木戸孝正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木戸孝正

木戸 孝正(きど たかまさ、1857年9月14日(安政4年7月26日[1])- 1917年大正6年)8月10日[1])は、日本の宮内官、政治家華族貴族院侯爵議員。旧姓・来原、幼名・彦太郎[1]

経歴[編集]

長州藩士・来原良蔵、ハル(木戸孝允妹)夫妻の長男として生まれる[1][2]。木戸孝允の養嗣子であった弟木戸正二郎の死去に伴い、木戸家を継承し1884年11月18日、侯爵を襲爵[1]1890年2月、貴族院令施行により貴族院侯爵議員に任じられ死去するまで在任した[3]

明治4年1871年アメリカ合衆国に留学[3]。帰国後、開成学校東京大学理学部大阪専門学校を修了[2][3]1882年以降、山口師範学校教諭兼同山口中学校教諭、駅逓局属、農商務省御用掛、主猟官、式部官東宮侍従長、宮中顧問官などを務めた[3]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 妻 木戸好子(木戸孝允長女、1887年没)・木戸寿栄子(山尾庸三長女)[1]
  • 長男 木戸幸一(侯爵、内大臣)[1]
  • 二男 和田小六(工学者)[1]
  • 二女 兒玉八重子(陸軍大佐・兒玉常雄の妻)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』上巻、503-504頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第4版、き2頁。
  3. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』15頁。
  4. ^ 『官報』第1219号「彙報」1887年7月22日。
  5. ^ 『官報』第6675号「叙任及辞令」1905年9月27日。
  6. ^ 『官報』第924号「叙任及辞令」1915年8月30日。
  7. ^ 『官報』第2355号「叙任及辞令」1891年5月9日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
木戸正二郎
侯爵
木戸(孝允)家第2代
1884年 - 1917年
次代:
木戸幸一