木暮晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木暮晋也
生誕 (1966-12-17) 1966年12月17日(51歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
J-POP
職業 ギタリスト
作曲家
作詞家
プロデューサー
活動期間 1986年 -
共同作業者 ワウワウ・ヒッピーズ
(1986年 - 1988年)
ロッテンハッツ
(1989年 - 1993年)
ヒックスヴィル
(1994年 - 2000年, 2008年 -)
公式サイト 木暮晋也WEB
メンバー 真城めぐみヴォーカル
中森泰弘ギター・ヴォーカル)
木暮晋也(ギター・ヴォーカル)

木暮 晋也(こぐれ しんや 1966年12月17日 ‐ )は日本のギタリスト大阪府出身。 ヒックスヴィルのバンマス。

経歴[編集]

大阪で生まれ、小3から親の仕事の転勤により福島県郡山市に移住。高校1年時、エレキギターとカセットMTRを購入後すぐ自宅録音でオリジナル曲を製作。学友らとエレクトロポップユニットを結成するがすぐに解散。上京後1986年に宗像淳一、高桑圭白根賢一とワウワウ・ヒッピーズを結成。ネオGSシーンの中ではサイケデリック且つニューウェーブな存在でジーザス&メリーチェイン初来日公演(芝浦インクスティック)の前座を務めるなど多くのライブを行ったがメンバーの脱退などにより短命で解散。ワウワウ・ヒッピーズのメンバーを母体とした形で1989年真城めぐみ中森泰弘片寄明人高桑圭白根賢一らとロッテンハッツを結成。カントリー、モダンフォーク、ジャグバンドなどアメリカンルーツミュージックを土台としたアコースティックサウンドでシーンに登場。音楽性を広げながらアルバム3枚をリリースした。1994年のロッテンハッツ解散後、真城、中森と共にヒックスヴィルを結成[1]。同バンドでは作詞作曲を多く手がけ、ソニーレコードから発売された1stアルバム「TODAY」はエバーグリーンミュージックと評され各所で話題に。3rdアルバム「マイレージ」には元はっぴいえんど松本隆かせきさいだぁが詞を提供。(片寄明人高桑圭白根賢一GREAT3を結成)また2000年にはフィッシュマンズ茂木欣一らとMariMari rhythmkiller machinegunを結成。2012年にはかせきさいだぁとのユニット、トーテムロックの作品をリリース[2][3]。近年はカフェやフェス、台湾などで自身のソロLIVEも行いながら、ギタリストとしてフィッシュマンズ[4]オリジナル・ラブ小沢健二など多くのアーティストらのサポートギタリストとして活動中。セッション参加作ではスライドギターの名演も多い。2015年には15年振りとなるヒックスヴィルのアルバムをリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

1987年
  • ワウワウ・ヒッピーズ「Attack of...Mushroom People!」Blue Mayonnaise
  • ワウワウ・ヒッピーズ「MINT SOUND X'MAS ALBUM」ME AND BIG SILVER
  • ワウワウ・ヒッピーズ「IKASU!! NEO GS!GO!GO!LIVE!」レインボーパーク
1990年
  • ワウワウ・ヒッピーズ「K」
1991年
1992年
1993年
1995年
1996年
1997年
1999年
2014年
2015年

別ユニット ディスコグラフィー[編集]

2000年
  • MariMari rhythmkiller machinegun 「us」
2001年
  • MariMari rhythmkiller machinegun 「HEAD LIGHT,SUIT CASE~さすらいの秘密~」
2003年
  • トーテムロック 「TOTEM ROCK ep」
2008年
  • ヒックスヴィルと堂島孝平「一緒にうたおう!NHKみんなのうた~大人Ver.~ /南の島のハメハメハ大王」
2012年
  • トーテムロック 「ホリデイ featuring 夢眠ねむ」(配信シングル)
2013年
  • トーテムロック 「TOTEM ROCK ep+」(remaster&「ホリデイ featuring 夢眠ねむ」追加収録)

ギター参加作品[編集]

1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
  • クラス・オブ・ザ・エイティーズ(オレンジ)「木暮晋也/ユー・スピン・ミー・アラウンド」
2000年
2001年
  • 関美彦「SEX,LOVE&SEA」
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
  • 柳田久美子「ラヴ」
  • サリー・ソウル・シチュー「宇宙でランデヴー」
  • 堂島孝平楽団「堂島孝平楽団デビュー」
2008年
  • GSワンダーランド・オリジナル・サウンド・トラック「サウンド・トラック」
  • 童謡のつづき「トーテムロック/証城寺の狸囃子〜証城寺の狸囃子のつづき」
2009年
  • スチャダラパー「11」
  • にほんのうた 第三集 「花」(木暮晋也・片寄明人・真城めぐみ)
  • bonobos 「オリハルコン日和」
  • LEO今井「Fit Of Love」「Word」「You Me Electricity」
  • 伊藤フミオ「MIDAGE RIOT」
2010年
2011年
2012年
  • 小沢健二「我ら、時」
  • Tokyo No.1 Soul Set「Grinding Sound」
  • FISHMANS+「A Piece of Future」
  • ヒダカトオルとフェッドミュージック「REPLICA」
  • RED DIAMOND高橋幸宏トリビュート『What, Me Worry? ~ It's Gonna Work Out / WOW WOW HIPPIES(木暮晋也+高桑圭+白根賢一+LEO今井)』
  • ホフディラン「2 PLATOONS」
  • オリジナル・ラブ「Overblow Tour 2012 Live in Shibuya Club Quattro Live」
2013年
2014年
2015年
2016年

楽曲提供[編集]

  • かせきさいだぁ「急げハリー!!」(作曲編曲)「冬へと走りだそう」(作曲編曲)「ディグ・ダグ・プーカ」(作曲編曲)
  • 高橋よしこ「Listen」(作曲)
  • 岩下清香「霧の中で」(作曲)「いつの日にか」(作曲)
  • ハルカリ「フワフワブランニュー」(作曲編曲)
  • でんぱ組.inc「くちづけキボンヌ」(作曲編曲)
  • でんぱ組.inc「冬ヘと走りだすお!」(作曲編曲)
  • スチャダラパー+木村カエラ「Hey! Hey! Alright」co-writing
  • スチャダラパー「哀しみTurn it up」co-writing
  • サーカス「新しい朝」(作詞作曲)
  • 市井由理「雲のように」(作詞曲編曲)「サイダービーチは柑橘系」(作曲編曲)「素敵なベイビー」(作曲編曲)
  • オリジナルラブ「13号室からの眺め」co-writing

プロデュース[編集]

1996年
2009年
  • LEO今井「TAXI」「Connector」「The Sweetest Day」
2015年
  • Any「視線」
  • 木村竜蔵「碧の時代」

編曲[編集]

舞台音楽[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ HICKSVILLE NOW
  2. ^ トーテムロックweb
  3. ^ かせき&木暮晋也のトーテムロック、夢眠ねむ迎え新曲発表”. natalie (2012年9月19日). 2012年12月15日閲覧。
  4. ^ fishmans official site