木下斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きのした ひとし
木下 斉
生誕 1982年????
日本の旗 東京都板橋区
出身校 早稲田大学政治経済学部
一橋大学大学院商学研究科
職業 投資家
社会起業家
まちづくり専門家
活動期間 1998年 -
肩書き 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事
熊本城東マネジメント代表取締役
内閣官房地域活性化伝道師、他
受賞 新語・流行語大賞
内閣総理大臣賞
商工総合研究所中小企業活動本賞
フジタ未来経営賞学生奨励賞、他
公式サイト エリア・イノベーション・アライアンス

木下 斉(きのした ひとし、1982年 - )は、日本社会起業家まちづくり専門家。一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事内閣官房地域活性化伝道師修士(経営学)。新語流行語大賞「IT革命」、咢堂ブックオブザイヤー2018等受賞。

人物・経歴[編集]

東京都板橋区出身。父は戸田市の元魚屋。板橋区立志村第五小学校、早稲田大学高等学院を経て、2005年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。2007年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、修士(経営学)。修士論文では産業論を研究。また、大学院在学中、経済産業研究所リサーチアシスタントや東京財団リサーチアソシエイトを務め、地域政策の調査研究にも従事[1][2][3][4][5]

高校1年次から早稲田商店会の商店街活性化に参画し、高校3年次の2000年、株式会社商店街ネットワーク取締役社長に就任。同年「IT革命」で新語・流行語大賞受賞。大学院修了後は、熊本の商店街活性化に携わり、2008年熊本城東マネジメント株式会社設立、同代表取締役。2009年一般社団法人まちづくり役場とくしま設立。同年一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス(AIA)設立、同代表理事。2010年内閣府政策調査員。一般社団法人公民連携事業機構理事、内閣官房地域活性化伝道師、東京大学建築学部非常勤講師中小企業基盤整備機構中心市街地活性化/商店街アドバイザー、グリーンバードエグゼクティヴアドバイザーなど歴任し、全国10か所以上の再生プロジェクトに関わる[6][7][8]

毎日新聞社フジタ未来経営賞学生奨励賞、商工総合研究所中小企業活動本賞、商工総合研究所中小企業懸賞論文準賞、パーソナルファイナンス学会懸賞論文奨励賞、早稲田大学学生文化賞等受賞[9]、咢堂ブックオブザイヤー2018などを受賞。中小企業庁新たな商店街政策の在り方検討会委員[10]総務省地域力創造アドバイザー、経産省タウンプロデューサー、都市再生機構まちづくり専門家、内閣官房ふるさとづくり有識者会議委員、地域総合整備財団地域再生マネージャー[11]等も務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『まちづくりの経営力養成講座』(学陽書房 2009年10月)ISBN 978-4313814189
  • 『稼ぐまちが地方を変える-誰も言わなかった10の鉄則-』(NHK新書 2015年5月)ISBN 978-4140884607
  • 『まちで闘う方法論』(学芸出版社 2015年5月)ISBN 978-4761513597
  • 『地方創生大全』(東洋経済新報社 2016年10月)ISBN 978-4492212257
  • 『福岡市が地方最強の都市になった理由』(PHP研究所 2018年2月)ISBN 978-4569837673
  • 『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』(ダイヤモンド社 2018年11月)ISBN 978-4478103906

共著[編集]

  • 風見正三山口浩平、他)『コミュニティビジネス入門―地域市民の社会的事業(第3、7講担当)』(学芸出版社 2009年10月)ISBN 978-4761524739
  • (広瀬郁)『まちづくり:デッドライン』(日経BP社 2013年4月)ISBN 978-4822274634
  • (馬場正尊、Open A、他)『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版社 2015年4月)ISBN 978-4761513481
  • 上念司)『地方は消滅しない!』(宝島社 2015年10月)ISBN 978-4800245533
  • 飯田泰之、川崎一泰、入山章栄林直樹熊谷俊人)『地域再生の失敗学』(光文社新書 2016年4月)ISBN 978-4334039158

脚注[編集]

  1. ^ 「木下斉氏「狂犬ツアー@立川」開催!」まちづくり立川
  2. ^ 「“高校生社長”の失敗から実践する地域再生のプロへ」伊賀泰代MY CHOICE
  3. ^ 「第1話」“高校生社長”の失敗から実践する地域再生のプロへ
  4. ^ 「第4話」“高校生社長”の失敗から実践する地域再生のプロへ
  5. ^ [1]
  6. ^ 「木下 斉(きのした ひとし)」地域の元気創造プラットフォーム
  7. ^ 「地域活性化伝道師プロフィール」首相官邸
  8. ^ 「第4話」“高校生社長”の失敗から実践する地域再生のプロへ
  9. ^ [2]日本プランニングアート
  10. ^ [3]中小企業庁
  11. ^ [4]ふるさと財団