木之本興三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木之本 興三 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キノモト コウゾウ
ラテン文字 KINOMOTO Kozo
基本情報
生年月日 (1949-01-08) 1949年1月8日
日本の旗 日本, 千葉県千葉市
没年月日 (2017-01-15) 2017年1月15日(68歳没)
日本の旗 日本, 千葉市中央区
ユース
東京教育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1972-1975 古河電気工業
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

木之本 興三(きのもと こうぞう、1949年1月8日 - 2017年1月15日)は、千葉県千葉市出身のサッカー選手、経営者。

人物[編集]

選手時代は古河電気工業サッカー部(現在のジェフユナイテッド市原・千葉)に在籍。引退後日本サッカーリーグ(JSL)事務局長、総務主事を務め、森健兒と共に、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創生のほとんどを担った[1][2][3][4]。Jリーグ発足後は社団法人日本プロサッカーリーグ理事を務めると共に、Jリーグの関連会社であるジェイリーグ映像(現・Jリーグメディアプロモーション)、ジェーリーグフォト(現・Jリーグフォト)、ジェイリーグエンタープライズ社長を兼任した[5]

日本サッカー協会では2002 FIFAワールドカップに向けた強化推進本部副本部長を務め、本大会では日本代表団長となった。本大会を直前に控えてフィリップ・トルシエが選考した23人のメンバーを発表した。大会期間中、ホテルで意識を失ったり、バージャー病に冒されたことが判明した[6]

2003年、当時の川淵三郎日本サッカー協会会長、及び鈴木昌Jリーグチェアマンに解任される[7]

2004年以降、株式会社エス・シー・エス代表取締役、フクダ電子アリーナ名誉会長、アブレイズ千葉SC代表を務め多忙な日々を送った。

2009年4月からは、サッカーからマネージメントと地域連携を考えることを目的として千葉大学と連携で教育課程普遍講座の講師を自身でも務めると共に、幅広い交友関係でサッカーに関わる様々な人物をゲストティーチャーとして招いて、それぞれの切り口からサッカーのマネージメント地域との関わりについて授業を展開していた( 千葉大講義)。

2017年1月15日、千葉大学医学部附属病院においてうっ血性心不全により死去した[8]

経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1972 古河 JSL1部 0 -
1973 0
1974 0 -
1975 0 -
通算 日本 JSL1部 10 0
総通算 10 0

日本サッカーリーグでの改革事項[編集]

  • JSLのPR(釜本邦茂のヌードポスターの製作)[10]
  • 森健兒と共にJSL活性化委員会の創設(名目的にはJSLの改革検討委員会であるが実質的なプロリーグ化検討委員会)[11]

評価[編集]

同級生が博報堂に勤めていた事がきっかけで、上記の第20回日本リーグの公式ポスターに「格闘宣言」の惹句で釜本邦茂のヌードポスターを製作した[10]

森健兒と木之本がいなければJリーグ創設はなかったと言われる[1]

その他[編集]

病魔に冒されながらも、Jリーグの創設に挑んだ木之本の人生はNHKドキュメンタリー番組、『プロジェクトX』にも取り上げられた。また、『日刊ゲンダイ』では「Jリーグへの遺言」というタイトルで、木之本の人生やこれまでのサッカー関係者との付き合いが本人によって書かれている(2006年11月21日付~12月18日付まで連載)。『週刊ポスト』2007年9月14日号誌上で「独裁者川淵に片足切断の元(Jリーグ)専務理事が怒りの引退勧告」のタイトルで川淵三郎キャプテンを批判している。

日本代表監督の契約を終えたフィリップ・トルシエから「いつまでも健康で」との別れのメッセージを貰っている。

ジーコが木之本に会うなり「キノモトサーン! ゲンキー?」と日本語で声をかけた場面がTVで流れた。

2014年1月27日20時Eテレで放送されたハートネットTVに出演した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b #回想p71-73
  2. ^ “木之本さん死去を盟友・森健児氏しのぶ「病室でもサッカーの話ばかりだった」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月18日). オリジナルの2017年6月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20170612101037/http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170118-OHT1T50040.html 2017年6月16日閲覧。 “森健兒氏 「Jリーグをつくった男 木之本興三君を悼む」”. 日刊ゲンダイ (株式会社日刊現代). (2017年1月18日). オリジナルの2017年1月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170130112359/https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/197663 2017年6月16日閲覧。 
  3. ^ #日本サッカー史240-241頁
  4. ^ #サッカー狂会128-132頁
  5. ^ #両足309頁
  6. ^ a b FLASH 2012年6月26日号 28頁 2002日韓W杯「あの人」「あの聖地」の今
  7. ^ #両足309-31、3524頁
  8. ^ “元Jリーグ専務理事 木之本 興三氏 ご逝去のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月16日), https://www.jleague.jp/release/post-47784/ 2018年5月26日閲覧。 
  9. ^ “Jリーグ生みの親”木之本興三氏 死去 68歳 スポニチアネックス 2017年1月16日
  10. ^ a b #両足92頁
  11. ^ 平塚晶人『空っぽのスタジアムからの挑戦』p163

参考文献[編集]

  • 平塚晶人『空っぽのスタジアムからの挑戦-日本サッカーをメジャーにした男たち-』ISBN 4093664811
  • 後藤健生 『日本サッカー史・代表編 日本代表の85年』 双葉社、2002年。ISBN 4-575-29489-6。
  • 『日本サッカー狂会』 国書刊行会、2007年。ISBN 978-4-336-04848-6。
  • 木之本興三 『日本サッカーに捧げた両足 真実のJリーグ創世記』 ワニブックス、2013年。ISBN 4847091655。
  • 木村元彦「[21年目の真実] Jリーグ創造記 森健兒、木之本興三の回想」、『サッカー批評』第62号、2013年5月。