木下利潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木下 利潔(きのした としきよ、正徳元年(1711年) - 元文5年7月21日1740年8月13日))は、備中国足守藩の第6代藩主。足守藩木下家6代。

第4代藩主・木下利貞の次男・木下藤栄(はじめ金森姓)の三男。母は坪内定鑑の娘。正室は木下公定の養女(木下公福の娘)。子に木下利忠(長男)、本多成美(次男)、木下利春(三男)、娘(土方雄端正室)、娘(京極高久正室)、娘(石川総相正室)、娘(織田信之室)。官位は従五位下、式部少輔、美濃守。幼名は文治郎。

正徳元年(1711年)生まれとも、正徳3年(1713年)10月12日生まれとも言われている。享保12年(1727年)6月に先代藩主・公定の養嗣子となり、享保14年(1729年)5月2日の公定の隠居で跡を継いだ。

元文5年(1740年)7月21日に死去し、跡を長男の利忠が継いだ。法号は観光院殿性峯高潔大居士。墓所は京都市東山区高台寺の塔頭のひとつ円徳院岡山市北区足守の大光寺。