木宮正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木宮 正史(きみや ただし、1960年1月14日[1] - )は、日本国際政治学者東京大学大学院情報学環教授[2]。専門は朝鮮半島政治国際関係

経歴[編集]

静岡県出身。静岡県立浜松北高等学校卒、1983年東京大学法学部卒、93年同大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学、1992年 韓国高麗大学大学院政治外交学科博士課程修了(政治学博士)。1993年 法政大学法学部助教授、1996年東京大学総合文化研究科助教授、2007年准教授、2010年教授、2011年情学環教授。2002-2003年ハーバード大学訪問研究員。姜尚中の後任として2015年3月まで東大大学院情報学環現代韓国研究センター長を務め、2015年4月に韓国学中央研究院の支援を得て、東京大学に韓国学研究部門という組織を立ち上げ、部門長に就任した。[3]

研究内容と批判[編集]

第二次世界大戦後の朝鮮半島および東アジア歴史を研究している。具体的には、朴正熙政権の政治体制、経済政策、外交政策に関する研究、朝鮮半島の冷戦史再解釈、1965年の日韓国交正常化(日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約の締結)交渉の過程に関する研究などを行っている。

李栄薫の著書『大韓民国の物語』(2009年永島広紀訳、文藝春秋社)の序言で鄭大均から、「90年代以降の韓国に流行したのは、この恥ずべき分身(北朝鮮)との運命共同性を強調する態度であり、それにエールを送る日本側の実践も少なくない。和田春樹高崎宗司姜尚中、石坂浩一、木宮正史といった面々による著作がそれで、彼らは韓国の盟友とともに北朝鮮の王朝にモラルサポートを与えているのであり、その影響力はあなどれない」と実名で批判されている。

著書[編集]

  • 『韓国―民主化と経済発展のダイナミズム』(2003年、ちくま新書)
  • 『韓国政治のダイナミズム (韓国の学術と文化)』(2004年、法政大学出版局)
  • 박정희정부의 선택: 1960년대 수출지향형 공업화와 냉전체제(朴正熙政権の選択:輸出志向型工業化と冷戦体制)(후마니타스(フマニタス)、2008)
  • 『国際政治のなかの韓国現代史』山川出版社、2012年

編著[編集]

  • 『歴史としての日韓国交正常化』全2巻、李鍾元浅野豊美共編、法政大学出版局、2011年

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『駒場2001』
  2. ^ ちくま新書 韓国―民主化と経済発展のダイナミズム”. 紀伊国屋書店BookWeb. 2012年8月15日閲覧。
  3. ^ 東洋経済日報 <在日社会>東京大学、「韓国学研究部門」開所 [1]

関連項目[編集]