木暮安由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木暮 安由(きぐれ やすよし、1985年2月23日 - )は、群馬県前橋市出身[1]競輪選手日本競輪学校第92期生。師匠は須田知光(競輪学校第27期生)。

来歴[編集]

群馬県立前橋工業高等学校時代の2002年高知国体自転車競技の少年・エリミネーションレースで優勝。競輪学校の在校競走成績は第7位(28勝)。

2007年7月22日前橋競輪場でデビューし5着。初勝利は同年7月23日の同場。

2008年、4月から8月にかけて19連勝を達成。2009年(失格)、2010年(5着)と2年続けてヤンググランプリに出場。

2012年第55回オールスター競輪(前橋)で決勝進出(落棄)[2]

2018年第69回高松宮記念杯競輪(岸和田)決勝で吉澤純平の番手を、吉澤の師匠である武田豊樹と競るが、8着に終わった(武田は9着)[3][4][5][6][7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連記事[編集]