木内みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きうち みどり
木内 みどり
本名 水野 みどり(旧姓:木内)
生年月日 (1950-09-25) 1950年9月25日
没年月日 (2019-11-18) 2019年11月18日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
死没地 日本の旗 日本広島県広島市
血液型 O型
職業 女優
タレント
ジャンル 映画
テレビドラマ
舞台
活動期間 1966年 - 2019年
配偶者 海藤春樹(照明家、1977 - 1985年)
水野誠一(元参議院議員・元西武百貨店社長、1988 - 2019年)
著名な家族 水野成夫(義父)
事務所 シティ・カンパニー(1981年- )
主な作品
テレビドラマ
安ベエの海
いちばん星

映画
大病人
死の棘
『エリカ38』
バラエティー番組
天才・たけしの元気が出るテレビ!!
備考
身長167cm、体重47kg。
テンプレートを表示

木内 みどり(きうち みどり 、1950年9月25日 - 2019年11月18日)は、日本女優愛知県名古屋市出身[1]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1950年9月25日[2]、名古屋市の聖霊病院で生まれた[3]。彼女以外は全員男の五人兄弟の四番目[4]

父親は生命保険会社に勤務し、支店長として各地を転々[1]。これに伴い、小学校1年まで名古屋市で育ち、その後約2年おきに千葉県千葉市岐阜県岐阜市鹿児島県鹿児島市と移り住む[1]。このため、土地に対する愛着はあまりないという[1]。中学1年から東京で育った[1]日大二高中退[5]

芸能界へ[編集]

女優かつ反原発活動家として[編集]

  • 2001年7月、夫の水野誠一が静岡県知事選に立候補。中部電力浜岡原発停止と静岡空港建設中止を公約に掲げ県内を選挙運動で回ったが落選。[8][9][10]
  • ダライ・ラマ法王来日の際にレセプションの司会を引き受けたことがきっかけで、坂本龍一水野誠一との3人でノルブリンカ・ジャパンを設立。チベット関連の活動を始める(その後解散)。また、その活動を知らせるサイトを自力で作るために、デジタルハリウッドに入学・卒業したという経歴を持つ[11][12]
  • 2004年、「Tibetan Smile」をプロデュース。ダライ・ラマ法王の妹、ジェツン・ペマを招聘。
  • 2006年、ジャパンタイムズで、舞台『皆に伝えよ!ソイレント・グリーンは人肉だと』の演技を「Best Actress」と評される[13]
  • 2014年4月11日、ロンドンで行われた脱原発集会でスピーチし、同日の閣議決定(第2次安倍内閣安倍晋三首相)で原発ゼロを撤回し、原発再稼働を進めるとした政府のエネルギー基本計画を批判した。木内は英語で「私の人生は福島の事故後に完全に変わり、脱原発のためにできることはすべて行うと決心した。誰も責任を取らず、原因究明もしない日本に対し怒っている」と述べた。また基本計画にも触れ、「国民が事故を忘れたり、事故から逃げていてはまた事故が起きる」と訴えた[14]
  • 2016年から、広島原爆をテーマにした絵本『おこりじぞう』[注 1]の朗読をライフワークと定め、活動していた[15][16]
  • MBSたね蒔きジャーナル」番組継続活動に関係した後[17]、「木内みどりの自由なラジオ」を経て、2018年7月より単独でネットラジオ「木内みどりの小さなラジオ」を開局、独自のインタビュー番組を配信[18]。収録・編集直後に木内が急逝した吉田照美インタビューは、没後の2020年1月24日に第9回として公開された[19]
  • 2018年6月、東京大学教授の安冨歩により安田講堂で行われた「ファッションポジウム―男女の垣根を越えたファッションの未来を考えるシンポジウム―」の司会を務めた[20]。また、この催しの中心となったメンズサイズでジェンダーフリーの洋服を作るファッションブランド「blurorange(ブローレンヂ)」に100万円出資している[21]
  • 2019年7月の第25回参議院議員通常選挙において、れいわ新選組が選挙期間中に都内で行った主要イベントのすべての司会を務めた(計3回)[22]
  • 2019年10月9日、長崎県西海市の田島で開催された「TEDxSaikai 2019」にスピーカーとして登壇[23]

死去[編集]

2019年11月18日、急性心臓死のため、滞在先の広島市のホテルで死去[24][25]。69歳没。生前の本人の強い希望[26]により通常の通夜・告別式は行わず、家族葬が執り行われたことが、11月21日に本人のtwitterと夫の水野誠一のfacebook(長女との連名)で発表された。

最後の仕事となったのは、広島原爆死没者追悼平和祈念館による企画展「時を超えた兄弟の対話―ヒロシマを描き続けた四國五郎と死の床でつづった直登の日記―」の日記朗読。共演者は塚本晋也。映像の最後には、木内への追悼メッセージが追加された[27]。朗読が収録された映像は平和祈念館で上映されると同時に、全編webでも見ることができる。

2020年2月13日、東京・六本木の国際文化会館でお別れの会「木内みどりさんを語り合う会」が開かれ、芸能人・文化人・政治関係者など450人が参列した[28]

遺骨・遺灰は、仏事などを強く嫌う本人の希望により、粉骨の上[29]2020年9月に木内の知人が所有する静岡県内の山奥の「誰も訪れない場所」に散骨された[30]。その様子はNHK広島の「ラウンドちゅうごく『ヒロシマで出会った2人-木内みどりと四國五郎』」でドキュメンタリーとして放送された。

人物[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

ドキュメント番組・ナレーション[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 女神がくれた夏(1990年、日本クラウン、監督:今井啓毅生) - 高橋美沙子 役
  • スリラーブラウン管(1991年、徳間ジャパン、監督: 堤ユキヒコ
  • 風と大地と梨の木と(1997年、オフィスヒューマンヒル・鳥取県、監督:丘乃れい)
    • (1)故郷はひとつ(2)カナエの結婚(3)老いのいきさき(4)WE ARE ONE

舞台[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

朗読ソフト[編集]

  • カセット版日本おはなし名作全集 第11巻 ないた赤おに ほか(小学館、1989年)
  • カセット版世界おはなし名作全集 第10巻 スホーの馬 ほか(小学館、1990年)
  • 宮沢賢治童話集、「銀河鉄道の夜」(NHKソフトウェア、カセット、1990年)
  • 丘乃れいビデオ絵本ライブラリー「いつもこころにほほえみを」(オフィスヒューマンヒル、VHS 2004年)*語り
  • オペラが育てる仲間とちから オペラ演出家・大谷洌子(紀伊國屋書店、DVD 2007年)*語り
  • 紀伊國屋書店評伝シリーズ:学問と情熱 第15巻 宮本常一 民衆の知恵をたずねて(紀伊國屋書店、VHS 1999年、DVD 2008年)*ナレーター
  • 世界絵本箱 DVDセレクション ごきげんなライオン(ヤマハミュージックアンドビジュアルズ、VHS、DVD 2010年)
  • ドキュメント ふなごやすひこ 〜動けないから動かせる想いがある〜 全身麻痺ギタリストが伝えたい生命の意味 (れいわ新選組Youtubeチャンネル、2019年)*語り

インターネット[編集]

  • 木内みどりの小さなラジオ(YouTube、2018年7月2日 - 2020年1月24日、※生前の最終収録は、2019年9月上旬。)
    • Vol.1(2018年7月2日配信)ゲスト:小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)
    • Vol.2(2018年7月6日配信)ゲスト:安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)
    • Vol.3(2018年8月7日配信)ゲスト:細美武士(ミュージシャン)
    • Vol.4(2018年10月31日配信)ゲスト:井浦新(俳優)
    • Vol.5(2019年1月9日配信)ゲスト:辛淑玉(人材育成コンサルタント・フリーライター)
    • Vol.6(2019年3月11日配信)ゲスト:石井麻木(写真家)
    • Vol.7(2019年6月6日配信)ゲスト:浅田美代子(女優)
    • Vol.8(2019年8月28日配信)ゲスト:志村真介(「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン」代表)、志村季世恵(「ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ」代表 バース・セラピスト)
    • Vol.9(2020年1月24日配信)ゲスト:吉田照美(フリーアナウンサー・タレント)

著書[編集]

  • 指差し確認(1989年、鎌倉書房)ISBN 4308004608。OCLC 673128273
  • 木内みどりセーターブック(横川佐智子著(デザイン)、1992年、日本ヴォーグ社)ISBN 4529022897
  • 元気診断(1)~(5)(日本テレビ編 1991年~1992年、日本テレビ放送網)東京女子医科大学の医師に、木内が健康情報を聞くテレビ番組の書籍化。裏表紙と本文に聞き手として木内の名前と写真・イラストがある。
  • 元気増進! 健康堂本舗〈PART1・2〉 (テレビ東京・テレビマンユニオン (編)、1994年、祥伝社)健康バラエティ番組の書籍化。巻頭に番組の司会を務めた前田武彦と木内の挨拶文がある。
  • ラジオは真実を報道できるか-市民が支える『ラジオフォーラム』の挑戦(2015年 岩波書店。クレジット上では「ラジオフォーラム+小出裕章共著」とされているが、木内も共著者の一人として参加)ISBN 9784000255011。
  • 私にも絵が描けた! コーチはTwitter(2018年9月、小さなラジオ局 出版部)ISBN 978-4991050206
  • またね。――木内みどりの「発熱中!」(2020年6月、岩波書店)[65] ISBN 978-4000248310
  • あかるい死にかた(2020年11月、集英社インターナショナル)ISBN 9784797673913

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
出典
  1. ^ a b c d e 週刊朝日 1982年11月26日号、61ページ(本人のインタビューも含む記事)。山下勝利 著『今を盛りのいい女列伝 30代色香研究』(1983年、アシーネ、1986年6月、旺文社文庫)所収。
  2. ^ “木内みどりさん急死「熱中時代」「元気が出るテレビ」など幅広く活躍”. サンスポ・コム(SANSPO.COM) (産経デジタル). (2019年11月22日) 
  3. ^ 木内みどり (2018-9-25). 私にも絵が描けた!コーチはtwitter. 小さなラジオ局 出版部. p. 185. ISBN 9784991050206 
  4. ^ 木内みどり『指差し確認』鎌倉書房、1989年5月31日、47頁。ISBN 4308004608。
  5. ^ 横川佐智子『木内みどりセーターブック』日本ヴォーグ社、1992年10月1日、5頁。ISBN 4529022897。
  6. ^ 津島令子 (2019年11月1日). “木内みどり『元気が出るテレビ!!』のレギュラーを約2年で「辞めたい」と言った理由”. テレ朝POST. テレビ朝日. 2020年1月18日閲覧。
  7. ^ 木内みどり (1989-5-31). 指差し確認 「〝略玉〟?を手玉にとって玉の輿ブランド遊び」. 鎌倉書房. pp. 198-199. ISBN 4308004608 
  8. ^ 木内みどりさんに聞いた (その1)「脱原発」のため、私がやれることは何でもやる”. あの人に聞きたい. マガジン9 (2014年6月11日). 2019年12月20日閲覧。
  9. ^ 鎌倉優太、勝間田秀樹 (2019年11月22日). “朝夕刊:俳優の木内みどりさん死去”. 中日新聞しずおか. 2019年12月20日閲覧。
  10. ^ 【言わねばならないこと】(73)無自覚こそ一番の問題 俳優・木内みどりさん”. 東京新聞 (2016年5月19日). 2019年12月20日閲覧。
  11. ^ デジタルハリウッドNEWS(@dhw_news) (2019年11月21日). “木内さん、実はデジタルハリウッドの卒業生でした。”. twitter. 2019年11月23日閲覧。
  12. ^ 水野木内みどり(@kiuchi_midori) (2015年4月7日). “私の学歴を聞かれたので中卒でデジタルハリウッド卒業ですと答えたら、そんな人は日本中でキウチさん一人きりでしょうと朝日新聞の記者さんが。”. twitter. 2019年11月23日閲覧。
  13. ^ The Japan Times on line Thursday, Dec. 28, 2006 Archived 2008年10月14日, at the Wayback Machine.
  14. ^ 石川保典 (2014年4月12日). “木内みどりさん英で政府批判 「また事故起きる」”. Tokyo Web. オリジナルの2014年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140414073253/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014041202000110.html 2014年7月20日閲覧。 
  15. ^ 四國光 (2019年11月23日). “四國五郎の最大の理解者であった女優の木内みどりさんが今月18日、仕事先の広島で急逝されました。”. 詩画人・四國五郎. facebook. 2019年11月24日閲覧。 “四國が表紙・挿画を描いた『絵本 おこりじぞう』(山口勇子原作)の朗読は、「私のライフワーク。100回はやるわよ!」と力強く宣言くださり、東京、大阪、広島、長崎、埼玉と回数を重ねていましたが、残念ながら12回が最後となってしまいました。”
  16. ^ Ann Sherif. “Peace Education & Story Telling”. Popular Protest in Post War Japan: The Antiwar Art of Shikoku Gorō. The Angry Jizo. 2020年10月22日閲覧。 “Girl crying for “Water” (mizu) “Mother!” (Kaasan). Kiuchi Midori reading Angry Jizo, Hiroshima, 15 August 2019.”
  17. ^ 大野孝志 (2019年11月27日). “女優 木内みどりさんを悼む”. 中日新聞: p. 13. https://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=698333&comment_sub_id=0&category_id=116&from=news&category_list=116 
  18. ^ 木内みどり (2018年7月). “小さなラジオとは”. 木内みどりの小さなラジオ. 2019年11月25日閲覧。
  19. ^ vol.9 ラジオの未来”. 木内みどりの小さなラジオ (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。
  20. ^ 「ファッションポジウム―男女の垣根を越えたファッションの未来を考える―」のお知らせ”. 東京大学東洋文化研究所 (2018年5月16日). 2019年11月29日閲覧。
  21. ^ 松村智世 (2018年6月27日). “ファッションポジウムを終えて”. blurorange ジェンダーフリーの可愛いお洋服. 2019年11月29日閲覧。 “女優の木内みどりさんから100万円の出資をいただく。”
  22. ^ “参院選で「れいわ」を応援、脳科学者・茂木健一郎氏が語る“山本太郎という男””. デイリー新潮. (2019年7月18日). https://www.dailyshincho.jp/article/2019/07180601/ 2019年7月24日閲覧。 
  23. ^ TEDxSaikai(テッド・エックス・サイカイ) 2019 開催概要”. TEDxSaikai. 2019年12月2日閲覧。
  24. ^ 木内みどりさん急死 滞在先の広島市内で 夫・水野氏「突然で早すぎます」 - Sponichi Annex 2019年11月22日
  25. ^ 女優の木内みどりさんが死去 急性心臓死69歳 - 日刊スポーツ 2019年11月21日
  26. ^ 水野頌子 (2020-11-20). あかるい死にかた 「おわりに――『木内みどり』の完成」. 集英社インターナショナル. pp. 154-158. ISBN 9784797673913. https://bunshun.jp/articles/-/41641 
  27. ^ 宇城昇 (2020年1月21日). “反戦画家・四国五郎の原点 被爆死した弟の日記からたどる 広島・平和祈念館で企画展/木内みどりさん、兄弟の対話朗読が遺作に”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20200121/k00/00m/040/075000c?fbclid=IwAR3BP5mUNbRHQoFXV-jfMyQOL-sXbSyLL2RJ8a0YuXvoJhF03pUdYn4qZAs 
  28. ^ 木内みどりさんやすらかに お別れ会に450人が出席”. デイリースポーツ. 2020年2月14日閲覧。
  29. ^ 木内みどり『あかるい死に方「最後の場所」』集英社インターナショナル、2020年11月10日、140-141頁。「初出は2019年「暮しの手帖」第4世紀99号」
  30. ^ NatsumeDate(@NatsumeDate) (2020年9月28日). “昨日は木内みどりさんの散骨に静岡の山奥へ。”. twitter. 2020年9月28日閲覧。
  31. ^ 木内みどり『指差し確認』鎌倉書房、1989年5月31日、50-54頁。ISBN 4308004608。
  32. ^ ヤフープロフィール Archived 2008年11月5日, at the Wayback Machine.
  33. ^ 木内みどり (1986年9月21日). “医者・看護婦・患者…病院のシステムは誰のためですか”. サンデー毎日 (毎日新聞社) 
  34. ^ 「あかるい死にかた(2020年11月、集英社インターナショナル)」収録。
  35. ^ 鈴木裕也 (2016年1月22日). 編集部・白井正夫 写真・八重樫信之: “インタビュー・その瞬間まで私らしく 自分で探した尊厳死協会”. 一般財団法人 日本尊厳死協会. 2019年12月1日閲覧。[リンク切れ]
  36. ^ 長尾和宏 (2019年12月6日). “木内みどりさんを悼む”. Dr.和の町医者日記. 医療法人 裕和会 長尾クリニック. 2021年6月11日閲覧。
  37. ^ BMW JAPAN (2015年2月11日). “#BMWストーリー - BMWstories: My Isetta”. youtube. 2019年12月1日閲覧。
  38. ^ トム永島 (2020年1月29日). “ブガッティ・その後”. 夜明けの更新. ameba blog. 2020年2月1日閲覧。 “イセッタは昨年亡くなられた木内みどりさん所有の車です”
  39. ^ a b 津島令子 (2019年10月29日). “女優、木内みどり、樹木希林からの“ご指名”で映画出演。その想いを知り「しゃがみこんで泣きました」”. テレ朝POST. テレビ朝日. 2020年1月10日閲覧。
  40. ^ 『西郷どん』新キャスト発表!”. NHKドラマトピックス. NHK (2018年2月14日). 2018年2月14日閲覧。
  41. ^ a b c d e 龍村仁 (2019年11月21日). “木内みどりさんの訃報によせて”. GAIA SYMPHONY. 龍村仁事務所. 2020年2月2日閲覧。 “地球交響曲第一番、第二番、第三番、第四番、第八番と5作に声の出演をいただいた女優の木内みどりさん”
  42. ^ 斉藤勝寿 (2020年2月8日). “(惜別)木内みどりさん 俳優”. 朝日新聞デジタル. 2020年2月9日閲覧。
  43. ^ 広報みとよ 2019年9月号”. 三豊市. 三豊市役所総務部秘書課 (2019年9月1日). 2019年12月4日閲覧。
  44. ^ 江湖良二 (2019年11月29日). “急逝の木内みどりさん演技指導も 中学生と映画作った夏”. 朝日新聞デジタル. 2019年12月1日閲覧。
  45. ^ 旧転位・21”. 山崎哲&新・転位21. 2019年11月22日閲覧。
  46. ^ Theater Guide TRUE WEST
  47. ^ 高野しのぶ (2004年9月24日). “シス・カンパニー『ママがわたしに言ったこと』09/04-10/03青山円形劇場”. 2019年12月1日閲覧。
  48. ^ ママがわたしに言ったこと”. SIS company inc. のプロデュース作品のご紹介. SIS company. 2020年5月10日閲覧。
  49. ^ 姫林檎 (2005年3月21日). “「海辺のお話」を見る”. 芝居遊歴控. nifty. 2020年1月13日閲覧。
  50. ^ 54 皆に伝えよ!ソイレント・グリーンは人肉だと”. theatre project tokyo. 2020年12月1日閲覧。
  51. ^ ベニサンピットHP[リンク切れ]
  52. ^ 北嶋孝 (2006年5月2日). “tpt「皆に伝えよ!ソイレントグリーンは人肉だと」(ルネ・ポレシュ作・演出)”. 小劇場レビューマガジン ワンダーランド wonderland. 2019年12月1日閲覧。
  53. ^ 新野 守広(立教大学) (2006年4月3日). “ドイツ座『エミーリア・ガロッティ』とルネ・ポレシュ…(M.Niino)[J]”. 日本独文学会. 2020年7月10日閲覧。
  54. ^ トーチソング・トリロジーHP
  55. ^ kuidaoretaicyou (2006年12月8日). “トーチソング・トリロジー”. 偽大人別宅. excite blog. 2019年12月1日閲覧。
  56. ^ 木内みどり (2016年2月17日). “第29回 The Vagina Monologues / ヴァギナ・モノローグ”. 木内みどりの発熱中!. マガジン9. 2019年11月24日閲覧。
  57. ^ V-DAY20周年「ヴァギナ・モノローグ」に木内みどり、内田春菊ら”. ステージナタリー (2018年2月4日). 2019年11月24日閲覧。
  58. ^ 原サチコが木内みどり・古舘寛治・安藤玉恵を迎えポレシュ戯曲をリーディング”. SPICE. イープラス (2016年7月9日). 2019年11月25日閲覧。
  59. ^ 過去の上演記録”. 非戦を選ぶ演劇人の会. 2019年11月24日閲覧。
  60. ^ 坂手洋二 (2019年11月21日). “木内みどりさん ありがとうございました”. Blog of SAKATE. goo blog. 2020年2月4日閲覧。
  61. ^ 第365回 文化放送番組審議会”. 文化放送 (2010年3月17日). 2018年7月15日閲覧。
  62. ^ FMシアター 第31回NHK名古屋創作ラジオドラマ脚本募集 最優秀賞受賞作 「桜を伐る」”. NHKオーディオドラマホームページ. NHK (2016年5月14日). 2019年12月4日閲覧。
  63. ^ 佐野史郎 (2019年11月21日). “木内みどりさん、早すぎます!”. 橘井堂. 2019年12月4日閲覧。
  64. ^ 斎藤健二(ITmedia) (2002年1月15日). “ドコモ,連続ドラマCM「ケータイ家族物語」を2月から展開”. IT media mobile. 2020年1月15日閲覧。 “横浜で一人暮らしをしている母親役の木内みどりさん”
  65. ^ 鈴木耕 (2020年6月10日). “言葉の海へ 第122回:大切な本”. マガジン9. 2020年6月11日閲覧。