木曜日の食卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
木曜日の食卓
ジャンル テレビドラマ
脚本 岩佐憲一
演出 松本健鈴木利正松原信吾森田光則 
出演者 古谷一行
篠ひろ子
オープニング 竹内まりや家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 11話
製作
制作 TBS
放送
放送チャンネルTBS系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1992年10月15日 (1992-10-15) - 1992年12月24日 (1992-12-24)
放送時間木曜 21:00 - 21:54
放送枠TBS木曜9時枠の連続ドラマ
放送分54分
テンプレートを表示

木曜日の食卓』(もくようびのしょくたく)は、1992年10月15日から12月24日まで、TBS系で放送されたテレビドラマ。主演は古谷一行篠ひろ子。製作は木下プロダクション(現在のドリマックス・テレビジョン、放送時間は毎週木曜21:00 ‐21:54(JST)。

二世帯住宅を舞台に、お互いの家族のすれ違いや誤解などをコメディタッチで描いたテレビドラマ。古谷と篠は、『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』以来7年ぶりに夫婦役を演じている。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

  • 宮沢恒雄:古谷一行
    宮沢家の家長。 
  • 米坂摩耶:富田靖子
    達郎の妻。本当は漆原と結婚式を挙げている最中、達郎によって略奪され、そのまま妻になる。 
  • 漆原要:別所哲也
    摩耶と結婚するはずだったが、達郎に奪われる。摩耶が達郎と結婚した後もたびたび摩耶に会っている。 
  • 宮沢達郎:西島秀俊
    宮沢家の長男。摩耶を結婚式から略奪し、争いを生む。 
  • 桑原晃:池田政典
    千奈美の許婚。 
  • 宮沢久良子:大寶智子
    宮沢家の次女。 
  • 宮沢千奈美:夏川結衣
    宮沢家の長女。本来は桑原と結婚し、宮沢家の2階に住む予定だったが、達郎と摩耶が住むことになり…。 
  • 杉山時子:小林こずえ 
  • 尾形弘人:美木良介
    雑誌編集者の記者。東子に近づこうとする。 
  • 米坂重松:泉谷しげる
    摩耶の父。 
  • 漆原唄子:高橋ひとみ
    要の姉。恒雄に好意を持っている。 
  • 宮沢東子:篠ひろ子
    東子は「はるこ」と読む。恒雄の妻。占いの仕事をしている。

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:飯島敏宏 
  • 脚本:岩佐憲一 
  • 技術:中村岩男 
  • カメラ:山口泰博 
  • 照明:米山仁 
  • 音声:中島実 
  • 音響効果:下城義行 
  • カラー調整:厚海修一 
  • 編集:新井孝夫 
  • 選曲:矢崎裕行 
  • 美術:後藤洋 
  • 美術制作:丸山俊史 
  • メイク:三横みどり 
  • 衣装:二宮恵美、野呂牧子 
  • 装飾:飯田恵一
  • 持道具:高井佳子
  • 装置:戸口和彦、朝日植木装飾、前山建具
  • 撮影協力:フロンヴィル ホームズ
  • 装飾協力:PENNSYLVANIA HOUSE JAPAN、マナトレーディング(株)、家具のKOSUGA
  • 衣装協力:ATELIMER MEIKU、マミーナ銀座コアビル店、VALEN、株式会社エウル、DOMON、イトキン、Mr.JUNKO、GLENOVER、JUN、ワタベ、SEVENTY、クロコダイルウェア、EDWIN、株式会社クニサダ、エリット株式会社
  • 演出補:押山敏
  • プロデューサー補:西口典子
  • 制作担当:佐野仁
  • 記録:岩井茂美
  • 番組宣伝:反町浩之
  • ロケーション協力:UBE 宇部興産
  • 協力:東通緑山スタジオ・シティ
  • プロデューサー:松本健、浜井誠(TBS) 
  • 演出:松本健、鈴木利正松原信吾森田光則 
  • 製作:木下プロダクション 、TBS

サブタイトル[編集]

  • 第一回「悲劇の始まり」
  • 第二回「いるの?いらないの?」 
  • 第三回「引っ越しました」 
  • 第四回「イワシVSビーフシチュー」
  • 第五回「母さんだってしてみたい」 
  • 第六回「ただならぬ予感」 
  • 第七回「父さんだって好かれたい」 
  • 第八回「今夜は鍋から始まった」
  • 第九回「みんな出ていった」
  • 第十回「だから一緒に暮らせない 」
  • 最終回「世界中の誰よりも」

関連項目[編集]

TBS 木曜21枠ドラマ
前番組 番組名 次番組
木曜日の食卓