木原覚法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木原 覚法(きはら かくほう、1967年3月29日没)は、日本の僧侶。木原覚恵の子息。存命当時は真言宗泉涌寺派に属し、大僧正に任命され、管長代理を務めた。

没後の1975年に、後継の木原覚英が泉涌寺派を離脱して光明念佛身語聖宗を開き、以降同宗では「光明念佛身語聖宗宗祖」として扱われている。