木の花ドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木の花ドーム
Konohana Dome
Konohana dome.JPG
施設データ
所在地 宮崎県宮崎市大字熊野藤兵衛中洲無番地(宮崎県総合運動公園内)
座標 北緯31度49分15.3秒
東経131度26分55.7秒
開場 2004年
所有者 宮崎県
管理・運用者 財団法人宮崎県スポーツ施設協会
グラウンド 内外野:人工芝
照明 あり
収容能力
グラウンドデータ

木の花ドーム(このはなドーム)は、宮崎県宮崎市宮崎県総合運動公園内にある木造ドーム。名称は立地場所である木花の地域名と日本神話木花之開耶姫にちなんでつけられた[1]。多目的施設として使用され、読売ジャイアンツのキャンプ時には雨天時練習場としても使用されている[2]

2014年10月1日より5年間、宮崎県総合運動公園が霧島酒造命名権の契約を締結したのに伴い、本施設も「KIRISHIMA木の花ドーム」の名称となっていた。

施設概要[編集]

  • 楕円形122m×102.5m
  • 高さ38m
  • 延べ床面積 11463m2

木造ドームとしては国内第三位の規模を誇り、宮崎県を約7400本相当使用している[3]。軟らかい材質の杉材を用いたドームとしては日本最大である[4]。軟らかい杉は通常のねじでは緩んでしまうため、杉の固定にはねじを用いず、杉に小さな穴をあけ、その直径よりやや大きい鉄の棒で木材を固定する「木殺し」という技術を用いている[4]。全面人工芝敷き。完成は2004年

利用形態[編集]

ソフトボール、軟式野球、硬式野球、サッカー、フットサル、ゲートボール、コンサート、展示会など。読売ジャイアンツの春季キャンプでは、雨天時にサンマリンスタジアムひむかスタジアムで練習が出来ない場合に備えての予備会場として使っている。またアリーナ内には軟式野球とサッカー・ラグビーに対応したスコアボードパネルが設置されている。

脚注[編集]