木方慎之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木方慎之介 Table tennis pictogram.svg
基本情報よみがな きほう しんのすけラテン語表記 KIHO Shinnosuke生年月日 (1978-05-20) 1978年5月20日(40歳)国籍 日本の旗 日本出身地 東京都選手情報世界ランキング 最高94位(2002年7月)段級位 6段利き腕グリップ シェークハンドラケット 馬琳カーボンフォア面ラバー テナジー・05バック面ラバー テナジー・64戦型 ドライブ主戦型ITTFサイト ITTFプロフィール経歴学歴 明治大学ITTFワールドツアー戦歴生涯成績 7試合 4勝 勝率57%世界卓球選手権戦歴出場大会数 3初-最終出場 1997 - 2003国内戦歴
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
アジア選手権
2000 ドーハ 男子ダブルス
2000 ドーハ 男子団体
アジアカップ
1996 ニューデリー 男子シングルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

木方 慎之介(きほう しんのすけ、1978年5月20日- )は、日本東京都出身の卓球選手。明治大学を経て、実業団の協和発酵キリン所属。

長いリーチを生かした広い守備範囲が最大の武器で、後陣からのロビングは国内随一を誇る。カット打ちの技術に優れ、世界を代表するカット主戦型プレーヤーの松下浩二からも多くの勝ち星をあげている。また、2001年の世界選手権大阪大会では、2003年のパリ大会で準優勝を果たす朱世赫を打ち破っている

明治大学時代には、関東学生リーグ1部では、シングルスで19連勝を含む26勝2敗、ダブルスで25勝10敗の成績を残している。在学中にスウェーデンにも卓球留学を果たした。

1998年から2000年全日本・男子シングルスでは3年連続でベスト4に進出。2002年は初めて決勝まで勝ち上がり、決勝の相手が得意としている松下浩二であったことから優勝が期待されたが、松下の前に惜敗し日本一の座を逃した。

また2005年のジャパンオープンでメイスデンマーク)と対戦した際にあまりにしつこく拾ってくる木方のロビングにメイスが試合途中にキレて勝利を収めたことがある[1]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Biggest Surprise 国際卓球連盟