朝鮮民主主義人民共和国のインターネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朝鮮民主主義人民共和国のインターネット(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのインターネット)では、朝鮮民主主義人民共和国インターネット事情について述べる。

概要[編集]

かつて世界で唯一インターネットに接続していないとまで言われていたが、積極的にIT事業を推進している[要出典]。政府が情報操作を行っているため国際接続は非常に限られている。なお、政府はネナラというポータルサイトを開設している。北朝鮮には4本のインターネットの公式回線があり、全て中華人民共和国の国有企業である中国聯合通信(チャイナユニコム)を経由してきたが[1]、国際社会の制裁に同調する中国によるネット遮断が懸念された2017年からはロシアの通信最大手トランステレコムもネット接続サービスを提供し始めている[2]

プロバイダ平壌電話局が行っており、電話線による接続と光ファイバーケーブルによる接続の両方が可能である。インターネットの普及度は都市部を中心に高まっており、サイトも次々開設している[要出典]。平壌都心にはインターネットカフェが存在する[要出典]。 また、北朝鮮のネットワーク環境は安定とは言えなく、国外への接続は脆弱性が多いとネット先進国は見解を示している。

2010年10月10日に平壌で開催された軍事パレードでは、海外メディア向けプレスセンターにインターネット回線が用意され話題となった[3]

また、韓国企業が進出している開城工業地区では、2013年中にインターネットが利用できるようにすることで南北が合意した[4]

国内向けイントラネット『光明』[編集]

国内向けのイントラネットはインターネットよりも早くから整備されており、「光明」(광명)と呼ばれている[5]労働新聞などのニュースサイトやショッピングサイト、電子掲示板チャット電子図書館電子メールゲームサイト、検索エンジンなどが運営されている。

回線速度は100Mbpsで、チャイナテレコムと平壌電話局が共同で運営している。「光明」もダイヤルアップ接続光ケーブル接続が可能である。

韓国による「親北」サイトの遮断[編集]

国家保安法の規定に基き、韓国政府は親北のサイトとみなしたサイトを韓国国内からアクセスできないようにしている[6]

遮断サイト[編集]

日本にサーバを置くサイトが多い。

脚注[編集]

  1. ^ “北朝鮮のインターネットが接続不能に アメリカのサイバー攻撃の可能性も” (日本語). ハフィントン・ポスト. (2014年12月13日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/22/north-korea-syber-atack_n_6369946.html 2017年10月2日閲覧。 
  2. ^ “ロシア通信大手、北朝鮮にネット接続提供” (日本語). ロイター. (2017年10月2日). https://jp.reuters.com/article/38-north-russia-north-korea-idJPKCN1C712G 2017年10月2日閲覧。 
  3. ^ “クローズアップ2010:北朝鮮、閲兵式に外国メディア95人 開かれた世襲、演出” (日本語). 毎日新聞. (2010年10月10日). http://mainichi.jp/select/world/news/20101011ddm003030093000c.html 2010年10月15日閲覧。 
  4. ^ “開城工団:今年中にネットや携帯が利用可能に” (日本語). 朝鮮日報. (2013年9月12日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/12/2013091200480.html 2013年9月14日閲覧。 
  5. ^ “North Korea Today 科学技術情報奉仕体系『光明』設定資料(日本語訳)” (日本語). http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=28&Itemid=27 2011年12月3日閲覧。 
  6. ^ 韓国情報通信部によるアクセス遮断「親北サイト」 North Korea Today

関連項目[編集]