木下源吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

木下 源吾(きのした げんご、1891年明治24年)8月8日 - 1965年昭和40年)11月26日)は、日本の参議院議員(2期)[1]

経歴[編集]

北海道出身。明治大学専門部中退。第7師団の御用商人としてシベリアに渡り、後に新聞記者となる。1925年、政治研究会旭川支部の結成に参加。1926年、旭川市会議員。労働農民党社会大衆党の中央委員を経て、1945年、日本社会党初代北海道委員長に就任。

1947年4月、第1回参議院議員通常選挙北海道選挙区から出馬して当選(任期3年)し、1950年の参院選でも再選されたが[1]1956年の参院選では社会党の公認争いから社党道連から除名処分を受け[2]ながら再選を目指すも落選に終わった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』291頁。
  2. ^ 『朝日新聞』1956年6月12日夕刊

参考文献[編集]

  • 『人事随想』産業経済新聞社、1951年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。