木下俊良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木下 俊良(きのした としよし、寛政7年9月5日[1]1795年10月17日) - 文化12年10月17日[1]1815年11月17日))は、豊後日出藩の第12代藩主[1]

第11代藩主・木下俊懋の次男[1]。母は側室のウメといわれている。正室は有馬頼貴の娘。官位は従五位下、佐渡守。

文化5年(1808年)2月15日、将軍徳川家斉に拝謁する。文化7年(1810年)3月10日、俊懋の隠居により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下・佐渡守に叙任する。文化12年(1815年)10月17日、21歳で死去し[1]、跡を弟の俊敦が継いだ。法号は徳充院殿秀山源英大居士。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 木下俊良』 - コトバンク