朝鮮文化に対する中国の影響

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国の学者箕子は古代朝鮮に文化をもたらした。

朝鮮文化に対する中国の影響(ちょうせんぶんかにたいするちゅうごくのえいきょう)では、漢字儒教政治文化社会文化など数多の領域にわたる朝鮮文化に対する中国の影響について概説する[1]。例えば、李能雨(淑明女子大学教授)など韓国人自身も、「隣接する大国である中国文化から韓国文化が莫大な影響を受けてきたことは、周知の事実である」と韓国文化に対する影響を認めている[2]

概略[編集]

朝鮮は有史以来「強大な中国の影響力にさらされ」てきた[3]。例えば、ヒストリーチャンネルは、朝鮮の歴史全体が「日本と中国の従属国」であり、「朝鮮は朝鮮の全ての歴史をひっくるめて中国と日本から強力な影響を受けた国家(Chinese and Japanese influences have been strong throughout Korean history)」であり、「丙子胡乱以後は中国の植民地になり、外国との接触を絶って隠遁の王国に転落した」と紹介されたことがある[4]エンサイクロペディア、世界最大教育サイト・ファクトモンスター、インフォプリーズ、レファランス・オールリファー、コロンビア大学百科事典などの教育サイトは、「朝鮮は全歴史を通じて中国と日本から強い影響を受けた」と紹介している[5]。また、ジョンズ・ホプキンス大学で開催された公演では、韓国のアリラン韓服が、中国文化として取り上げられたことがある。公演の冊子には、中国の少数民族とともに韓服やハングルの写真も印刷され、「朝鮮民族の文化は、中国少数民族の文化として中国政府の保護を受けている。中国政府により中国内の少数民族は発展している」と記述されている[6]

小中華思想とオリエンタリズム[編集]

朝鮮人にとって中国は憧れの対象であり、そのことから自らを中国に次ぐ文明国と見なす文化的優越意識を芽生えさせた[7]。これは中国に支配・服従させられた屈辱感だけでなく、中国に対する「あこがれや悲哀や妄念」をあらわす朝鮮人独特の感情・である[8]古田博司によると、朝鮮は有史以来「朝鮮はシナ家来(李朝の王はシナの皇帝に『臣李某』と書簡を送った)で弟子」であったが、それは文化にまで及び、国風文化の覚醒ができないほど、中国に仕えたのだという。これを孟子梁恵王篇の章句から事大主義といい、中国の子分であるために、周辺国にたいする侮蔑・虚栄・見栄が歴史的個性となり、これを小中華思想という[9]

一方で、外国人が朝鮮文化に対して抱く「朝鮮の文化は、中国の文化の巨大な影響を受け続けてきた」というのはオリエンタリズムという指摘がある。岡百合子によると、戦前の日本人学者は、朝鮮を「その国家は、常に侵略による隷属と被支配のくり返しであって独自に発展することはなかった」と主張しており、朝鮮に青銅器鉄器の自生が存在しないという見解や「朝鮮には独自の文化はなく、すべて外部から流入したものである」という見解は、戦前に日本人学者によって提出されたという[10]。例えば、現代では中西輝政は、「韓国はそんな大陸性文明の極致である中華思想の縁辺にあって、属国として虐げられた歴史を歩んできた。悲惨な韓民族の心を支えてきたのが『中華文明に属さない日本のほうが野蛮だ』という差別感である」と言っている[11]

外国人が見た朝鮮文化に対する中国の影響[編集]

朝鮮の文化は、中国の巨大な影響を受けているため、外国人からは、「朝鮮の文化は独自性がない」という風に、朝鮮と中国が差異なく見えるという指摘があり、例えばハンティントンは『文明の衝突』において、朝鮮を中国の文明に抱含させている[1]黄文雄によると、中国人からすれば、朝鮮は漢四郡時代から中国の一部であり、朝鮮は外様大名程度としか見られておらず、そもそも「朝鮮をつくったのは中国人の箕子」だと中国人は考えており、例えば、蒋介石太平洋戦争後の対日処理を協議した1943年11月カイロ会談の席上、ルーズベルト大統領に朝鮮の返還を要求して拒否されたという。これに対して朝鮮人は、中国への編入を「小中華」から「大中華」への昇格だと喜び、恩恵と謝恩を感じており、なかでも中国人になりたくてもなれなかった中国かぶれの小中華主義者にとっては願ってもない恩寵だったという[12]黄文雄によると、朝鮮半島は、モンゴル女真日本など、陸からも海からも常時侵略され、朝鮮人は、「1000回侵略されてもすべて撃退した」という自慢話は、夜郎自大であり、歴史の真実ではなく、侵略されると即座に、臣服・属国となり、中国の1000年属国であり続け、独自の文化を創出して、世界文化に影響を与えたことすらなく、19世紀の世界的秘境として最後に残ったのは、朝鮮半島だけであり、朝鮮人が永く朝鮮半島に縮こまってきたのは、常に己を小中華と決め込み大中華に事大していたからだという[13]

一例[編集]

  • アメリカ14州で教科書に採択しているホルト・ラインハルト&ウィンストン出版社「世界史、人間と国家」は、「中国の韓国統治は韓国文化にどのような影響を及ぼしたか」という回答を誘導[14]
  • 小中高の教科書と旅行関連書籍、マルチメディア教育用CDロムタイトルをアメリカ、オーストラリアニュージーランドインドドイツ南アフリカカナダに供給する世界最大規模の教科書出版社DK社が発行する教科書は、「韓国の公用語は中国語とハングル」と記述[15]
  • スペインの教科書は、ハングルを中国文字、韓国の人種を中国-モンゴル人種と記述して、スペイン、オーストリア、オランダ、カナダの教科書は、中国・日本・米国・旧ソ連の至大な影響の下、被侵の歴史で染み付いた弱小国としている[16]
  • アメリカの中学社会科教科書『世界地理』は、「韓国は中国の文字表記法を借用し、多くの中国の語彙を改造して使用した」と叙述しており[17]、韓国教育課程評価院のパク・ソンミ研究委員は「アメリカの教科書執筆者らが、韓国文化が中国文化圏に属しているという考えを持っているためであるようだ」だと指摘[17]
  • アメリカの教科書は、「朝鮮は独自の豊かな文化をもつ東アジアの国である。その長い歴史の大半を、朝鮮は周辺の大国に支配されてきた。なかでも中国や日本は頻繁に朝鮮を政治的に支配してその文化に影響をおよぼした。(中略)朝鮮半島の北方地域は、中国皇帝の領土となった。西暦1年ごろから900年まで朝鮮は三つの王国にわかれていた。中国の文化は朝鮮半島の北方にある王国に強い影響をおよぼした。この時期に仏教儒教、そして漢字が朝鮮半島に入ってきた。日本の文化は、南方にある二つの王国にたいして中国以上の影響をおよぼした。(中略)高麗の王たちは独自に朝鮮を治めていたが、モンゴル帝国朝貢しなければならなかった。(中略)朝鮮人は 、科挙制度をはじめさまざまな中国の文物を取り入れ、中国文化にのめりこんでいった。(中略)満州族の影響。朝鮮人は日本との戦いで疲弊した。その結果、1630年代、満州からきた新しい侵略者は全土をあっというまに征服した。李王朝の統治者は権力を維持したものの、満州族の政府に服属した。中国の満州族政府は日本の影響力が強まることを望まなかった。満州族は李王朝に対する統制をよりいっそう強固なものにしようとした。(中略)日清戦争終結後の1895年末、中国は朝鮮の独立を認めた。日本はこうして満州族の朝鮮支配を終焉させた。(中略)朝鮮は第二次世界大戦で日本帝国が敗れる1945年まで独立できなかった。現在も朝鮮は、中国、日本、アメリカのような大国の影響下から抜け出せずにいる」と記述[18]
  • 中国語を使用している国家」(ウルグアイの教科書)[19]
  • 「韓国は中国語使用地域」(アルゼンチンの教科書)[20]
  • 「韓国の宗教は儒教」「公用語は中国語と日本語」(クウェートの教科書)[21]
  • 中国吉林省集安市博物館の高句麗の説明文は、「高句麗は中国古代に存在した北東地方の少数民族政権のひとつ」と書いてあり[22]、案内員は高句麗の遺物を説明する際、中国文化への隷属性を強調し、「当時中原で使われた硬貨がここで発掘されました。高句麗が中国の一部であった証拠です」と説明している[22]

脚注[編集]

  1. ^ a b 金光林「中韓両国の歴史・文化摩擦に対する文明史的考察」『新潟産業大学人文学部紀要』No.20、2008年10月
  2. ^ 訳注 中国小説類の韓来記事」『言語文化論究5』1994-03-30. 九州大学言語文化部、p167
  3. ^ 稲田清英記者『朝日新聞2010年3月3日
  4. ^ 「ヒストリーチャンネル、韓国史 間違いだらけ」<バンク>連合ニュース2004年7月25日
  5. ^ 잃어버린 '고구려 137년·신라 407년' 찾았다中央日報2007年10月1日
  6. ^ 「朝鮮民族は中国の少数民族」米国の中国文化公演で物議サーチナ2010年11月4日
  7. ^ 宮家邦彦「中国とモンゴル:中国を毛嫌いするモンゴル人 DNAに記録された蛮行の歴史〜中国株式会社の研究(102)『JBpress2011年3月18日
  8. ^ 宮家邦彦「中国と朝鮮半島:愛憎の2000年史 女スパイに右往左往する韓国〜中国株式会社の研究(101)」『JBpress2011年3月11日
  9. ^ 古田博司「日韓併合から百年」『正論2010年4月
  10. ^ 岡百合子『アジアの近代と歴史教育』未来社1991年、ISBN 978-4624111342 p128
  11. ^ 週刊文春2006年5月4・11日号 176頁
  12. ^ 黄文雄 『韓国は日本人がつくった――朝鮮総督府の隠された真実』 徳間書店2002年、49-50頁。ISBN 4198615063。
  13. ^ 別冊宝島『嫌韓流の真実』2005年、ISBN 978-4796649735 p79
  14. ^ バンク、「米国教科書の試験問題も韓国史歪曲」連合ニュース2004年3月19日
  15. ^ 「世界最大級の英出版社、東海を日本海と誤記」『朝鮮日報2004年9月15日
  16. ^ 一部のヨーロッパ国家教科書、韓国歴史歪曲記述中央日報1999年1月24日
  17. ^ a b 米教科書にも韓国関連誤記多い朝鮮日報2001年8月10日
  18. ^ 金完燮『親日派のための弁明』草思社2002年 ISBN 978-4794211521
  19. ^ "`한국은 중국어 사용국'..외국교과서 오류투성이"連合ニュース2008年10月7日
  20. ^ 国民は栄養失調?使用言語は中国語?ポルトガルの植民地?海外教科書に描かれた「韓国」―韓国紙レコードチャイナ2009年10月16日
  21. ^ 世界のから見た「韓国」は間違いだらけ? 誤記載された外国教科書の展覧会が開催韓フルタイム 2010年2月22日
  22. ^ a b 「【ルポ】中国集安は今高句麗史歪曲中」『朝鮮日報2004年7月30日

関連項目[編集]