木内昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木内 昇
(きうち のぼり)
誕生 1967年
日本の旗 日本東京都
職業 小説家編集者
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 時代小説
主題 2004年 -
代表作 『漂砂のうたう』(2010年)
『櫛挽道守』(2013年)
主な受賞歴 早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞(2009年)
直木三十五賞(2011年)
中央公論文芸賞(2014年)
柴田錬三郎賞(2014年)
親鸞賞(2014年)
デビュー作 『新選組幕末の青嵐』(2004年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

木内 昇(きうち のぼり、女性 1967年 - )は日本作家編集者

来歴・人物[編集]

東京都出身。東京都立国分寺高等学校中央大学文学部哲学科心理学専攻卒業。出版社勤務を経て独立し、インタヴュー雑誌『Spotting』を主宰するなど、フリーランスの編集者、ライターとして活躍。2004年に『新選組幕末の青嵐』で小説家としてもデビューし、2008年の『茗荷谷の猫』を執筆した。2009年、第2回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。2011年、『漂砂のうたう』で第144回直木賞受賞。2014年、『櫛挽道守』で第9回中央公論文芸賞、第27回柴田錬三郎賞、第8回親鸞賞を受賞。

著書[編集]

  • 『東京の仕事場』(2002年 ギャップ出版)
    • 『新・東京の仕事場 増補版』(2005年 平凡社
  • 『ブンガクの言葉』(2003年 青幻舎)
  • 『新選組幕末の青嵐』(2004年 アスコム / 2009年 集英社文庫 ISBN 978-4-08-746517-4)
  • 『地虫鳴く』(2005年 河出書房新社 / 2010年 集英社文庫 ISBN 978-4-08-746536-5)
  • 『あの角まで』(2006年 PHP研究所
  • 『茗荷谷の猫』(2008年 平凡社/ 2011年 文春文庫 ISBN 978-4-1678-2001-5)
  • 『浮世女房洒落日記』(2008年 ソニー・マガジンズ ISBN 978-4-7897-3364-9 / 2011年 中公文庫)
  • 『漂砂のうたう』(2010年 集英社 / 2013年 集英社文庫 ISBN 978-4-08-745130-6)
  • 『笑い三年、泣き三月』(2011年 文藝春秋 / 2014年 文春文庫)
  • 『ある男』(2012年 文藝春秋 / 2015年 朝日文庫
  • 『櫛挽道守』(2013年 集英社 / 2016年 集英社文庫)
  • 『よこまち余話』(2016年 中央公論新社
  • 『光炎の人』上・下(2016年 KADOKAWA