木島義夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木島 義夫(きじま よしお、1888年11月 - 1979年12月16日)は、日本の政治家衆議院議員(1期)。参議院議員(3期)。

経歴[編集]

千葉県出身。1914年東京高等商業学校専攻部(現一橋大学)卒。卒業後は長柄村長、千葉県議を経て、1946年第22回衆議院議員総選挙で千葉県から立候補して当選。翌1947年公職追放となり[1](衆議院議員は1期)。追放解除後の、1960年の参院補選千葉県から自由民主党公認で立候補して当選。3期務めた。この間、参議院法務委員長、北海道開発政務次官などを歴任、このほか千葉中央バス東洋バスを設立。千葉中央バス、東洋観光、東洋バス、長平不動産の各社長も務めた。1974年に参議院議員を引退。1979年死去。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛長柄村」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年244頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


名誉職
先代:
小柳牧衛
最年長参議院議員
1968年7月 - 1974年7月
次代:
青木一男