄、李勇憲、金光男、韓永日、金哲夏、李光哲、努光鉄全日好、李国哲、崔炳完、朴正天金秀吉金正官趙慶喆方頭燮林光日、権泰英、強純男徐洪燦権英進、李斗星、朴永日、金明食金光赫金正吉朴寿日崔頭用、韋成日、朴光柱、李泰燮、崔春吉、朴名帥、宋永健、李永哲、金永福、李逢春、崔光日、松碩元、霍昌植、韓順哲

中央委員候補[編集]

第8次党大会において以下の111人が中央委員会委員候補に選出された[10][15]

金銅日、李成峰、池明俊、李継奉、李龍男金哲秀韓龍国王昌旭、李錟、康鉄苟金日国、蔡成学、李哲山、崔善姫、趙英徳、李燦華、金基龍、徐虎元、尹正虎、任景栽、朱勇日、朴赫哲、李赫権、張京日、陳錦松、金忠誠、崔京哲、南哲光、高正范、徐鐘進、金英植、沈勝健、康権日、承正奎、朴哲民張春憲、朴仁哲、韓鐘革、申紅哲、李星烈、崔希太、姜炯峰、金英哲、李兄根、朴万浩、李成国、申昌日、呉慶龍、桂明哲、朴明善、朴鐘虎、金英南、張峻募、李勝虎、崔明秀、申明仙、金進勇、李航杰、韓万興、楊明哲、金光福、宋承哲、呉春英、咸勢真、金賢一、玉勇秀、李正吉、李昌吉、崔成男、安福万、崔長日、高明哲、張敬鉄、韓明秀、金鮮旭、崔升龍、盧益、鄭延学、崔東賢、徐元吉、金永哲、咸南赫、韓成男、金光英、明松哲、洪万浩、泰真赫、李慶日、金明赫、金亨范、金勇九、金秀男、李成道、呉琴鉄、文正雄、崔京鉄、康善、金光旭、許光日、朴志民、金正鉄、李敏哲、閔喜福、李慶天、高名帥、金学哲、金柱三、金春橋、金勇浩、林光雄、金福男

第8期党中央委員会委員の変動[編集]

第8期党中央委員会第2回総会補選委員[編集]

第8期党中央委員会第2回総会(2021年2月8日から11日まで開催)で補選されたメンバーは以下の通り[16][17]

  • 政治局員李善権
  • 政治局員候補金成男
  • 党中央委員会書記(秘書)兼経済部長呉秀容
  • 中央委員(中央委員候補からの昇格):金銅日、金英南、金哲秀
  • 中央委員候補:洪赫哲、李京浩、崔永進、龍君哲、鄭西哲

委員会から与えられる勲章[編集]

  • 労力英雄
  • 功勲体育員
  • 人民俳優
  • 功勲俳優

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 朴泰成、李日煥の役職については英語版記事を参照。

出典[編集]

  1. ^ a b “朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会に関する報道”. わが民族同士(日本語版). (2017年10月8日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=6326 2021年1月10日閲覧。 
  2. ^ 朝鮮労働党第七届中央委員会第一次全体会議公報 2016-05-10 労動新聞 Archived 2016年5月10日, at the Wayback Machine.
  3. ^ a b 「朝鮮労働党第7回大会公報」 (朝鮮語) 『労働新聞』 、2016年5月10日。 オリジナルの2018年8月6日時点によるアーカイブhttp://web.archive.org/web/20180806180158/http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-05-10-0006 
  4. ^ 2016年5月20日、食道がんで死去。“北朝鮮 対米交渉担当、外交の司令塔の姜錫柱氏死去76歳”. 毎日新聞. (2016年5月21日). http://mainichi.jp/articles/20160521/k00/00e/030/143000c 2016年5月21日閲覧。 
  5. ^ 金正恩委員長の指導の下に朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会が行われる - 2018年4月21日、朝鮮中央通信
  6. ^ 朝鮮労働党中央委員会第7期第4回総会に関する報道 – 朝鮮中央通信、2019年4月11日配信。
  7. ^ 북한, 노동당 상무위 `김정은·최룡해·박봉주` 3인 체제 구축(北韓(北朝鮮)、労働党常務委 '金正恩・崔龍海・朴奉珠' 3人体制の構築) 毎日経済 2019年4月14日
  8. ^ 朝鮮労働党中央委第7期第5回総会に関する報道 – 朝鮮中央通信、2020年1月1日配信。
  9. ^ 党序列3位の朴奉珠副委員長は総会最終日の記念写真場面のみ出席。車椅子姿で金正恩の右隣に着席していた。
  10. ^ a b c “조선로동당 제8차대회 공보(朝鮮労働党第8回大会の公報)”. 労働新聞朝鮮語版). (2021年1月11日). オリジナルの2021年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/McftD 2021年1月11日閲覧。 
  11. ^ “北朝鮮 ナンバー2の「第1書記」ポスト新設=金正恩氏最側近が就任か”. 連合ニュース. (2021年6月1日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210601001800882 2021年6月1日閲覧。 
  12. ^ “사회주의건설의 지역적거점들을 강화하기 위한 중요한 전환의 계기 제1차 시, 군당책임비서강습회 개강 조선로동당 총비서이신 경애하는 김정은동지께서 개강사를 하시였다(社会主義建設の地域拠点を強化するための重要な転換の契機 第1次市・郡の責任秘書講習会開講 朝鮮労働党総書記である敬愛する金正恩同志が開講の辞を述べた)”. 労働新聞. (2021年3月4日). オリジナルの2021年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/6pBMH 2021年3月4日閲覧。 
  13. ^ Press release of First Plenary Meeting of Eighth WPK Central Committee issued(朝鮮労働党第8期中央委員会第1回全体会議公報)”. The Pyongyang Times (2021年1月11日). 2021年1月20日閲覧。
  14. ^ “경애하는 김정은동지께서 우리 당과 국가의 최고수위에 높이 추대되신 9돐을 맞으며 중앙사진전람회 개막(敬愛する金正恩同志がわが党と国家の最高首位に推戴されてから9周年を迎えて 中央写真展覧会が開幕)”. 労働新聞. (2021年4月12日). オリジナルの2021年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/COybl 2021年5月14日閲覧。 
  15. ^ a b “朝鲜劳动党第八次代表大会公报(朝鮮労働党第8回大会の公報)”. 労働新聞中国語版). (2021年1月11日). オリジナルの2021年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/AXQF8 2021年1月11日閲覧。 
  16. ^ 「国営企業を不法な金儲けへ進ませる」金正恩氏、経済計画を辛辣に批判”. デイリーNKジャパン (2020年2月12日). 2020年2月26日閲覧。
  17. ^ “党大会の決定貫徹の初年の進軍を誇るべき革新と前進で輝かせよう 朝鮮労働党中央委員会第8期第2回総会に関する報道”. わが民族同士(日本語版). (2021年2月13日). オリジナルの2021年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/xDCSY 2021年2月26日閲覧。 

関連項目[編集]