木場弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きば ひろこ
木場 弘子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岡山県
生年月日 (1964-11-01) 1964年11月1日(56歳)
最終学歴 千葉大学教育学部
職歴TBSアナウンサー
活動期間 1987年 -
ジャンル スポーツ
配偶者 与田剛
出演番組・活動
出演経歴 出演を参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

木場 弘子(きば ひろこ、1964年11月1日 - )は、日本アナウンサー

岡山県出身。有限会社オフィスニックス取締役。株式会社INPEX社外監査役。千葉大学客員教授。日本港湾協会理事。千葉県立千葉女子高等学校千葉大学教育学部卒業。

来歴・人物[編集]

1987年4月にTBSにアナウンサー23期生として入社(同期入社には戸田恵美子長峰由紀池田裕行[1][2]。『筑紫哲也 NEWS23』など多数のスポーツ番組を担当し、スポーツキャスターとして活躍。

1992年、当時中日ドラゴンズ与田剛投手(現中日ドラゴンズ監督)と結婚。

1993年2月、結婚を機にTBSを退社[3][4]しフリーアナウンサーへ転向。

1994年、第1子(男)を出産。2001年、母校の千葉大学教育学部で非常勤講師を務める。

2006年、千葉大学教育学部初の特命教授に任命される(2013年退任)。

2007年、内閣府「規制改革会議」委員、に就任。農林水産省「食料の未来を描く戦略会議」委員に就任。

2008年、内閣官房「教育再生懇談会」メンバーに就任。

     資源エネルギー庁「総合エネルギー調査会 省エネ小委員会」に就任。

2009年、国土交通省「交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会中央新幹線小委員会」委員に就任。

     環境省「低炭素社会に向けた地球温暖化防止国民運動事業推進委員会」委員に就任。

2010年、文部科学省「今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会」委員に就任。

2011年、水産庁「水産政策審議会」委員に就任。

2013年、千葉大学客員教授に就任。

2014年、総務省「情報通信審議会」2020-ICT基盤政策特別部会委員に就任。

2015年、経済産業省「アスタナ国際博覧会基本計画策定委員会」委員に就任。

     文部科学省「東北地方における医学部設置に係る構想審査会」委員に就任。

    海上保安庁「海上保安庁政策アドバイザー」に就任。

         「船舶交通安全部会」副部会長に就任。

2016年、経済産業省「産業構造審議会 地球環境小委員会自動車・自動車部品・自動車車体WG」委員に就任。

2017年、厚生労働省「医道審議会 医道分科会」委員に就任。

     環境省「国民運動「COOL CHOICE」周知・拡大のための企業連携推進等事業委託業務」委員に就任。

     国土交通省「国土審議会 豪雪地帯対策分科会」委員に就任。

2019年、文部科学省「中央教育審議会」委員に就任。

     国土交通省「国土審議会 水資源分科会」委員に就任。

出演番組[編集]

TBS[編集]

フリー[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • 子連れキャスター走る!(2003年、中央公論新社)

雑誌連載[編集]

  • 週刊新潮 『エネルギー新時代 キャスター木場弘子の眼』

雑誌記事[編集]

  • 木場弘子「情報で豊かに開く新時代<特集> 運輸情報システムを訪ねて--新幹線運行管理システム(コムトラック)」『トランスポート』第39巻第10号、運輸振興協会、1989年10月、 14-20頁、 ISSN 1342-520X
  • 「夫婦の階段(278)--与田剛(プロ野球選手)木場弘子(キャスター)」『週刊朝日』第104巻第13号、朝日新聞出版、1999年3月26日、 106-109頁。
  • 木場弘子「星野・中日監督インタビュー 「浮気がばれても支えてくれた」亡き愛妻と胴上げを」『サンデー毎日』第78巻第47号、毎日新聞社、1999年10月31日、 26-28頁、 ISSN 0039-5234
  • 田村亮子、木場弘子「ミレニアムスクープ!!!YAWARAちゃん田村亮子(24)が宣言「シドニーで金をとってお嫁に行きたい」」『サンデー毎日』第79巻第3号、毎日新聞社、2000年1月23日、 186-189頁、 ISSN 0039-5234
  • 木場弘子「核心インタビュー 木場弘子--イチロー夫人に助言「中傷に負けないで」」『現代』第34巻第2号、講談社、2000年2月、 146-147頁。
  • 有森裕子、木場弘子「有森裕子さん「『大阪』は正直、勝算なかった」」『サンデー毎日』第79巻第8号、毎日新聞社、2000年2月20日、 156-158頁、 ISSN 0039-5234
  • 木場弘子「特集 「夫婦の危機」をどう乗りきるか 二人で夢見る再起のストレート あのマウンドで、もう一球」『婦人公論』第85巻第12号、中央公論新社、2000年7月7日、 32-35頁。
  • 木場弘子、美輪明宏「木場弘子元気の出るインタビュー 美輪明宏「でも、これからいい時代になるわよ」」『サンデー毎日』第79巻第58号、毎日新聞社、2000年2月20日、 156-159頁、 ISSN 0039-5234
  • 木場弘子「随想 孤独な母親たち」『更生保護』第53巻第5号、法務省保護局、2002年5月、 2-5頁、 ISSN 1343-5078
  • 木場 弘子「教育の回廊 キャスター・インタビュアーで得たもの」、『初等教育資料』(801)、文部科学省教育課程課・幼児教育課、ISSN 0446-5318 pp. 38-41

出典[編集]

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1987.4<23期生> 4人入社(男1・女3) 木場弘子 長峰由紀 戸田(畑)恵美子 池田裕行(一般職採用)」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、29-30頁。「87.4<23期生>3人入社 木場 弘子 長峰 由紀 畑 恵美子 池田 裕行(一般職採用)」
  3. ^ a b c d 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「木場弘子[1993.2退社] TV「ニュースコープ」「スポーツチャンネル」「筑紫哲也ニュース23(1990)」」
  4. ^ a b c d e f 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、30頁。「木場 弘子…[93.2退社] TV「ニュースコープ(87)」「おはようニュース&スポーツ(87)」「スポーツチャンネル(88)」「JNNスポーツ&ニュース(90)」「筑紫哲也ニュース23(90)」」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。