木ノ葉のこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

木ノ葉のこ(このはのこ、1955年9月26日 - )は、日本女優。名前は逆さに読んでも「このはのこ」となる回文東京都中央区出身[1]日本大学芸術学部卒業[1]

来歴・人物[編集]

金曜10時!うわさのチャンネル!!』(日本テレビ)でデビュー[1]。以後1970年代後半からバラエティや芝居に活躍した。 26歳の頃、所属していた事務所から独立したものの仕事に行き詰まり、そのストレスから摂食障害(主に拒食)に陥った。これではいけないと一念発起して食生活の改善を図るべく食に関する勉強をした。しかし元来の真面目な性格が仇となり、今度は食材や調理こだわりすぎ、他人の作った食事には疑念から一切手を付けることが出来なくなった。152センチともともと小柄で細身だった体はますます痩せていき、体重は30キロまで落ちて生理も止まってしまう。倦怠感や意欲低下も著しく、十分な演技を行うだけの体力も集中力も保てなくなった。20代後半とまだ若かったが、医師からは更年期障害の診断が下され、1990年代の前半に一旦芸能活動を休止する。生活と健康を立て直すため実家に戻り、母親の作る手料理で心身共に回復した(これらの経験を記した著書を2005年に上梓している)。 1988年、33歳で結婚。男児をひとり授かるも、1998年に離婚[2]。 所属事務所については、2013年12月にそれまでのエ・ネストから生島企画室に移籍したことを自身のブログで報告した[3]

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

情報番組、バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 私を救ってくれた小っちゃな幸せパワー 完璧な健康生活を求めて拒食症に!(2005年、コスミック出版)

歌唱[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1979年7月6日号 p.48「プロフィール」
  2. ^ 木ノ葉のこ 30キロになって生理止まるも生理戻ると恋愛欲求復活”. NEWSポストセブン (2010年9月30日). 2020年10月29日閲覧。
  3. ^ 新事務所の生島企画室!木ノ葉のこの体にいいこと 2013年12月12日。2014年2月14日閲覧