木ノ本嶺浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きのもと みねひろ
木ノ本 嶺浩
木ノ本 嶺浩
本名 木ノ本 嶺浩
生年月日 (1989-11-22) 1989年11月22日(31歳)
出生地 日本の旗 日本滋賀県
身長 175 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2007年 -
事務所 ヴィレッジエンターテイメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーW
テンプレートを表示

木ノ本 嶺浩(きのもと みねひろ、1989年11月22日[1] - )は、日本俳優である。滋賀県大津市出身。本名同じ。ヴィレッジエンターテイメント所属。以前はJVCエンタテインメントに所属していた。

略歴[編集]

2006年、第19回ジュノンスーパーボーイコンテストにて、審査員特別賞を受賞。2008年、テレビドラマ『貧乏男子 ボンビーメン』で俳優デビューした。

2010年1月から8月まで平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にて照井竜 / 仮面ライダーアクセル役を演じる。2011年に同作品のスピンオフ映画『仮面ライダーアクセル』で映画初主演も果たした[2]

人物[編集]

  • 趣味は音楽鑑賞[1]。特技は空手、陸上競技[1]。資格は日商簿記(2級)・全商簿記(1級/会計部門)[1]
  • 地元滋賀県にあり、同じ名前の木ノ本駅(長浜市)を気に入っている[3]
  • カラオケの十八番は徳永英明の「Rainy Blue」。
  • 「自分を変えた言葉」は「夢物語も思い続ければそれはやがて現実になる」とのこと[4]

エピソード[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

雑誌[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

舞台[編集]

  • トライフルエンターテインメント『コカンセツ!〜再演〜』(2011年9月21日 - 25日、天王洲銀河劇場
  • 『ドリームジャンボ宝ぶね〜けっしてお咎め下さいますな〜』(2013年1月6日 - 13日、青山劇場 / 2013年1月26日、梅田芸術劇場) - 山内容堂
  • 『刑事・ル』(2013年7月10日 - 19日、全労済ホールスペース・ゼロ
  • 『新年工場見学会2014』(2014年1月2日 - 4日、アトリエヘリコプター)
  • 『僕等の図書室3〜みんなで読書会〜』(2014年5月3日 - 4日、銀座ブロッサムホール・2014年5月6日、シアター・ドラマシティ
  • 『ギャングアワー』(2014年9月30日 - 10月5日、新宿シアターモリエール) - 田中 役
  • 『聖☆明治座・るの祭典〜あんまりカブると怒られちゃうよ〜』(2014年12月19日 - 23日、明治座 / 12月27日、梅田芸術劇場) - 竹中半兵衛 役
  • 木ノ本嶺浩一人芝居『芥川龍之介の恋』(2015年8月1日 - 2日、JZ Brat SOUND OF TOKYO〈セルリアンタワー東急ホテル2F〉)
  • 『晦日明治座納め・る祭〜あんまり歌うと攻められちゃうよ〜』(2015年12月29日 - 31日、明治座 / 2016年1月16日、梅田芸術劇場) - ヨン 役
  • 東京マハロ 第16回公演『そして友は二度死んだ』(2016年4月30日 - 5月8日、赤坂RED/THEATER)
  • 方南ぐみ企画公演 朗読劇『逢いたくて…』(2016年5月14日、シアターサンモール
  • 東京マハロ 第17回公演『女子穴』(2016年7月6日 - 13日、赤坂RED/THEATER)
  • 『僕等の図書室 特別授業』(2016年12月24日 - 12月27日、12月31日、有楽町朝日ホール、サンケイホールブリーゼ)
  • SHATNER of WONDER #6『遠い夏のゴッホ』(2017年7月14日 - 23日、天王洲 銀河劇場) - ホセ 役
  • ラ・セッテ×イヌッコロ コラボ公演『まわれ!無敵のマーダーケース』(2017年10月12日 - 22日、サンモールスタジオ)- 藤澤 役
  • 『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』(2017年12月28日 - 31日、明治座 / 2018年1月13日、梅田芸術劇場) - 伊達成実
  • ラ・セッテプロデュース『ギャングアワー』(2018年3月13日 - 18日、赤坂RED/THEATER) - 田中 役
  • 『白痴』(2018年3月28日 - 4月1日、CBGKシブゲキ!!) - 気違い 役
  • 気晴らしBOYS第9回本公演『ふらちな侍』(2018年5月9日 - 13日、池袋あうるすぽっと)
  • 『歳が暮れる・YO 明治座大合戦祭』(2018年12月28日 - 31日、明治座 / 2019年1月19日、梅田芸術劇場) - 村上義清
  • LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜』(2019年6月6日 - 9日、品川プリンスホテル ステラボール / 6月15日 - 16日、森ノ宮ピロティホール)
  • 『明治座の変~麒麟にの・る』(2019年12月28日 - 31日、明治座) - 木下秀吉 役
  • 『る・ぽえ』(2020年1月25日 - 2月2日、新国立劇場小劇場) - 萩原朔太郎 役
  • 7BOX『クイーンズ・スケッチ』(2020年9月16日 - 24日、CBGKシブゲキ!!) - ハンプティ(原重文) 役

ラジオ[編集]

  • 木ノ本の金曜日(2012年4月6日 - 12月28日、WALLOP放送局)

ゲーム[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • 『I for you〜毎日がクリスマスイヴ〜』4 you(2012年12月12日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 木ノ本 嶺浩 - ヴィレッジ エンターテイメント
  2. ^ 俳優 木ノ本嶺浩さん|滋賀県ホームページ 2012年3月1日
  3. ^ 2010年4月13日ブログ記事より
  4. ^ 『仮面ライダーW キャラクターブック 2』より[要ページ番号]
  5. ^ 『HERO VISION』Vol.35掲載のインタビューより[要ページ番号]
  6. ^ 宇宙船』2010年4月号より[要ページ番号]
  7. ^ a b 宇宙船』vol.151(2016 WINTER)、ホビージャパン、2015年12月29日、 pp.48-49、 ISBN 978-4-7986-1147-1。
  8. ^ a b 仮面ライダーゲイツのスピンオフ 2号ライダーのレジェンド3人が復活”. ORICON NEWS. 2019年10月6日閲覧。
  9. ^ “劇場版『仮面ライダーW』YouTubeで1ヶ月無料配信”. ORICON NEWS. (2019年4月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2134491/full/ 2021年3月3日閲覧。 
  10. ^ “「日本の正月は仮面ライダーが守る!」3大ライダー共演にちびっ子ら熱狂”. ORICON NEWS. (2010年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/82842/full/ 2021年3月3日閲覧。 
  11. ^ CHARACTER”. 仮面ライダー バトライド・ウォー 創生 公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2016年1月8日閲覧。