木庭健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木庭 健太郎
こば けんたろう
生年月日 (1952-06-25) 1952年6月25日(68歳)
出生地 福岡県三井郡本郷村(現:大刀洗町
出身校 創価大学法学部
前職 西日本新聞記者
所属政党公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
(黎明クラブ→)
(公明→)
公明党

選挙区福岡県選挙区→)
比例区
当選回数 4回
在任期間 1989年7月23日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

木庭 健太郎(こば けんたろう、1952年6月25日 - )は、日本政治家

参議院議員(4期)、通産政務次官羽田内閣)、参議院外務委員長公明党参議院幹事長などを歴任。

経歴[編集]

政策[編集]

地方公務員の給与を削減。「今回の要請は、一般財源の総額を減らすことなく、地方の行革努力をきちんと評価し、準備期間も確保しています。これらは、地方の要望を踏まえた公明党の主張を反映した対応だと評価しています。」としており、地方公務員の給与削減分を民間企業に分配させる方式を採用し、国の権力を高めつつ、地方の財政状況に合わせた削減策を呈示したことで知られる[2]

役職歴[編集]

内閣[編集]

参議院[編集]

公明党[編集]

  • 中央幹事
  • 幹事長代理
  • 参議院幹事長
  • 参議院広報委員長
  • 福岡県本部代表
  • 総務部会長

脚注[編集]

  1. ^ 選挙事務所は福岡
  2. ^ 地方公務員給与の削減 | 公明ニュース(2013/2/7)” (日本語). 公明党. 2020年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

議会
先代:
田村秀昭
日本の旗 参議院外務委員長
1995年 - 1996年
次代:
釘宮磐