半保護されたページ

木下雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

木下 雄介
Y.Kinoshita.jpg
2019年6月23日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市平野区
生年月日 (1993-10-10) 1993年10月10日
没年月日 (2021-08-03) 2021年8月3日(27歳没)[1]
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2016年 育成ドラフト1位
初出場 NPB / 2018年4月15日
最終出場 NPB / 2020年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木下 雄介(きのした ゆうすけ、1993年10月10日 - 2021年8月3日[1])は、大阪府大阪市平野区出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴

プロ入り前

大阪市立加美中学校時代はボーイズリーグの加美ウイングスボーイズ(現:大阪加美ボーイズ)でプレー[2]。徳島県の生光学園高等学校に進学し3年生時、全国高等学校野球選手権徳島大会決勝で延長戦の末、徳島県立徳島商業高等学校に敗れ、全国選手権出場を逃した[3]。高校野球四国選抜チームに選ばれてハワイ遠征に参加[3]

翌年、駒澤大学に進学するが、肘を故障して1年で中退[3]。大阪でアルバイト生活を送り[3]、フィットネスジムのトレーナーののち2014年からは不動産会社で営業の仕事に就いていた[3][4]。高校四国選抜チームの同僚だった増田大輝四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスで活躍していることに刺激を受け[3]2015年の開幕を控えた3月に練習生として同球団に入団[5]

独立リーグ・徳島時代

2015年は開幕後に支配下選手契約となり、このシーズンは15試合に登板し、防御率5.12であった。

2年目の2016年は、主にリリーフとして28試合に登板、防御率3.45の成績だった。この年は、6月に実施されたリーグの北米選抜チームにも選ばれた[6]

2016年10月20日のプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズから育成選手枠1位で指名を受け[4]、支度金200万円・年俸300万円(金額は推定)で契約を合意[7]背番号201。なおドラフト時に既に妻子がおり、入団会見は妻子同席で行った。

中日時代

2017年シーズンはファームで22試合に登板した[8]。11月10日、同月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、辞退した浜田智博に代わり、NPBウエスタン選抜に追加召集で選出された[9]。11月12日、現状維持で契約更改した[8]。「課題は明確。変化球の精度を上げること、真っすぐの質を高めることと技術面の課題が多い」と述べ、2018年シーズンの支配下登録を目指すとコメントした[8]

2018年は育成選手で唯一一軍キャンプに帯同し、オープン戦で4試合に登板して5回を1失点という内容を評価され、3月23日に支配下登録となることが発表された[10]。背番号は98となる[10]。4月15日、又吉克樹に代わって出場登録され、対横浜DeNAベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)の8回に登板し、三者凡退に抑えて公式戦デビューを果たした[11]

2019年はわずか5試合の登板に終わった。また、シーズン中に大阪市中央区ごみ収集車を運転していた父親が、交通事故に遭い死亡する出来事があった[12]。当時、中日のシニアディレクターだった森繁和は木下にすぐに大阪に帰るよう伝えたが、木下は「親父は“仕事は絶対に休むな”と言っていたんです。だから試合に出てから戻ります」と、当日の二軍戦に登板した[13]

2020年2月25日、一軍春季キャンプでの練習中に左足首を痛め、腓骨筋腱脱臼と診断を受け[14]、3月10日に左脚腓骨腱の縫合手術を受けて試合復帰まで4か月程度かかる見込みが示された[15]。7月17日の二軍戦で実戦復帰登板を果たし最速152km/hを記録[16]。一軍昇格後、9月5日の東京ヤクルトスワローズ戦で2点リードの延長10回裏に登板した際、1回を無失点に抑えプロ初セーブを挙げた[17]

2021年はオープン戦で無失点の好投を続け、開幕一軍をほぼ手中に収め、勝ちパターンの投手として期待されていた。しかし3月21日、開幕前最後のオープン戦であった北海道日本ハムファイターズ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)の8回表に4番手で登板し、二死無走者の場面で淺間大基と相対して4球目を投じた直後に右腕を押さえ、膝をついて倒れ込み、自力で動けずに担架に乗せられて退場、そのまま降板となった[18]。この後名古屋市内の病院で診察を受け、右肩脱臼の重傷と判明[19]。自身二度目となる精神的にも痛い脱臼となった。4月9日、大阪市内の病院で右肩前方脱臼修復術を受け、更に検査の段階で担当医らが総合的に判断し、併せて右肘内側側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)も行われた[20]。トミー・ジョン手術は復帰まで約1年かかるため、2021年シーズンの復帰は絶望的となった[21]。また、木下のケガからの復帰を願うために 同じ中日の又吉克樹が自分が使用する野球メーカー「ローリングス」に依頼し、木下の顔写真を使用したTシャツを作成した[22]

現役中に死去

2021年7月6日9時半頃、ナゴヤ球場での練習の休憩中に息苦しさを訴え突然倒れた。意識を失い心肺停止の状態となり、トレーナーによる自動体外式除細動器(AED)での処置後も意識は戻らず、11時半頃に名古屋市内の病院に救急搬送された[23]。7月28日に第一報を伝えた『デイリー新潮』の記事によれば、「練習場でかなり力の入った激しい運動をしている最中に倒れ、先に心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んで人工呼吸器を外すこともできない重篤な状態に陥っていた」と球団関係者が話した[24]。翌7日には豊明市内の病院へ転院し治療を続けていた[23]。倒れる約1週間前の6月28日に球団の親会社である中日新聞社の職域接種を利用し、新型コロナウイルスワクチン接種の1回目接種を受けていた[25]とされるが、接種との因果関係は「不明」とされ、政府閣僚の記者会見でも言及されることはなかった[26]。木下の状況は前出の新潮のほか、同月29日にスポーツニッポンでも伝えられ、この時点で病状は予断を許さない状況になっていた[25]

しかし、木下の意識は回復することなく、同年8月3日に死去[23]。27歳没。死因は家族の意向により非公表。死去は3日後の8月6日のスポーツニッポンで第一報が伝えられた[1]。同日取材に応じた球団代表の加藤宏幸は詳細な病状などを早く伝えなかった理由として「家族の意向があった」ことを挙げている[27]

NPB現役選手の死去事例は、2010年の小瀬浩之(当時オリックス・バファローズ)以来となった。

8月8日の中日対西武エキシビションマッチ(バンテリンドーム ナゴヤ)では球団旗が弔旗になり、チーム全員が左肩に喪章をつけて、試合前に両球団が黙祷した。中日側ベンチ内には木下が着ていた背番号98のユニフォームが掲げられた。また、中日先発投手の小笠原慎之介は、本来木下の登場曲である湘南乃風の「黄金魂」をこの日限定で登場曲に使用した[注 1][29][30]

9月5日の一軍DeNA戦とファーム阪神戦で追悼試合が行われ、監督・コーチ・選手全員が背番号98の特別ユニホームを着用した[31]。バンテリンドームのマウンドには「98」が施され、試合前にはバックスクリーンに木下の勇姿を振り返った映像が流された[32]。その後、木下の親族、監督の与田剛、選手代表の大野雄大柳裕也木下拓哉京田陽太がマウンドに献花を行った[31]。献花後は黙祷が捧げられ、木下の長女と長男が始球式を行った[31]。始球式後は木下の登場曲「黄金魂」が流れる中、木下の子ども2人が中日ナインとハイタッチを交わした[31]。また、ファームでは木下の兄が始球式を行った[31]。なお、一軍の対戦相手・DeNAナインも山﨑康晃の発案で帽子などに「98」を記して試合に臨んだ[33][34]

選手としての特徴

最速150km/hを超えるスピンが効いた浮き上がるような軌道のストレート[35]と落差の大きいフォーク[1]スプリットが武器。フォークは野茂英雄、スプリットは田中将大から握りを伝授されている[36]。その他、スライダーなども投げる[37]。2021年より野球解説者に転じたばかりの藤川球児からは「2年前から気になっていた」と言われ、投球フォームの右腕のトップまでの入り方がうまいことから、ストレートが強く、角度がよいと評されていた。藤川によるとボールの軌道は自身やライデル・マルティネスに近いと評していた[38]

人物

2021年の春季キャンプで東北楽天ゴールデンイーグルスとの練習試合があった際、全く面識がないにもかかわらず、メジャーから日本球界に復帰したばかりの田中将大に投球の教えを請おうとした。中日ブルペン捕手の三輪敬司を介して、中日でのプレー経験がある楽天投手コーチの小山伸一郎に頼んでもらい、実際に田中から直接スプリットのアドバイスをもらうことに成功した。周囲からその度胸と意識の高さから、躍進を期待されていた[39]

プロ入り後も生光学園高校時代の監督・山北栄治のもとに、毎年妻子や両親とともに近況報告に訪れる、律儀な性格であった[40]。また、男気に溢れる一面もあり、チームでは後輩選手の良き兄貴分としてプレーだけでなく、言葉でも鼓舞していた[41]

中日同期入団の京田陽太笠原祥太郎とは家族ぐるみの付き合いで、特に京田からは兄のように頼られていた[42]。木下と同じ育成選手出身だった三ツ間卓也とは「育成の辛さの1番の理解者」としてプライベートでも付き合いがあった[43]中日スポーツの中日球団担当記者である川本光憲は、木下について「チーム内には、さまざまな人間関係がある。ただ木下雄投手を挟めば、みなが会話できる。まさしく愛されキャラ」と綴っている[42]

憧れている投手に斉藤和巳を挙げている。木下は「マウンドでの姿が『ザ・エース』という感じで、背が高くて顔もカッコいい。独立リーグに入る時、背番号を第3希望まで聞かれて第1希望を18番にしたら、それが通ってしまったけど、やっぱり第2希望の66番(斉藤と同じ背番号)が欲しかった。いつか着けてみたい」と語っている[44]

2018年に支配下登録された際は球団から『69』などの背番号を提示されたが、その中で最も大きい『98』を選んでいる。これは「徐々に自分の実力でいい番号に近づいていこう」という思いから選んだという[45]。また、『99』の松坂大輔と連番になったことで喜んだが、翌年に松坂は『18』に変更となり、最初は落ち込んだが、次第に「8は一緒」と前向きに考えたという[46]

2021年のオープン戦で右肩を脱臼した際は、手術か保存療法にするかで悩み、かつて中日に投手として在籍し、同じ故障を経験した巨人のスコアラーを務める中里篤史に関係者を通して相談。中里の経験談を聞いた木下はすぐに手術に踏み切った[47][48]

中日でのチームメイトで、東京オリンピックの野球日本代表大野雄大は、木下の死去から数日後の東京オリンピック野球競技の表彰式の際に天に向かって金メダルを掲げた。これは大野が「金メダル取ったら見せてくださいね」と生前の木下から言われていたことによるものである[49][50]

浅井企画所属のお笑いトリオであるニュークレープのメンバーのナターシャ(本名:中田 喜之)とは従兄にあたる[51]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2018 中日 14 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 73 16.2 17 2 9 0 0 18 1 0 10 10 5.40 1.56
2019 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 30 6.1 8 0 3 0 0 6 1 0 4 4 5.68 1.74
2020 18 0 0 0 0 0 0 1 0 ---- 81 17.2 19 1 12 0 1 24 1 0 9 8 4.08 1.75
NPB:3年 37 0 0 0 0 0 0 1 1 ---- 184 40.2 44 3 24 0 1 48 3 0 23 22 4.87 1.67

年度別守備成績



投手(P)












2018 中日 14 1 2 0 0 1.000
2019 5 0 2 0 0 1.000
2020 18 0 1 0 0 1.000
NPB 37 1 5 0 0 1.000

記録

NPB投手記録

独立リーグでの投手成績

出典は四国アイランドリーグplusウェブサイトの年度別個人成績による[52][53]








































2015 徳島 5.12 15 1 0 0 0 0 0 19.1 88 27 2 8 5 0 15 11
2016 3.45 28 1 2 3 0 0 0 44.1 185 42 1 34 18 1 18 17
通算:2年 3.96 43 2 2 3 0 0 0 63.2 273 69 3 42 23 1 33 28

背番号

  • 18(2015年 - 2016年)
  • 201(2017年 - 2018年3月22日)
  • 98(2018年3月23日 - 2021年8月16日)

代表歴

登場曲

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ このほかに、同年に中日からロッテに移籍していた加藤匠馬が、8月15日の試合で同曲を登場曲に使用している[28]

出典

  1. ^ a b c d “中日・木下雄介投手死去 27歳 7月6日練習中に倒れ意識不明に 育成からはい上がった5年目右腕”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2021年8月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/08/06/kiji/20210806s00001173140000c.html 2021年8月6日閲覧。 
  2. ^ 公益財団法人日本少年野球連盟 ボーイズリーグ|OB紹介 (プロ野球選手セ・リーグ)”. www.boysleague-jp.org. 2021年7月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 中日育成1位・木下雄介(四国IL徳島)独立リーグを体現する野武士の目”. 週刊ベースボールOnline (2016年12月7日). 2021年8月7日閲覧。
  4. ^ a b 高田博史 (2016年10月24日). “徳島・木下 中日育成1位指名でまずは支配下「まだプロとは思ってない」”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/baseball/shikoku/2016/10/24/0009607663.shtml 2016年12月13日閲覧。 
  5. ^ 徳島IS入団選手のお知らせ”. web.archive.org (2015年3月10日). 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月6日閲覧。
  6. ^ 2016年度 四国アイランドリーグplus 北米遠征 「概要及び代表メンバーの決定」並びに「記者会見開催」のお知らせ”. 四国アイランドリーグplusニュースリリース (2016年5月19日). 2021年8月7日閲覧。
  7. ^ 中日、育成D1指名の木下雄と合意 支度金200万円”. SANSPO.COM(サンスポ) (2016年11月9日). 2017年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
  8. ^ a b c “中日育成の木下雄は現状維持でサイン「課題は明確」”. 日刊スポーツ. (2017年11月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711120000507.html 2017年11月12日閲覧。 
  9. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  10. ^ a b “中日木下雄介が支配下に 異色の経歴、妻は叫ぶ”. 日刊スポーツ. (2018年3月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803230000469.html 2018年3月23日閲覧。 
  11. ^ “育成出身の中日・木下雄が3者凡退デビュー 8回に登板、最速150キロマーク”. Full-Count. (2018年4月15日). https://full-count.jp/2018/04/15/post121240/ 2018年4月15日閲覧。 
  12. ^ “【中日】木下雄介の父事故死…悲しみ耐えて2軍戦登板1回0封”. スポーツ報知. (2019年7月24日). https://hochi.news/articles/20190724-OHT1T50066.html 2021年3月6日閲覧。 
  13. ^ “中日・木下雄介投手を悼む 森繁和氏「残念だし、無念でならない」16年監督時代育成1位で指名”. Sponichi Annex. (2021年8月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/08/07/kiji/20210807s00001173104000c.html 2021年8月8日閲覧。 
  14. ^ “中日木下が練習で左腓骨筋腱脱臼、診察後に方針検討”. 中日スポーツ. (2020年2月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202002250000972.html 2021年3月21日閲覧。 
  15. ^ 中日・木下雄介が左脚腓骨腱の縫合手術受ける…復帰まで4カ月程度”. 中日スポーツ (2020年3月10日). 2021年8月7日閲覧。
  16. ^ 左足首負傷から実戦復帰 中日・木下雄いきなり152キロ&2K好投「いつでも1軍に呼ばれるよう」”. 中日スポーツ (2020年7月18日). 2021年8月7日閲覧。
  17. ^ “【中日】木下雄介プロ初S!延長10回武田健吾の打球を中堅が落とし勝ち越し”. スポーツ報知. (2020年9月5日). https://hochi.news/articles/20200905-OHT1T50304.html 2021年3月6日閲覧。 
  18. ^ "中日4番手・木下雄介に異変 投球直後に右腕を抑えてうずくまる…担架で交代,バンテリンD悲鳴". 中日スポーツ. 中日新聞社. 21 March 2021. 2021年3月21日閲覧
  19. ^ 【中日】緊急降板の木下雄介投手は右肩脱臼と診断 復帰時期は未定” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年3月21日). 2021年3月21日閲覧。
  20. ^ “試合中脱臼の中日・木下雄介 右肩と同時にトミ―ジョン手術を実施…今後はリハビリ開始予定”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. (2021年4月11日). https://www.chunichi.co.jp/article/234650 2021年4月12日閲覧。 
  21. ^ “中日・木下雄が右肩前方脱臼修復術 トミー・ジョン手術も実施”. Sponichi Annex. (2021年4月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/11/kiji/20210411s00001173258000c.html 2021年4月12日閲覧。 
  22. ^ 【写真】又吉が作成した頑張れ木下雄介Tシャツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年4月14日). 2021年4月27日閲覧。
  23. ^ a b c “中日・木下雄介投手が27歳で死去 7月6日の練習中に倒れ意識戻らず 育成出身、右肩脱臼からのリハビリ中”. 中日スポーツ. (2021年8月6日). https://www.chunichi.co.jp/article/305843 2021年8月6日閲覧。 
  24. ^ “中日・木下雄介投手がワクチン接種後に「重篤」危機 専門家は「接種を忌避しないで」と訴え”. デイリー新潮. (2021年7月28日). https://www.dailyshincho.jp/article/2021/07280559/ 2021年7月28日閲覧。 
  25. ^ a b 中日・木下雄 緊急入院していた 6日練習中に倒れ、現在も予断許さない状況”. スポーツニッポン新聞社 (2021年7月29日). 2021年8月6日閲覧。
  26. ^ 中日木下雄介投手の死去、加藤官房長官が冥福 ワクチンとの関係に言及せず”. 日刊スポーツ (2021年8月10日). 2021年8月10日閲覧。
  27. ^ 中日・加藤球団代表、死去した木下雄介投手の病状を今まで言えなかった理由は「家族の意向があった」と答える”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年8月6日). 2021年8月7日閲覧。
  28. ^ 梶原紀章 (2021年8月23日). “【千葉魂】ロッテ加藤、亡き後輩思い 木下雄介さんの登場曲使用”. https://www.chibanippo.co.jp/sports/lotte/823881 2021年8月26日閲覧。 
  29. ^ “【中日】小笠原慎之介、天国の木下雄介さんへ捧ぐ5回0封…ベンチに「98」ユニホーム”. スポーツ報知. (2021年8月9日). https://hochi.news/articles/20210808-OHT1T51250.html 2021年8月9日閲覧。 
  30. ^ “中日ナイン、急逝した木下雄介投手へ弔意 ベンチにユニホーム、選手ら喪章”. 日刊スポーツ. (2021年8月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202108080000607.html 2021年8月10日閲覧。 
  31. ^ a b c d e 全員が背番号「98」… 中日が木下雄介さん追悼試合:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年9月5日閲覧。
  32. ^ 【中日】木下雄介さんしのび追悼試合 試合前には家族によるセレモニアルピッチやマウンドに献花も” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月5日). 2021年9月5日閲覧。
  33. ^ 【DeNA】山崎康晃発案でナインが帽子に「98」 中日・木下雄介さん追悼試合でチームの垣根超える” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月5日). 2021年9月5日閲覧。
  34. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年9月6日). “中日・木下さん追悼試合でDeNAナインの帽子に「98」 山崎発案、ファン感激「相手がベイスターズで本当に良かった」「お礼にハマスタへ観戦に」” (日本語). イザ!. 2021年9月7日閲覧。
  35. ^ あの藤川球児氏もほれ込んだ木下投手の直球、ツイッターでエール送っていた - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年8月7日閲覧。
  36. ^ “野茂フォーク”と“田中将スプリット”併用…輝き見せた中日・木下雄 「偽装」の大切さ伝えたもう一人の達人:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年8月7日閲覧。
  37. ^ ”本家”藤川球児さんも絶賛…弾道測定器が証明した中日・木下雄の「火の玉ストレート」:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年8月16日閲覧。
  38. ^ “藤川球児氏が絶賛! 中日キャンプ地で「12球団で一番いいリリーフになると思っている」と声をかけた選手は…”. スポーツ報知. (2021年2月15日). https://hochi.news/articles/20210215-OHT1T50062.html 2021年8月6日閲覧。 
  39. ^ “中日・木下雄の大胆行動「面識ないのにマー君アタック成功」を評価する声”. 東スポWeb. (2021年3月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2824755/ 2021年8月6日閲覧。 
  40. ^ “急逝の中日木下雄介さんは「律義だった」高校時代の監督は言葉失う”. 日刊スポーツ. (2021年8月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202108060000681.html 2021年8月8日閲覧。 
  41. ^ 「男気があり、後輩達の良き兄貴分」 木下雄介さんを出身の徳島インディゴソックスが追悼…その遺志は現在の選手たちにも:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年8月14日閲覧。
  42. ^ a b “【中日・木下雄介さんを悼む】周りにはいつも仲間が…まさしく愛されキャラだった”. 中日スポーツ. (2021年8月6日). https://www.chunichi.co.jp/article/305846 2021年8月6日閲覧。 
  43. ^ “「俺は勝手に木下の育成雑草魂も背負い込むよ」プライベートでも親しかった三ツ間、同じ育成出身の仲間に別れの言葉【中日】”. 中日スポーツ. (2021年8月7日). https://www.chunichi.co.jp/article/306587 2021年8月8日閲覧。 
  44. ^ 中日・木下雄介投手「斉藤和巳さんです」/あこがれの選手 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年8月7日閲覧。
  45. ^ 【中日】苦労人の木下雄、支配下登録…知人は「クズの木下がこんなんになるとは」” (日本語). スポーツ報知 (2018年3月23日). 2021年8月7日閲覧。
  46. ^ 中日・木下雄 松坂の背番号18にしょんぼり「ただの98になった」 280万円増で更改 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年8月7日閲覧。
  47. ^ “才能溢れるナイスガイ”木下雄介投手の早すぎる死…スクープの陰で問われる「静かにお別れする権利」と報道の自由(小西斗真)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2021年8月12日閲覧。
  48. ^ 中日・木下雄介の“残酷で衝撃的な負傷”は大手術へ… 27歳の決断を支えた「悲劇のエース」中里篤史の経験談(小西斗真)page2” (日本語). Number Web - ナンバー. 2021年8月12日閲覧。
  49. ^ “木下雄介さんとの約束だった 金メダルを天に向けた大野雄大 返事するかのように降り出した雨【東京五輪野球】”. 中日スポーツ. (2021年8月8日). https://www.chunichi.co.jp/article/307139 2021年8月8日閲覧。 
  50. ^ “大野雄大、亡き木下雄介さん思い金メダル天に掲げる「報告できてよかった」”. 日刊スポーツ. (2021年8月6日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/baseball-softball/news/202108070001503.html 2021年8月8日閲覧。 
  51. ^ 2021年3月21日のツイート”. ナターシャTwitterアカウント. 2021年8月7日閲覧。
  52. ^ 投手成績(全選手)2015年シーズン - 四国アイランドリーグplus
  53. ^ 投手成績(全選手)(2016年) - 四国アイランドリーグplus

関連項目