朝鮮総督府中枢院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朝鮮総督府中枢院(ちょうせんそうとくふちゅうすういん)は、1910年9月30日付で公布され、10月1日付で施行された「朝鮮総督府中枢院官制」(明治43年勅令第355号)によって設置された、日本統治時代朝鮮総督府の諮問機関。

1910年12月12日に「朝鮮総督府中枢院議事規則」が制定され、1918年1月19日には「朝鮮総督府中枢院事務分掌規程」が制定・公布された。

概要[編集]

議長には政務総監があてられた。1910年の設立時には、副議長に金允植、顧問には李完用朴斉純高永喜趙重応李址鎔権重顕、李夏栄、李根沢宋秉畯、任善準、李載崑、李根湘、李容稙、趙羲淵がそれぞれ任命された。

また参議(勅任官または奏任官相当)、事務方として書記官長(勅任官)と書記官が置かれた。

2002年に発表された親日派708人名簿に中枢院関係者が含まれ、2005年民族問題研究所で親日人名辞書に収録する為に整理した親日人名辞書収録予定者名簿にも、335人の中枢院関連者が選定された。

書記官長[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1557号、大正6年10月9日。
  2. ^ a b 『官報』第2114号、大正8年8月21日。